テニス ドロップショット

ボレー

「ドロップボレーが上手く打てない・・・」人に効果的なテニスボールの軌道の作り方

相手のストロークのショットを、華麗にドロップボレーで決める・・・。

試合の中で一度は経験したいショットですよね。

しかし実際は難しいテニス技術の一つ。

思うようにコントロールできない方に、今回はボールの軌道をイメージするお話をしてみたいと思います。

短く打つことだけが、ドロップ系のショットではありません。

 

「ドロップボレーが上手く打てない・・・」人に効果的なテニスボールの軌道の作り方

 


 

■自分がしっかりネット近くにいれば、ミスは減らせる

初中級の方で多いのが、自分の立ち位置がネットから離れているのに、ネット際ギリギリにドロップショットを狙うケース。

これは非常にリスクが高く、試合で使うのは怖いです。

ネット近くにいれば勢いを殺すだけで相手コートに収まりますが、ネットから離れているとある程度は飛距離が必要。

この力加減を緊張感のある試合の中で打ち分けるのは、かなり練習が必要です。

自分自身がネット際にいれば、当たり損ないも含めてドロップショットは決まりやすくなります。

 

■角度を付けたアングルボレーは、実はドロップショットとして最適

ドロップショットの難しいところは、ボールの勢いを殺さないといけないところ。

であれば、ある程度飛んでくれてしかもドロップショットになる、アングルボレーを練習しましょう!

軌道は山なりでもOK。

ラケット面で角度を付けて、相手に拾われても良いのでしっかり走らせるくらいのショットを打ちましょう。

当然こちらもネット近くにいたほうが決まりやすく、効果的なショットになります。

 

■スライス回転をかけられるとラケットワークが安定してくる

上級者になれば、ドロップ系ショットにスライス回転は必須です。

相手コートにバウンドしてコートの外に切れていく、バウンドしないドロップボレーは理想ですよね。

まずはスライス回転をしっかりかけられるように、ラケットヘッドを立ててボールの横を触るように意識しましょう。

あとは上半身だけでなく、下半身から大きく動かして入っていくこと。

ネット近くにポジションを取っていても、最後に腕だけでボレーしようとするとミスになりやすいです。

 

ドロップボレーのようなトリッキーな技術は、「まずやってみる」ことが大事です。

そこから自分なりの工夫や研究が始まります。

それもぜひ、練習でも良いので試合の中でやってみて下さい。

きっと何かしらの「?」が残るはずですので、それを研究して磨いていってみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  4. その練習を、疑おう
  5. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです

関連記事

  1. テニス メンタル

    ボレー

    サービスゲームでポーチに出ないで、いつ出るのかという話

    ダブルスの試合、まず強いペアかどうか・・・は、ココを見て欲しい。…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    ダブルスで4人がつなぎ合うボレーを打破するには、アングルボレーを使うしか無い

    ダブルスの試合、特に女子ダブルスですかね。40代以上のベテラン…

  3. テニス メンタル
  4. ボレー

    フラット気味のストロークを打つ選手には、ネットプレーが効く

    対戦相手の選手が、フラット気味のストロークを打って来る。こうい…

  5. テニス ダブルス
  6. テニス ボレー

    ボレー

    相手ボレーヤーに「ハーフボレー」をさせた後は、徹底的に前に詰めて攻撃していこう!

    相手ばボレーをするときに、アナタはどのあたりをチェックしますか?…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    今も昔も、「ストロークの変わらない基本は、前に踏み込んで打つ!」この基本、忘れて…
  2. 日々の雑記

    関西遠征、最高でした
  3. テニス サーブ

    サーブ

    サーブの基本となる、「膝を曲げてトロフィーポーズ」は鏡を見ながらチェックしよう
  4. テニス 準備

    ストローク

    テニスの試合でも練習でも必要な「ブロック」の技術を身に付けるポイント5つ
  5. テニス ミス

    スマッシュ

    スマッシュがスロート部分に当たる人は、準備のラケット位置を高くスタート!
PAGE TOP