テニス ストローク

リターン

勝ちたければ、アングルリターンを狙おう!

リターンゲームで、何を武器に戦っていくのか。

30-40、のようなカウントで、この1本を強気に出たいような場面。

ダブルスでもシングルスでも、このリターンはしっかり打てるようにしておきたい。

断言します、見た目以上に難しくありません。

打てるようにしておけば、試合で圧倒的に優位になります。

 

勝ちたければ、アングルリターンを狙おう!

 


 

1.まず狙わなければ、得られない

相手のサーブを、アングルのコースにリターンする。

ショートクロス気味に浅くリターン、なんだか難しそうですよね。

これは、コートの後方、ベースライン付近から打つと難しいショットなんです。

でも、リターンですから最初から前に立って良い。

ネットに近い位置から狙う、と思えれば結構楽ですよ。

しっかりとボールの横を捕らえる、相手のセカンドサーブなら出来ます、絶対に。

相手のコートのアングルのコース、浅いショートクロスを打つつもりで振り切る。

リターンですから、コンパクトに。

まずはこの成功イメージを、しっかり頭の中で繰り返し妄想しましょう。

狙わなければ、何も始まりません。

 

2.高い打点でリターン!

アングルショット、ショートクロスって「低い打点から打つショット」だと思ってませんか?

これは、違います。

打点は、高い方が良い。

高い方がネットを越えやすいですから、出来るだけ腰から肩の高さくらいで打てるように前に立つ。

クロスに打つショットなので、打点は基本前ですね。

高い打点にしっかりスピン、スライスをかけて狙う。

その狙い、軌道のイメージは大丈夫ですか?

 

3.センターストラップの上を狙って良い

コートの端を狙う時も、狙いはセンター。

センターストラップ、の上を通過させるイメージで良いんです。

そこからボールは、相手コートの端に落ちてくれる。

引っ張ろうという意識が強すぎると、ボールはサイドアウトします。

狙いをネットの上、目標をしっかり作って的を狙う。

そこだけに集中しましょう。

その結果、リターンエースになるようなことはあるかも知れません。

でもそれは、あくまで結果ですからね。

 

4.相手を動かすショット、リターンとして

使いましょう、試合では。

私も相手がサーブ&ボレー、に来るような場面以外でも、使います。

なぜなら、シングルスの試合でも相手を動かす良いショットになるから。

浅いリターンって、嫌じゃないですか?

サーブを打ち終わって、すぐに激しい動きを入れていかないといけない、忙しい。

相手を動かすショット、だと思えたらすごく楽に打てます。

アングルリターン、打てば試合の展開、相手へのプレッシャーはがらりと変わります。

 

狙い過ぎないけど、しっかり狙う。

難しいですね。

打ってみないと、何も始まらないですから。

リターンからの武器が無いと悩んでいる方は、まずやってみましょう。

アングルのコースへのリターン、試合では必要です。

ピックアップ記事

  1. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  2. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  3. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  4. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  5. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①

関連記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    並行陣を崩すには、ファーストボレーをさせるところから

    前に詰めて来る相手に、プレッシャーを感じてしまう方へ。サーブ&…

  2. テニス リターン

    リターン

    リターンでバックハンド側のサイドのときには、身体を逃がしながらバックバンドリターンが有効

    リターンで、どうも回り込みフォアハンドが調子が悪いとき。右利き…

  3. テニス メンタル

    リターン

    リターンで構えた時に「ラケットをクルクル回す」、のにはちゃんと意味があります

    リターンで構えたときに、ラケットをクルクル回す選手、多いですよね。…

  4. リターン

    リターンで調子が良い時ほど、突っ込まないことが大事

    リターンは、前に、前に。これが基本ですが、あくまでポジションを…

  5. テニス 戦術

    リターン

    試合でリズムを変えたければ、スライスリターンから

    試合の流れは悪い、リズムを変えたい時。そんな時は、スライスリタ…

  6. テニス ストローク

    リターン

    シングルスの試合での30-40での攻撃的なリターンは、得意な形を!

    具体的なシチュエーションを、試合前に想像しておく。そのポイント…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    「ビビった時は・・・」テニスの試合で緊張する場面のストロークで意識することとは?…
  2. 戦術

    不測の事態でもテニスの大会を勝ち進む、「試合会場での対応力」を身に付けよう
  3. 戦術

    基本をしっかり見せておくことが、後半の奇策に効いてくる
  4. テニス 構え

    メンタル

    本当にメンタルが強いテニス選手は、フィジカルも強い
  5. 練習メニュー

    テニスの試合では、ミスの質を高めよう
PAGE TOP