リターン

相手のファーストサーブは、1種類じゃない

強い相手ほど、変えて来ます。

誰だって、ダブルフォルトは怖いですからね。

みなさんも、もっとここに神経を使って、リターンゲームでは強気にいきましょう。

ファーストサーブ、から強気で良い場面もあります。

 
 

例えば、0-40のような場面

アナタがサーブを打つとして、強気にファーストを打てますか?

私なら、少し確率重視でファーストサーブを打つ。

当然ですよね、相手のブレイクポイントが3本ですから、まずは凌がないといけない。

0-40でセカンドサーブ、なんて本当に打ちたくないですから。

ファーストサーブを入れにくる、ことは充分想定出来ますよね。

だったら、前に入りましょうよ。

相手のファーストサーブ、でもしっかり攻撃的にプレーする。

これがリターンの基本です。

思い込み、を捨てていこう

ファーストサーブだから、下がって待つ。

こういう小さい常識で、自分を縛ってはいませんか?

相手の方が追い込まれているようなカウントでは、その常識は必要無い。

もったいないですよ、ただ返すだけなんて。

ファーストサーブは、1種類じゃない。

きっと相手は変えて来る、と考えて待ちましょう。

そうするだけで、テニスの試合結果は必ず変わります。

試合巧者って、こういうところを意識出来るかどうか、だと思います。

40-0でも、サーブは変わって来る

逆に、大きくリードしてもファーストサーブは変わるでしょう。

エース狙い、のサーブを打って来る可能性だって高い。

ここは、少し下がるか山を張る。

相手にラブゲームキープさせない、ためのポジションと意識が大事ですね。

当然、相手の性格も大きく影響してくるでしょう。

リードしても堅実な相手もいれば、良いところを見せたいと考える選手もいる。

そのあたりを感じておけば、ファーストサーブも読みやすくなるでしょう。

   

良いサーブが入ったら、しょうがない

こういう意識、が基本的には大事です。

甘いサーブが来る、と思って前に入って厳しいサーブが来たら、しょうがない。

はなから厳しいサーブ想定で待つのはもったいない、という話です。

良いサーブを警戒していては、強気になれないですから。

特に、ブレイクポイントではファーストサーブは変わる、甘くなる。

これだけは、ぜひ試合前に意識しておいて下さい。



小さいことですが、本当に変わります。

ファーストサーブを相手が置きに来る場面、をイメージして試合に入る。

ブレイクの準備、ですね。

これが出来る選手は、少ないチャンスをものにしていく。

ぜひ、意識してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  4. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    ミックスダブルスで、スライスのリターンが有効なコース5つ

    ミックスダブルスで、有効なリターン。それは、スライスを上手く使…

  2. リターン

    ダブっても打ってくる、そんな相手は嫌なもの

    昨日の錦織選手の試合、悔しかったですね・・・。みなさんも、同じ…

  3. テニス リターン

    リターン

    リターンミスが多い人は、〇〇だけ意識しよう

    リターンが安定しない人は、フットワークがちょっとおかしい。普通…

  4. リターン

    リターンでのストレートアタックは、「コート後方に自分だけの的」を作って狙えば効果的

    リターンでストレートを狙うこと、ダブルスではよくありますよね。…

  5. テニス ストローク

    リターン

    ブロック技術は、「ただラケットを合わせて当てるだけ」だとコントロール出来ない

    相手のショットが強力なとき、なかなかしっかりスウィング出来ないような場…

  6. リターン

    リターンは一歩目の精度がカギ

    相手のサーブを、リターンする。テニスはここから試合開始、試合の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. リターン

    相手がトスを上げた瞬間、はポジションチェンジのチャンス!
  2. テニス ストローク

    練習メニュー

    相手の攻撃をしのいで粘る、シングルスの基本練習メニュー
  3. テニス ボレー

    戦術

    テニス歴1年未満の初心者の方でも、「試合で迷惑をかけたくない・・・」と思ったら、…
  4. テニス ボレー

    フットワーク

    相手をワイドに走らせたら、身体の向きは相手に合わせよう
  5. テニス ストローク

    ボレー

    ポーチに出ること、自体でまずは大成功
PAGE TOP