テニス ミス

リターン

1セットマッチ、1ブレイクでOK

私たちの試合、ほとんどは1セットマッチ。

たまに3セットマッチ、の試合もあると思いますが、それでも「セットを取ること」に変わりはありませんよね。

つい、私たちはプロ選手の試合と違って、リターンゲームでも欲が出てしまう。

1ブレイクで充分、あとはしっかりとサービスゲーム、というスタンスはプロ選手の試合と一緒です。

 

1セットマッチ、1ブレイクでOK

 


 

1.いつでもブレイク、出来ると思ってる?

意外と、これ感じている方多いんですよね。

確かに、一見サーブが苦手そうな相手を見ると「いけるな、コレは」と思ってしまいがち。

でも、そういう相手に限ってファーストサーブを入れて来る、粘りがあるし前衛も動く・・・ような感じで、ブレイク出来ない。

気がつけばこっちが先にブレイクされて、負けてしまう・・・なんて試合、みなさんも経験あるはず。

「いつでもブレイク出来る」と思ったら、自分をたしなめましょう。

「そんな気負わなくて良いぞ」と。

 

2.1ブレイク、をいかにもぎ取るのか

サーブが良い相手からは、これがまず大変。

なかなかブレイク出来ない雰囲気、をどう打開していくかですよね。

色々策はありますが、まず自分の中で「1ブレイクで、良いんだ」と。

プレッシャーを自分にかけ過ぎないこと、が大事だと思います。

全部取ろうとすると、結果的に全部取れない。

こういう経験、みなさんもあると思います。

まず1ブレイク、それで良い。

気負わないこと、が試合では大事です。

 

3.そのチャンスは、1ゲーム目

最初の相手のサービスゲーム、が狙い目です。

サーブは試合の後半になるにしたがって、調子を上げていきやすいショット。

ですから、エンジンがかかる前、がブレイクするならベストでしょう。

1ブレイク、最初に出来てしまえば、気持ち的にも余裕が生まれて来る。

自分のサービスゲームも、楽にリラックスして進められる。

だからこそ、アナタ自身は気負う必要は無いですけど、身体は動く、エンジンは全開で最初のリターンゲームに入っていきましょう。

 

4.私の場合は・・・

圧倒的に多いのが、最初のリターンゲームでブレイクして、そのまま6-4で試合終了のパターン。

トスで勝ったら、私はほぼリターンを取ります。

男子ダブルスで、6ゲーム先取のような試合、パートナーがビッグサーバーなら話は別ですが・・・。

最初のリターンゲームは、やはり宝の山。

相手もまだまだ調子が上がらないですし、「いつでもブレイクバック、出来るしな」と、執念が無いケースがほとんど。

これを見逃す手は無いですよ。

ぜひ、みなさんも最初のブレイク、その後はその貯金でリラックスしてプレー、でいきましょう!

 

書いてみると簡単そうですが、どうでしょう。

実際、イメージが湧いてくれば実現出来ます。

1セット、1ブレイク。

もう、口癖みたいに口ずさんでいきましょうよ。

強い相手でも、勝てそうな気がしてきませんか?

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  3. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…

関連記事

  1. テニス ロブ

    リターン

    下がってリターンすれば、大きく打てるメリットもある

    リターンの基本は、前に踏み込むこと。でも、全仏オープンの試合を…

  2. リターン

    リターンはボレー、で意識改革を

    試合に出続けていると、本当に色んなサーブを受けることになる。本…

  3. テニス メンタル

    リターン

    ダブルスのリターンをストレートに打つ、身体の開きを抑えよう

    リターンのとき、どんなときにミスが増えるのか・・・といえば、やはり身体…

  4. テニス 準備

    リターン

    サーブの調子が良い相手には、遠慮なくロブリターンを

    試合で勝ち上がっていくと、相手のサーブはどんどん強力になる。ブ…

  5. テニス リターン

    リターン

    テニスの試合で「リターンが安定しない人」は、最初の一歩目で膝を曲げて目線を落としましょう

    試合の流れを大きく左右するのが、リターンの精度。サーブもそうで…

  6. テニス ミス

    リターン

    高速サーブを前衛がセルフジャッジする、簡単なコツとは?

    相手のサーブがめちゃめちゃ速い。こういう時に、意識したいことっ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 戦術

    テニスにおけるベストなポジションなんて、無い
  2. テニス セルフジャッジ

    シングルス

    「相手のミスを引き出すポイント」と「攻撃していくポイント」を分けれてる?
  3. テニス スマッシュ

    ボレー

    ポーチに出るのが怖ければ、ポジションをしっかり前にしてプレッシャーをかけよう!
  4. 戦術

    試合に勝てる選手になりたいなら、「同じシチュエーションで自分が取ったポイントパタ…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    スライスのストロークの返球が苦手な人は、「膝の落とす位置」が高い
PAGE TOP