リターン

リターンとストロークは、別物

テニスにおいて、これは大事な意識。

みなさんの中で、どう違いを作れているか、が大事でしょう。

試合で頭がパニックになりがちな人は、具体的に言葉で意識することが大事。

何となく、ではダメでしょう。

 

リターンとストロークは、別物

 


 

1.何が違うの?

まず、リターンは相手のサーブを返すショット。

そのサーブは、サービスエリアの中にバウンドしていくる。

この時に、遅いサーブもあれば速いサーブもあるのが厄介ですよね。

それに、回転も様々。

リターンは、相手に合わせるという色が強いショット。

ちょっとしたイレギュラーでも、しっかり対応したい。

ですので、「テイクバックを小さく、振り幅を小さく」が基本。

それから、最初から自分で立つ位置、ポジションを変えて良いショットですからね。

自分で準備出来る要素が多い、とも言えるでしょう。

 

2.ストロークは、横に動いて止まって打つ

このパターンが多いですよね。

ですので、前後の動きも入るけど、少し少ない。

横に動く、止まる、打つ、という動作は、リターンとは明らかに異なります。

早い準備と、相手のボールを予測して正確に止まる技術、が求められるのがストローク。

しっかり止まることが出来れば、振り抜ける。

ですから、リターンよりはしっかり振って良い、振り切れるショットだと意識することが大事です。

 

3.リターンは縦、ストロークは横

動きがそれぞれ、向きが違う。

私はこうやってリターンとストロークを分けて考えています。

リターンは前に踏み込んでいくから縦の動き。

ストロークは基本は横の動き、そこから余裕があれば縦に入る。

縦への動きはボールへ向かっていく動作になるので、時間がほとんど無いですよね。

ですから、動作は自然とシンプルになる。

シンプルになるから、テイクバックもフォロースルーも小さくなる。

こうやって分けて違いを作っておくと、安定感がアップすると思いますよ。

 

4.回転をかけること、は変わらない

テニスにおいて、安定感の源。

それは回転をかける、ということ。

リターンでもスピン、スライス、どちらかをしっかり意識する。

これは共通なんですが、回転量は少しリターンの方が少な目ですかね。

ストロークは回転量を多く、軌道を高くが基本。

リターンは相手の前衛もケアしますから、軌道は低め、回転は少な目、になるでしょう。

このあたり、違いを意識出来るとプレーもハッキリします。

 

みなさんなりの、違いをどう作るのか。

これを意識出来れば、試合の入りが楽になるんですよね。

リターンはこう、ストロークはこう、と意識するポイントを変えるだけ。

ごっちゃになってパニックになる人、多いので注意していきましょう。

ピックアップ記事

  1. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  3. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!

関連記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    速いリターンで、サーバーはリズムを崩していく

    どんなにサーブが得意な選手でも、試合では必ずメンタルに左右される。…

  2. リターン

    リターンは脇を締めるから、素早いターンが出来て安定する

    リターンの精度を上げていくこと、みなさんも課題の一つだと思います。…

  3. リターン

    シングルスの試合での、リターン必勝法はこれ!

    シングルスの試合で、リターンからどう攻撃していくのか。今回は、…

  4. リターン

    ストレートアタックが抜けたら、一気に前に出よう!

    ダブルスの試合でのリターン、ストレートへの展開。これ、抜けた…

  5. テニス リターン

    リターン

    ブロックリターンがシングルスの試合で有効な理由5つ

    シングルスの試合で、リターンに悩んでいる人は意外と多い。それは…

  6. テニス ダブルス

    リターン

    「ミックスダブルスの試合で効果的!」リターンからのドロップショットで女性サーブを崩していく方法

    学生の方は試合する機会が少ないかも知れませんが、社会人になると増えるの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブが安定しない人は、トス低めで調整してみると上手くいく
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスにおいては、「プレッシャーの中でのボールコントロールこそ、実力」という意識…
  3. テニス 部活

    練習メニュー

    「団体戦に強い、部員が成長していく部活」では、先輩と後輩が教え合うという太い線で…
  4. テニス ダブルス

    ストローク

    並行陣を崩すショートクロスは、「打点を斜め前、少し近め」で!
  5. ボレー

    低いボレーを低く狙うよりは、積極的にロブボレーを使おう
PAGE TOP