リターン

リターンとストロークは、別物

テニスにおいて、これは大事な意識。

みなさんの中で、どう違いを作れているか、が大事でしょう。

試合で頭がパニックになりがちな人は、具体的に言葉で意識することが大事。

何となく、ではダメでしょう。

 

リターンとストロークは、別物

 


 

1.何が違うの?

まず、リターンは相手のサーブを返すショット。

そのサーブは、サービスエリアの中にバウンドしていくる。

この時に、遅いサーブもあれば速いサーブもあるのが厄介ですよね。

それに、回転も様々。

リターンは、相手に合わせるという色が強いショット。

ちょっとしたイレギュラーでも、しっかり対応したい。

ですので、「テイクバックを小さく、振り幅を小さく」が基本。

それから、最初から自分で立つ位置、ポジションを変えて良いショットですからね。

自分で準備出来る要素が多い、とも言えるでしょう。

 

2.ストロークは、横に動いて止まって打つ

このパターンが多いですよね。

ですので、前後の動きも入るけど、少し少ない。

横に動く、止まる、打つ、という動作は、リターンとは明らかに異なります。

早い準備と、相手のボールを予測して正確に止まる技術、が求められるのがストローク。

しっかり止まることが出来れば、振り抜ける。

ですから、リターンよりはしっかり振って良い、振り切れるショットだと意識することが大事です。

 

3.リターンは縦、ストロークは横

動きがそれぞれ、向きが違う。

私はこうやってリターンとストロークを分けて考えています。

リターンは前に踏み込んでいくから縦の動き。

ストロークは基本は横の動き、そこから余裕があれば縦に入る。

縦への動きはボールへ向かっていく動作になるので、時間がほとんど無いですよね。

ですから、動作は自然とシンプルになる。

シンプルになるから、テイクバックもフォロースルーも小さくなる。

こうやって分けて違いを作っておくと、安定感がアップすると思いますよ。

 

4.回転をかけること、は変わらない

テニスにおいて、安定感の源。

それは回転をかける、ということ。

リターンでもスピン、スライス、どちらかをしっかり意識する。

これは共通なんですが、回転量は少しリターンの方が少な目ですかね。

ストロークは回転量を多く、軌道を高くが基本。

リターンは相手の前衛もケアしますから、軌道は低め、回転は少な目、になるでしょう。

このあたり、違いを意識出来るとプレーもハッキリします。

 

みなさんなりの、違いをどう作るのか。

これを意識出来れば、試合の入りが楽になるんですよね。

リターンはこう、ストロークはこう、と意識するポイントを変えるだけ。

ごっちゃになってパニックになる人、多いので注意していきましょう。

ピックアップ記事

  1. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  5. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった

関連記事

  1. テニス リターン

    リターン

    テニスの試合でのリターン位置は、「ファーストとセカンドではっきり変える」のが大前提の基本

    今回は、「当たり前じゃないか・・・」と言われるような、基本的なことにつ…

  2. テニス ボレー

    リターン

    ボディへのサーブは、あの技術が無いとリターンで苦労する

    ボディへのサーブ、皆さん試合で苦労したことは無いですか?特に、…

  3. テニス ストローク

    リターン

    並行陣を崩すには、ファーストボレーをさせるところから

    前に詰めて来る相手に、プレッシャーを感じてしまう方へ。サーブ&…

  4. テニス サーブ

    リターン

    テニスの試合の現場では、「振り遅れてエース」になった時こそ堂々としていよう

    「やばっ!」と思ったら、良いところに入った。リターンとか、結構…

  5. リターン

    相手のセカンドサーブ、ならリターン側の前衛はしっかり前に詰めよう

    ちょっとしたことですが、試合でやれば効果大。ダブルスの試合のリ…

  6. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスの試合で重要な、「リターンからのストレートアタック」は、しっかり事前にパートナーと打ち合わせ…

    ダブルスの試合に出始めたペアの方は、まず攻撃のパターンを増やしていかな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 打点

    練習メニュー

    緊張した場面で、力を引き出す為には?
  2. テニス 並行陣

    ダブルス

    チェンジプレーで前衛に求められるのは、クロスコートを担当する勇気
  3. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「ポイント間に自分と会話する」ことが出来ると、メンタル面が安…
  4. テニス ストローク

    ボレー

    相手が打つ度に、「毎回蓋を開けてビックリ」の前衛だと、そりゃ勝てないですよ
  5. ストローク

    打ちたい方向へ振る、のはちょっと違う
PAGE TOP