テニス ダブルス

ダブルス

「ダブルスで4アップの陣形に強くなる!」4人でネットプレーの状態になったときに、注意したいポイントは?

テニスのダブルスにおいて、上のレベルの試合になるとネットプレーが増えてきます。

サーブ&ボレーもシングルスの試合より増え、3人がネットプレーの状態からリターンした選手の前に落とされて、4人でネットに立つ4アップの陣形になることも多くなります。

そこで、実際の試合でどういう対応が必要か、その為の準備は・・・という部分を、確認したいと思います。

 

「ダブルスで4アップの陣形に強くなる!」4人でネットプレーの状態になったときに、注意したいポイントは?

 


 

■4アップの陣形になる流れのパターンを確認する

最も多いのは、出だしにも書いたサーブ&ボレー、リターンダッシュからの並行陣対雁行陣において、雁行陣の前に落とされたケースでしょう。

このボールを雁行陣側の前衛が取ることもできますが、基本的には自分の前は自分でカバーして、そのままボレーに行くのが自然の流れです。

後は、2アップ対2バックの陣形になったときに、2バック側の前に落とされたボールは、どちらが拾うにせよ2人で前に行ってこれも4アップの状態になります。

この2パターンをしっかり練習しておけば、まずイメージが掴みやすいはずです。

 

■前に走りながらボレーヤーをどう攻撃するかをイメージする

深く打つアプローチは得意でも、前にいる相手の足元に沈めるアプローチが苦手な方は多いです。

並行陣相手にそれでは致命的ですので、スピンでもスライスでもしっかり回転量を与えたショットを磨きましょう。

普段のボレー対ストロークのラリー練習の中で、アプローチから前でボレーに入る練習も、必ず行っておくようにして下さい。

 

■2対2のボレー戦になったら、よりネットに詰めましょう!

4人でボレー戦になったら、まずはセンターを塞ぎましょう。

アレーへのナイスショットは、決められたら仕方ない。

それよりもセンターを塞ぎつつ、どちらかが前=センターベルト付近までポーチに行く勇気が欲しいところです。

この勇気を持てれば、相手にとってもプレッシャーになりますし「相手を前に出したくないな・・・」と感じてくれるかも知れません。

 

■ロブボレーという隠し武器を常に持っておく

相手がネットにどんどんガン詰めしてきたら、当然後ろが空くことが予想されます。

ラケット面を上に向けて、ロブボレーの準備をしましょう。

「いかにも上に打つ」という雰囲気ではなく、下にも打てるしどこでも狙えるよ・・・という雰囲気が欲しいですね。

その為には、早いラケットセットで構えた状態を相手に長く見せること。

ストローク同様に、この意識を持ってボレー戦も挑むようにしてみると、格段に相手はやり辛いはずです。

 

テニスの試合では、意図的に相手を前後に動かすことができます。

前、そして後ろ・・・と、強いダブルスペアと対戦したときには、やたらと走らされたりしませんか?

今回の4アップの陣形が弱いと分かると、対戦相手のペアはどんどんアナタを前におびき出してポイントを重ねていくことになります。

学生の皆さん、ストロークだけ磨いても大人のペアには勝てません。

ネット近くでのプレーをしっかり磨いて、準備しましょう!

ピックアップ記事

  1. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  2. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  3. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

関連記事

  1. テニス ダブルス
  2. テニス サーブ
  3. テニス ストローク

    ダブルス

    雁行陣でドロップショットを打たれたら、どちらの選手が拾うのが良い?

    ダブルスの試合、まず基本は雁行陣。初心者の方も、最初に習ってや…

  4. ダブルス

    ストレートに流すことが、ダブルスでは攻撃になる

    ダブルスの攻撃、シンプルにこれで良い。特に、ボレー戦になった…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合を勝ち抜くために、ペアで連動すべきポイントはどこか?

    ダブルスのコンビネーション、何となく分かるような、分からないような・・…

  6. ダブルス

    リターンから並行陣を崩すには、ロブボレーを使おう!

    ダブルスの試合、相手はサーブ&ボレー。こういう試合で、リターン…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスに「ストレス解消性」を求めるのは、ちょっと違うと思う
  2. テニス ダブルス

    リターン

    両手バックハンドリターンが安定しない人に、ちょっとした裏技を公開します
  3. テニス ストローク

    ダブルス

    右利きプレイヤー視点で、ダブルスのリターンサイドを考えてみると・・・?
  4. テニス ストローク

    テニススクール

    覚えることより、使えることを増やしていこう
  5. テニス メンタル

    戦術

    自分のミスが多くなる予兆を知っておけば、試合で大崩れすることは少ない
PAGE TOP