テニス ボレー

ストローク

テニスの試合でプレーに粘りが無い人は、「アゴが上がって上体が開いている」人がほとんど

ストロークもボレーも、とにかくミスが速くてラリーにならない・・・。

そんな人、アナタの周りにもいませんか?

こういった人は、まず修正ポイントを「顔」に置くと良いと思います。

試合中、スタミナが切れてくると私も意識していることなんですが、「アゴ」が上がってしまうと・・・テニスは難しくなってきます。

 

テニスの試合でプレーに粘りが無い人は、「アゴが上がって上体が開いている」人がほとんど

 


 

■テニスにおいて安定感に欠ける人は、そもそも打点を見ていない

基本中の基本ですが、意外と忘れがちなので注意が必要。

ラリーの中で、しっかり自分の打点を注視出来ているかどうか。

ただ何となく見る、だけだと顔が相手方向を向く、つまりはアゴが上がって身体が開いたような状態になってしまいます。

逆にアゴを締めると、すごく打点に顔が残る、引き締まったような表情になって集中力も増します。

スマッシュも、そうですね。

自分のアゴの位置、を確認することはテニス選手にとって基本中の基本です。

 

■スタミナが切れると、アゴが上がっていく・・・

試合が長くなると、悲しいかな、どんどんアゴは上がっていきます。

アゴを締めよう、と考えると腹筋に力を入れないといけないですし、結構苦しくなるんですよね。

これは、普段の練習の中で鍛えていくしかありません。

苦しいときに頑張れる、自分を鼓舞出来るかどうかは、普段の練習での習慣が大事です。

 

■試合で苦しい場面ほど、しっかり横向きでアゴを締めてみよう

横向きでしっかり打点に顔を残す、アゴを締める、ことが出来れば、きっと良いボールが飛ぶ。

試合で苦しい場面、まずは良いボールを打つことだけに集中しましょう。

相手の動き、自分が打ったボールの行方は気にしない。

余計なことを気にするから、自信が無いから、身体が開いて打点も狂ってくるのです。

もっと自分をしっかり信用してあげる、ことがテニスの試合の、特に苦しい場面では大事です。

 

体力があるとき、切れてきたとき。

この差が大きいのが、試合で勝ち上がっていけない選手の典型例です。

逆に強い選手は、こういう競った場面でしっかり自分をプッシュ出来る。

メンタルの強さもそうですが、自分が疲れてくるとどうなるのか?を把握してるんですよね。

まずはアゴの位置、から確認してみてはどうでしょうか?

きっと表情まで、良い感じに変わってくると思いますよ!

ピックアップ記事

  1. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  2. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  3. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    キリオス選手の躍進を支えるのは、チャンスを引き出す基本となる「深いフォアハンド」です

    先週行われていたマイアミオープン、ベストマッチはやっぱり準決勝の フェ…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    ドライブボレーは実は、並行陣を崩す最終兵器になる

    手堅い並行陣、をどう崩していくのか。ベテランプレイヤー、は本当…

  3. ストローク

    片手バックハンド、打ち負けない為には?

    片手バックハンドストローク、いつまでもしっくり来ない方。きっ…

  4. テニス ストローク
  5. テニス ボレー

    ストローク

    「踏み込む着地は、かかとから」安定したストロークを身に付ける!

    ボールを打つのはラケットだけど、パワーを生むのは足である。腕力…

  6. ストローク

    テニスの試合で、「相手のストロークのボールが浅くなる!」ことに気付く為に確認すべき5つのポイント

    シングルスでもダブルスでも、「どのタイミングで攻撃して良いのか分からな…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    タッチ感覚は、「ボールのどこをラケットで触るのか」の方が大事
  2. テニス 格上相手

    その他

    テニスでの用具選びは、「練習と同じくらい大事な要素」という覚悟で知識と情報を蓄え…
  3. テニス 準備

    ストローク

    テニスにおいてストロークで「低く滑るスライス」を沈めて返球するには、かなりの技術…
  4. テニス スポーツ

    サーブ

    「サーブとストロークは一緒なんだよ」テニスの試合では両方のリズムが影響し合う
  5. テニス フットワーク

    スマッシュ

    スマッシュは無理なくバックハンド狙い、でちょうど良い
PAGE TOP