リターン

相手のファーストサーブは、1種類じゃない

目次

強い相手ほど、変えて来ます。

誰だって、ダブルフォルトは怖いですからね。

みなさんも、もっとここに神経を使って、リターンゲームでは強気にいきましょう。

ファーストサーブ、から強気で良い場面もあります。

 
 

例えば、0-40のような場面

アナタがサーブを打つとして、強気にファーストを打てますか?

私なら、少し確率重視でファーストサーブを打つ。

当然ですよね、相手のブレイクポイントが3本ですから、まずは凌がないといけない。

0-40でセカンドサーブ、なんて本当に打ちたくないですから。

ファーストサーブを入れにくる、ことは充分想定出来ますよね。

だったら、前に入りましょうよ。

相手のファーストサーブ、でもしっかり攻撃的にプレーする。

これがリターンの基本です。

思い込み、を捨てていこう

ファーストサーブだから、下がって待つ。

こういう小さい常識で、自分を縛ってはいませんか?

相手の方が追い込まれているようなカウントでは、その常識は必要無い。

もったいないですよ、ただ返すだけなんて。

ファーストサーブは、1種類じゃない。

きっと相手は変えて来る、と考えて待ちましょう。

そうするだけで、テニスの試合結果は必ず変わります。

試合巧者って、こういうところを意識出来るかどうか、だと思います。

40-0でも、サーブは変わって来る

逆に、大きくリードしてもファーストサーブは変わるでしょう。

エース狙い、のサーブを打って来る可能性だって高い。

ここは、少し下がるか山を張る。

相手にラブゲームキープさせない、ためのポジションと意識が大事ですね。

当然、相手の性格も大きく影響してくるでしょう。

リードしても堅実な相手もいれば、良いところを見せたいと考える選手もいる。

そのあたりを感じておけば、ファーストサーブも読みやすくなるでしょう。

   

良いサーブが入ったら、しょうがない

こういう意識、が基本的には大事です。

甘いサーブが来る、と思って前に入って厳しいサーブが来たら、しょうがない。

はなから厳しいサーブ想定で待つのはもったいない、という話です。

良いサーブを警戒していては、強気になれないですから。

特に、ブレイクポイントではファーストサーブは変わる、甘くなる。

これだけは、ぜひ試合前に意識しておいて下さい。



小さいことですが、本当に変わります。

ファーストサーブを相手が置きに来る場面、をイメージして試合に入る。

ブレイクの準備、ですね。

これが出来る選手は、少ないチャンスをものにしていく。

ぜひ、意識してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  2. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  3. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  4. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス メンタル

    リターン

    「テニスのシングルスの試合」で有効なリターンからの攻撃パターン4つ

    シングルスの試合では、コートが広い分打てるコースが色々あって選ぶ楽しさ…

  2. テニス メンタル

    リターン

    ノーアド形式でゲームを取れないのは、運が悪い?

    「いやー、運が無かった。ノーアド全部、取られちゃったよー」と、…

  3. テニス ストローク

    リターン

    「死んだようなサーブ」をリターンミスする人の特徴5つ

    相手のサーブが、弱々しいのに・・・なぜかリターンミスしてしまう。…

  4. テニス ストローク

    リターン

    リターン時の身体の向きは、少しだけコートの内側向きに

    リターンをしっかり、返球したい。そう考えると、しっかり身体の向…

  5. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスの試合のリターンは、パートナーに「どう返す予定か」は伝えよう

    ダブルスの試合、リターンで大事なこと。それは、レベルに限らずコ…

  6. テニス 技術

    リターン

    ダブルスでリターンをポーチボレーされることは、悪いことでも何でもない

    ダブルスの試合、自分のリターンが相手前衛につかまる。これくらい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. その他

    一緒に練習するテニス仲間が、「いつの間にか画一化された集団」になっていないか、立…
  2. テニス ストローク

    ボレー

    ポジショニングが上手いネットプレイヤーは、「相手にあえてショートクロスを打たせて…
  3. テニス フットワーク

    フットワーク

    「スプリットステップ」は少しのコツで、テニスの試合が見違えるほど勝てるようになる…
  4. テニス メンタル

    ボレー

    「ボレー上達は、ネットプレー心にあり」テニスの試合で苦手意識を克服する為に
  5. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルスにおける本当に良いサーブとは、「前衛を活かすことが出来る」サーブです!
PAGE TOP