テニス ドロップショット

ボレー

「ドロップボレーが上手く打てない・・・」人に効果的なテニスボールの軌道の作り方

相手のストロークのショットを、華麗にドロップボレーで決める・・・。

試合の中で一度は経験したいショットですよね。

しかし実際は難しいテニス技術の一つ。

思うようにコントロールできない方に、今回はボールの軌道をイメージするお話をしてみたいと思います。

短く打つことだけが、ドロップ系のショットではありません。

 

「ドロップボレーが上手く打てない・・・」人に効果的なテニスボールの軌道の作り方

 


 

■自分がしっかりネット近くにいれば、ミスは減らせる

初中級の方で多いのが、自分の立ち位置がネットから離れているのに、ネット際ギリギリにドロップショットを狙うケース。

これは非常にリスクが高く、試合で使うのは怖いです。

ネット近くにいれば勢いを殺すだけで相手コートに収まりますが、ネットから離れているとある程度は飛距離が必要。

この力加減を緊張感のある試合の中で打ち分けるのは、かなり練習が必要です。

自分自身がネット際にいれば、当たり損ないも含めてドロップショットは決まりやすくなります。

 

■角度を付けたアングルボレーは、実はドロップショットとして最適

ドロップショットの難しいところは、ボールの勢いを殺さないといけないところ。

であれば、ある程度飛んでくれてしかもドロップショットになる、アングルボレーを練習しましょう!

軌道は山なりでもOK。

ラケット面で角度を付けて、相手に拾われても良いのでしっかり走らせるくらいのショットを打ちましょう。

当然こちらもネット近くにいたほうが決まりやすく、効果的なショットになります。

 

■スライス回転をかけられるとラケットワークが安定してくる

上級者になれば、ドロップ系ショットにスライス回転は必須です。

相手コートにバウンドしてコートの外に切れていく、バウンドしないドロップボレーは理想ですよね。

まずはスライス回転をしっかりかけられるように、ラケットヘッドを立ててボールの横を触るように意識しましょう。

あとは上半身だけでなく、下半身から大きく動かして入っていくこと。

ネット近くにポジションを取っていても、最後に腕だけでボレーしようとするとミスになりやすいです。

 

ドロップボレーのようなトリッキーな技術は、「まずやってみる」ことが大事です。

そこから自分なりの工夫や研究が始まります。

それもぜひ、練習でも良いので試合の中でやってみて下さい。

きっと何かしらの「?」が残るはずですので、それを研究して磨いていってみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  2. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  3. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    【動画リンク有り(外部)】ボレーのテイクバックをコンパクトに改善するコツ

    今回は、外部のサイトの動画を通じて「コンパクトなボレー」を解説してみた…

  2. テニス ダブルス

    ボレー

    低い位置でのボレー、基本通りだと打ち辛いと思う

    テニスの技術の中で、難しい技術の一つ、ローボレー。足下の低い位…

  3. テニス チャンス

    ボレー

    「横向きボレーメリット1.2.3」テニスで必要な身体の向きをネットプレーで磨こう!

    ボレーを打つ時、ちゃんと横向き出来ているだろうか。横向きが出来…

  4. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーの深さは、ネットのどの高さを通すかで調整しよう

    深いボレー、浅いボレー。この打ち分けを、腕の力だけで行ってはい…

  5. テニス 戦術

    ボレー

    試合で効果的な、「サービスラインより深いボレー」を安定させる5つのコツ

    ボレーを深く、安定させること。もしかしたら、今のアナタにとって…

  6. テニス ストローク

    ボレー

    ドライブボレー、「ラケットが加速した状態」で打っていこう

    私が皆さんに、今すぐ身に付けて欲しい技術。それは、「ドライブボ…

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    何かを変えることは、過去の自分を否定することとは違う
  2. テニス ストローク

    ボレー

    試合に勝ちたければ、「角度を付けるボレー」を打つ勇気を持つこと
  3. サーブ

    サーブ&ボレー、必勝のコツ
  4. テニス ストローク

    戦術

    コースを狙うショットは、全て回転をかけて打てるようになろう
  5. 練習メニュー

    素振りとは、実は振る練習ではない
PAGE TOP