テニス ドロップショット

ボレー

「ドロップボレーが上手く打てない・・・」人に効果的なテニスボールの軌道の作り方

相手のストロークのショットを、華麗にドロップボレーで決める・・・。

試合の中で一度は経験したいショットですよね。

しかし実際は難しいテニス技術の一つ。

思うようにコントロールできない方に、今回はボールの軌道をイメージするお話をしてみたいと思います。

短く打つことだけが、ドロップ系のショットではありません。

 

「ドロップボレーが上手く打てない・・・」人に効果的なテニスボールの軌道の作り方

 


 

■自分がしっかりネット近くにいれば、ミスは減らせる

初中級の方で多いのが、自分の立ち位置がネットから離れているのに、ネット際ギリギリにドロップショットを狙うケース。

これは非常にリスクが高く、試合で使うのは怖いです。

ネット近くにいれば勢いを殺すだけで相手コートに収まりますが、ネットから離れているとある程度は飛距離が必要。

この力加減を緊張感のある試合の中で打ち分けるのは、かなり練習が必要です。

自分自身がネット際にいれば、当たり損ないも含めてドロップショットは決まりやすくなります。

 

■角度を付けたアングルボレーは、実はドロップショットとして最適

ドロップショットの難しいところは、ボールの勢いを殺さないといけないところ。

であれば、ある程度飛んでくれてしかもドロップショットになる、アングルボレーを練習しましょう!

軌道は山なりでもOK。

ラケット面で角度を付けて、相手に拾われても良いのでしっかり走らせるくらいのショットを打ちましょう。

当然こちらもネット近くにいたほうが決まりやすく、効果的なショットになります。

 

■スライス回転をかけられるとラケットワークが安定してくる

上級者になれば、ドロップ系ショットにスライス回転は必須です。

相手コートにバウンドしてコートの外に切れていく、バウンドしないドロップボレーは理想ですよね。

まずはスライス回転をしっかりかけられるように、ラケットヘッドを立ててボールの横を触るように意識しましょう。

あとは上半身だけでなく、下半身から大きく動かして入っていくこと。

ネット近くにポジションを取っていても、最後に腕だけでボレーしようとするとミスになりやすいです。

 

ドロップボレーのようなトリッキーな技術は、「まずやってみる」ことが大事です。

そこから自分なりの工夫や研究が始まります。

それもぜひ、練習でも良いので試合の中でやってみて下さい。

きっと何かしらの「?」が残るはずですので、それを研究して磨いていってみて下さい!

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

関連記事

  1. テニス ガット

    ボレー

    ストロークからボレー、のグリップチェンジ機会は練習から!

    テニスはどんどん、自分の役割が変わるスポーツ。硬式テニスでは前…

  2. ボレー

    「とにかくボレーがネットしてしまう」人が改善したい5つのポイント

    せっかく前衛にいたり、シングルスで前に出てもボレーが苦手だと・・・それ…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    「バックハンドのボレーがコントロールできない」人におくる、最低限の手堅い基本4つ

    「バックハンドボレーだけ、どうしても打てない・・・」という方が、テニス…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーで攻守の切り替え、しっかり出来る?

    ネットプレー、ボレーがなかなか出来ない。そう考えている方は、テ…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    「テニスでは意外とコレが難しい!」ハイボレーを安定させるコツのまとめ記事7つ

    簡単そうに見えて、試合ではまったく使い物にならない・・・。そん…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    どんなに身体に近いボレーでも、1歩で踏み込まずに2歩で打てれば安定感が増す

    身体に近いところの、ボレーは難しい。そう感じること、ありますよ…

特集記事

  1. テニス ミス

    戦術

    何となく、試合で相手にボールを送るときにチェックしたいポイントとは?
  2. メンタル

    結果と姿勢は、分けて考える
  3. 戦術

    教科書テニスでは、この先もずっと3回戦止まり
  4. テニス ボレー

    リターン

    ボディへのサーブは、あの技術が無いとリターンで苦労する
  5. メンタル

    練習の頻度に関わらず、テニス歴3年以上なら「習う」段階から卒業していこう
PAGE TOP