ダブルス

ダブルスの試合で「相手の繋ぎのボール」を潰せば、勝機は見えてきます!

テニスでは攻撃されて苦しいときに、一旦逃げるようにしてボールをコントロールします。

回転をかけたスライス、またはロブなどを使って、状態を対等に戻すように考えますよね。

特にダブルスでは、この「繋ぎ(つなぎ)」のボールを思い切って攻撃することで、勝機は見えてきます!

 

ダブルスの試合で「相手の繋ぎのボール」を潰せば、勝機は見えてきます!

 


 

1.繋ぎ(つなぎ)のボールとは、どんなボール?

色々なシチュエーションがありますが、ダブルスではまず後衛がストロークで押していき、前衛が決めるというパターンが一般的。

その際に、「クロスラリーがきつい・・・」と感じれば、前衛の上やスライスの遅いボールで一度リズムを変えてくることが予測されます。

または相手が浅いボールをギリギリで拾ったときも、チャンスです。

相手が何かを避けている瞬間を、見逃さないようにしましょう!

 

2.苦しい場面をどう逃げるかは、その選手の癖が一番現れる

テニスやスポーツ以外の場面でも、人間は苦しいときこそその人の本能的な行動が現れます。

攻撃されているときに、さらに向かってくるのか、逃げてくるのか、冷静に対応されるのか。

テニスの試合では、どんな上級者でも逃げが必要な場面は必ず出てきますので、そこでどういう選択をするかチェックしておきましょう。

ダブルスの試合では、攻撃担当の前衛がその「逃げ」を抑え込む必要があります。

ロブで逃げてくる相手なら、打つ前から前衛が下がっても良いでしょう。

スマッシュもしっかり準備すれば、初中級ペアでも大きな武器になるはずです。

 

3.「もう打つところがない・・・」と思わせれば、その試合は勝ったようなもの

テニスの試合で、相手に先回りされ続けることほど、苦しいものはありません。

もう打つところが無い・・・と感じる試合、特に上のレベルで経験はありませんか?

そのとき、相手ペアはどんな作戦を準備していたのでしょうか。

難しく考える必要は無く、「あの人、深いストロークはいつもロブで返してくるね」みたいな会話を、いかに綿密にポイント間で出来るかが重要です。

 

ダブルスでは細かい作戦も重要ですが、もっとざっくりと「片方の選手を攻撃して、逃げてきたところを仕留める」というやり方も非常に有効です。

特に学生のペアではストローク以外のプレーには穴がありがちですから、試合の序盤で色々さぐってみて下さい。

そして大事な終盤では、自信を持って2人で攻撃していきたいところ。

観察眼は、テニスの試合でとても重要です。

意識して、磨きましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. ダブルス

    ロブに弱いダブルス、並行陣を卒業しよう!

    試合になると、ロブにやられてしまうダブルスペアのみなさん。これ…

  2. ダブルス

    安定感のある並行陣、2段構えが欠かせない

    並行陣で、簡単に攻撃されているペアは試合で勝てない。特に、セン…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で必要な、「ペアでのメンタルの切り替え方」はトレーニングで養えます!

    ダブルスの試合、勝っているときは全く問題無いけど・・・。試合の…

  4. テニス ボレー

    ダブルス

    並行陣にもっていきたい!なら必要な、この基本ショット出来てる?

    ダブルスで並行陣、前に2人の陣形にチャレンジしたい・・・でも・・・。…

  5. ダブルス

    テニス部としてダブルス強化を狙うなら、「ペア練ローテーション」を!

    テニスの団体戦、で今年は結果を出したい!と思っているチームの皆…

  6. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの並行陣で、実戦で使える得点パターンまとめ5つ

    ダブルスの試合、勇んで前に出て並行陣。でも・・・相手のミス待ち…

特集記事

  1. テニス 守備

    ストローク

    ボレーヤーに対してストロークが浮いてしまうのは、「アナタのストロークの回転量」が…
  2. テニス 客観視

    その他

    30歳からのテニスは、「衰えを受け入れてこそ」試合に勝てる技術が身に付いていく
  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで強力な武器になる、「フォアハンドのライジングショト」を鍛える5つのコ…
  4. テニス メンタル

    練習メニュー

    「出来ない」のではなく、「やっていない」だけ
  5. テニス ボレー

    ボレー

    「ボレーで足が動かない・・・」人には理由がある!意識したいテニスのネットプレーの…
PAGE TOP