テニス ダブルス

ボレー

テニスのダブルスの試合で必要な「ポーチでポイントに繋げる為に必要な意識」5つ

強いダブルスペアはポーチに積極的で、しっかりポイントに繋げていく。

ボレーとしての技術ももちろん必要ですが、それ以上に大切なのは大前提となる「ポイントに繋げる」という意識。

強豪ペアに色々聞いてみると、ある共通点が見えてきました。

 

テニスのダブルスの試合で必要な「ポーチでポイントに繋げる為に必要な意識」5つ

 


 

1.ポーチに出ても「自分達の態勢」は崩さない

「ポーチに出るぞ!」と決めて動いても、来るボールによってはこちらの態勢が崩れてしまうことも。

特に女子ダブルスでは相手も足元の処理に慣れてますから、カウンターをくらってしまうケースも多々あります。

相手の足元に打つときは、特に構え直しを意識して次の動作に備えましょう。

ポーチに出てもセンターラインを越えないような場所にいた場合は、ポジションを戻すことも大切です。

 

2.「センターライン」を通り過ぎたら、しっかりチェンジする

1.のケースよりも厳しいクロスへのリターンを処理した場合は、そのままチェンジして態勢を整えましょう。

この「どこまでいったらチェンジをするか」は、しっかり事前にペアと相談しておく必要があります。

ポーチを打った後は、そのまま駆け抜ける意識ではなく、こちらもしっかり次に備えて構え直しを早く行うようにしましょう。

 

3.たくさんの「リターンのパターン」を事前に想定しておく

1.は少しストレート気味のリターン、②はクロスへのしっかり角度の付いたリターンを想定しています。

ダブルスもレベルが上がってくると、リターンも色々多様な球種を混ぜるようになります。

さらにレベルが上がると前衛の動きを見たうえで、最後の最後で手首を返してコースを変えてくる選手もいます。

どんなリターンが来ても、動き出して自分が触れる範囲のボールには的確に手を出して処理をしないといけません。

「前衛は通り抜けて、ボレーするだけ・・・」という意識だと、対応できる幅が少なくなってしまいますので、意識を変えましょう。

 

4.「厳しいリターン」はポーチで決めようとしない、つないでイーブンを保つ

いざポーチに出たとしても、サーブが甘く入ってしまったりしてリターンが厳しいコースに来る、沈められるというケースもあります。

そういうときは、まずは苦しい状況な訳ですから相手にしっかり返球することが重要です。

沈められたときには、少し山なりのアングルボレーで逃げる技術も練習しておく必要があります。

叩いて決めるだけではなく、繋ぐ意識も大切です。

 

5.「強く叩くこと」がポーチでは無い、コースと詰めでポイントに繋げる

4.でも書かせて頂きましたが、ポーチは1発で決めるという意識は捨てましょう。

結果的に1発で決まれば良いのですが、返球される、相手に反撃される可能性もしっかり意識することが大切。

その為にはポーチに出た前衛は、打ったコースへ意識を向けて次に備えることが基本中の基本。

遅いボールでもコースをしっかり突くポーチボレーで、相手を追い込んでいくイメージを持ちましょう。

 

プロのダブルスの試合では力強いポーチを決めるシーンも多いので、つい力が入ってしまいがちですよね。。

一般の試合では、ポーチに出るのは得意な人も、返球されると途端に防戦一方になることもよく見受けられます。

結果的にポイントに繋げる為の前衛の動きは、ちょっとした意識を変えることで「強いダブルス」の動きになります。

ぜひ普段の練習から、意識をして練習してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. メルマガ配信、登録を開始します!

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーは外から、ローボレーは内側からラケットを入れていこう

    ボレーのラケットワークの基本、私はコレが大事だと思っています。…

  2. ボレー

    シングルスの試合でのネットプレーは、逆を突かれて全然OK

    シングルスの試合で、ネットに出る。これはもう、大変ですよね。…

  3. ボレー

    テクニカルなアングルボレーも、狙いは常に身体の近くに

    試合の中で、相手がいない場所にアングルボレー!カッコイイですよ…

  4. テニス スマッシュ

    ボレー

    ボレーは両手で反応する、から安定感が増す

    ボレーの反応が遅い、という自覚のある人。ぜひ意識して欲しいのは…

  5. テニス サーブ

    ボレー

    今一度、基本から見直したい、「ファートボレーがグダグダになってしまう人」の改善策5つ

    ボレーが上手い人・・・は、ファーストボレーのタッチが上手い。そ…

  6. テニス ストローク

    ボレー

    テニスにおいて、「移動中の相手を、襲う」という発想、ありますか?

    テニスの試合、試合が上手い選手は決してボールは速くない。でも効…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブは「入れないと失点」という発想、思い切って捨ててみませんか?
  2. テニス 準備

    スマッシュ

    テニスの試合で、「発想の転換でスマッシュ上手になれる」為に必要な意識とは?
  3. ボレー

    テクニカルなアングルボレーも、狙いは常に身体の近くに
  4. 練習メニュー

    素振りとは、実は振る練習ではない
  5. メンタル

    行動を興すのに、理由は要らない
PAGE TOP