テニス フットワーク

リターン

ダブルスの試合でリターンのコースをギリギリまで隠して打ち分ける、ある裏ワザを考えてみた

ダブルスの試合、リターン。

目の前にはまず、相手の前衛がいる。

これが厄介なので、実はシングルスよりもダブルスのリターンって、難しいと思いませんか?

しっかりとストレートにも打って足止めしたい、でもストレートを張られているかも知れない。

というときに、こんな作戦はどうでしょうか?

 

ダブルスの試合でリターンのコースをギリギリまで隠して打ち分ける、ある裏ワザを考えてみた

 


 

■作戦の大前提は、相手が「雁行陣」であるということ

まず初めに、これから書く作戦はシンプルですが、相手は雁行陣、を想定しています。

サーブ&ボレーしてくる相手だと、ちょっと厳しくなる。

サーブを打ってその場でストローク戦に持ち込む、というのをイメージしながら読んでみて下さい。

ポイントは、「前衛に絶対触られない、かつ攻撃的にストレートにも打てる」こと。

つまり、相手の動きに応じて打つコースを変える、というのを可能にさせる作戦、なんです。

さぁ、書いていきますよ。

 

■ストレートアタックで入って、前衛が動かなければクロスロブ、のリターン

やり方はすごくシンプルです。

まず、相手のサーブをストレートアタックする気持ちで入る。

しっかり前に踏み込んで、前衛方向、ストレートにリターンする「つもり」で入っていく。

そしてサーブがバウンドした時点で、相手が動いていないようであれば、クロス方向へポワーンとロブを上げる。

これだけです。

攻撃的な前衛は、サーブがバウンドした時点でもう動き出している。

そこに気付いたら、そのままストレートへ打つ、普通に直線的なストロークで。

動かないようであれば、無理せずラケット面を作ってクロス方向へロブ、を返球する。

これだと、前衛は触れない。

ポイントは、クロスに返球するときには無理しないこと。

相手は雁行陣ですので、山なりのボールで全然OK。

ここで無理してしまう人、あまりに多いのでこの作戦は有効なんです。

 

■ほとんどの人が勘違いしている、相手前衛のポーチを避ける方法

ほとんどの人が、こう考えていませんか?

「相手前衛が、動いて来たらストレートに打とう!」と。

これって、実は実戦的ではない。

大抵、こんな感じでコースを変えるとストレートがサイドアウトする。

今回紹介した作戦は、基本線を「ストレート方向のリターン」にセットしているのがポイントです。

普段と逆、ですよね。

でもやってみて下さい、絶対に有効ですから。

特に攻撃的にポーチに動いてくる前衛は、この作戦を使う意識が無いと絶対に勝てない。

それくらい、ストレートへ打つ雰囲気だったり配球、が上のレベルの試合では大事なんです。

 

「なんだ、大した作戦じゃないな・・・」と思った方は、きっとまだ激しい前衛を相手にしたことが無いんだと思う。

ダブルスの試合、上のレベルになればなるほど、ポーチに出て「当たり前」の世界。

だからストレートへの展開も増える。

少し発想を変えるだけで、テニスはまだまだ上達していきます。

騙されたと思ってこの「ストレートリターンをデフォルトにセット」作戦、やってみて下さい。

ピックアップ記事

  1. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  5. ご質問頂いた件につきまして

関連記事

  1. テニス スライス

    リターン

    「速いサーブを打ち返せ」ビッグサーブ相手にしたときのテニスの試合で必要なリズム感

    200キロのサーブを受けたことがある?俺の場合、正式に計ったサ…

  2. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスの試合で、リターンにロブを混ぜていくために必要な意識4つ

    ダブルスの試合、明日から勝ちたい人。すぐに強くなりたい、結果を…

  3. テニス メンタル

    リターン

    相手のサーブの本質を、を見抜こう

    試合の中で、リターンゲーム。テニスの試合は、必ずサーブかリター…

  4. リターン

    相手がクイックサーブで、リターンに苦労するときには?

    相手がクイックサーブで、リターンがやり辛い。これ、結構多いと思…

  5. リターン

    「ウルトラミラクルスーパーダブルスストレートアタックレシーブ」って、テニスのダブルスで有り得る?

    ダブルスのレシーブの時に、ストレートを抜くというのはそう気軽に出来るも…

  6. テニス ストローク

    リターン

    リターンに安定感がある人が意識している、ある基本について

    リターンを安定させたい、でも攻撃もしたい・・・。試合に出ていれ…

特集記事

  1. テニス スライス

    ストローク

    前に踏み込むストローク、が打てないならしっかりスライスで凌ごう
  2. テニス ミス

    ストローク

    テニスの試合、強い相手と対戦するときほど、「ラリーを避けよう」と考えてはいけない…
  3. 戦術

    自己効力感と、自己主体感
  4. 練習メニュー

    練習は何のためにやるのか、という基本
  5. テニス ボレー

    ボレー

    自分がネットに出たときに「ボディ正面を突かれたとき」の為に、対処ボレーを覚えてお…
PAGE TOP