ストローク

「初心者にストローク教える時は・・・」テニス部内で最初の段階から準備の大切さを確認しよう!

中学、高校共に、この時期はテニス部内で代が交代する時期。

上級生は、しっかり下級生の面倒を見てあげよう。

そして少し気が早いけど、来年には新入部員も入ってくる。

 

「初心者にストローク教える時は・・・」テニス部内で最初の段階から準備の大切さを確認しよう!

 


 

その新入部員が全くの初心者だったら、まず何を教えてあげるのがいいのだろう?

多くのテニス部は、フォアハンドストロークのグリップの持ち方を教えて、まずはボール出しで、それでも難しい場合は近くから手で出してあげて、簡単なボールを打たせることが多い。

本当は打てる先輩がミニラリーでも良いから、一緒に打ってあげながら生きたボールで練習するのが一番なんだけど、それだと一緒に打ってあげる先輩の技量も問われるし、多くの新入部員がいるとなかなか順番が回って来ないで待ち時間が長くなるので、ちょっと効率が悪い。

やっぱりボール出しの基礎練習が無難でいいね。

でもボール出し練習で気を付けないといけないことがある。

それは「準備のタイミング」だ

初心者の人は、ラケットでボールを打つってこと自体難しいと感じてしまう。

なので、ボールをよく見て慎重にラケットを振ろうとする。

その結果、バウンドに合わせてラケットを後ろに引くというタイミングで準備しようとするのだ。

でもこれだと遅いんだよ!!

準備のタイミングは必ずバウンドするまでに終わらせること!

そのタイミングで準備しないと、今後ストロークの成長が難しい。

何でかと言うと、レベルが上がって行くとバウンドに向かって踏み込んでいく打ち方に変わって行かないといけないから。要するにステップインだね。

バウンドするまでに身体の向き、ラケットのテイクバックを完了させ、バウンドする頃にはもうそのボールに向かって足を踏み込ませて
打ちに行く、そういうタイミングを掴みたい。

でもバウンドに合わせて準備する癖が身に付くと、単純に速いストロークラリーのタイミングが合わないし、逆にゆっくりのボールを打つ相手にも苦戦する。
 



 

だって、ゆっくりボールってなかなかバウンドしないでしょ?

バウンドしてから準備する癖があると、待ち時間長すぎてリズムが無くなってしまう。

と言う事で、初心者に対して手出しやボール出しで、ストロークを教える時は持ち方やフォームだけじゃなく、バウンドする前に準備を終わらせるということを意識させて教えてあげて下さい。

それから既にそういう癖が身に付いている・・・という人は、今からでも遅くは無い!!!

意識して早めに準備終わらせるように練習して下さい。

頑張れ先輩!

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  2. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  3. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. ストローク

    現代テニスのストロークでは、「テイクバックは身体のターン」で充分完了です

    ストロークで打点が一定しない、いつも違うフォームで打っている感じがする…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    ドロップ系のミスは、試合で一切気にしなくて良い

    試合の中で、気にしなくて良いミス。それの代表作は、まさにコレで…

  3. ストローク

    走らせ甘いボールを引き出す、決める

    甘いボールを引き出して、決める。テニスの試合は、攻撃は基本これ…

  4. ストローク

    「最初のショットをフォアハンド」で始められるような、工夫をしないと

    サーブを打って、返って来たボールをドーン!プロ選手では、お決ま…

  5. テニス テイクバック
  6. テニス シングルス

    ストローク

    テニスのストローク、トップスピンの回転は「下向き面で安定させる」ことで試合で使えるようになる!

    ストロークでトップスピンを打つときのラケット面、どのくらい下を向けてい…

特集記事

  1. シングルス

    「速い球よりも、コートの端にゆっくりしたボールを打つ」方が試合では勝てる
  2. テニス ボレー

    メンタル

    緊迫した試合終盤に、参加できるかどうか?が肝になる
  3. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの試合のラリーでは、「相手がクロスにしか打てない状況」を作れると前衛を活…
  4. 戦術

    あっという間に、人は老いる
  5. ボレー

    ボレーが軽いのは、打点が遠いから
PAGE TOP