テニス 守備

ストローク

ボレーヤーに対してストロークが浮いてしまうのは、「アナタのストロークの回転量」が足りないから

シングルスの試合と、ダブルスの試合。

一番違う点と言えば、まずネットプレイヤーが多い点と言えるでしょう。

2人のプレイヤーのうち、ほとんどは1人は前衛という形で前にいる。

であれば、当然求められるストロークが変わってくる。

不用意に浮いてしまうと・・・もちろん、ボレーで決められてしまいますよね。

 

ボレーヤーに対してストロークが浮いてしまうのは、「アナタのストロークの回転量」が足りないから

 


 

■ボールの回転量をコントロール、出来ていますか?

アナタ自身、自分のストロークの回転量、どの程度意識出来ているでしょうか?

フラット気味の速いショットは、百歩譲ってシングルスでは多少武器になっても、ダブルスではあまり使えない。

なぜなら、ネットを超えて高い位置で飛んでいるボールは、上からボレーされやすいから。

「突き球」として多少は使えても、ミスと隣り合わせのこのショットをダブルスで使うのは怖い。

怖いと私は思うのです。

 

■回転をしっかりかけることが出来れば、ボレーヤーは怖くない

まず、しっかりスピン回転をかけることが出来るようになること。

これが出来れば、ボレーヤーは怖くない。

スピン回転をかけるのに、意識したいのは打点とグリップ。

厚いグリップで打点を前に取って、ボールを下から捕らえることを学生の皆さんにもお勧めしたい。

多少スピードは落ちても、しっかりネットを超えて変化するような軌道になるよう、練習しておきましょう。

いざ試合で、ボレーヤー相手に打てるかどうかが大事です。

 

■低く速い軌道で沈める、ことはテニスでは出来ない

ボレーヤーの足元に打とうと、速いボールで狙う人は絶対に上手くいかない。

かなり高い打点で打てれば別、ですが、低い打点から低い打点に打つには回転量が必要。

ネットを超えて低く沈む、には速いボールだと難しいのは言うまでもありませんね。

速いショットでボレーヤーを崩す、という発想自体を捨てましょう。

回転量をしっかり確保して、相手の足元をえぐって崩していく、ことが大事です。

 

回転量をストロークで意識する、には練習からの意識改革が大事。

速いショットをバンバン、打っていても特にダブルスでは使えない。

ボレー対ストロークの練習、もっと回転量から意識してみませんか?

きっと将来的にも、勝てるテニスにつながるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  4. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  5. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テイクバックの意識を劇的に変える、魔法の言葉

    少なくとも、私はこれで劇的に変わりました。言葉って、ちょっとし…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    速くて低いショートクロスのストロークは、物理的に入らない

    ストロークで自滅する人。並行陣、を苦手にしている人はすぐ分かり…

  3. テニス 守備

    ストローク

    浅いボールをネットプレーに繋げるには、サイドスライスが理想的!

    ストロークラリーをしている中で、急に浅いボールが来た!だけどバ…

  4. テニス 錦織圭

    ストローク

    ライジングショットは、ボールのバウンド前からラケットを打点に到達させること

    ライジングショットのコツ、一言で言えばこれでしょう。みなさんが…

  5. テニス 構え

    ストローク

    「思いつき」でショットが打てますか?テニスの試合でのショット選択について確認しよう

    練習の時に、コートに一つターゲットを置き、ボール出しでそこへ狙って当て…

特集記事

  1. テニス 並行陣

    サーブ

    安定した回転系のサーブは、こするのではなく「弾く」感覚で
  2. テニス メンタル

    日々の雑記

    大きな喪失感を目の前にして、人は初心、原点に立ち戻れる
  3. フットワーク

    サーブ&ボレーは、ポジショニングが8割を決める
  4. テニス メンタル

    戦術

    「とにかく、試合で何をしたら良いか分からない」人は・・・?
  5. テニス 打点

    ボレー

    テニスはいつも、「ラケット面真ん中に当たるのが一番」だと考えている人は、永遠に中…
PAGE TOP