リターン

相手のファーストサーブは、1種類じゃない

目次

強い相手ほど、変えて来ます。

誰だって、ダブルフォルトは怖いですからね。

みなさんも、もっとここに神経を使って、リターンゲームでは強気にいきましょう。

ファーストサーブ、から強気で良い場面もあります。

 
 

例えば、0-40のような場面

アナタがサーブを打つとして、強気にファーストを打てますか?

私なら、少し確率重視でファーストサーブを打つ。

当然ですよね、相手のブレイクポイントが3本ですから、まずは凌がないといけない。

0-40でセカンドサーブ、なんて本当に打ちたくないですから。

ファーストサーブを入れにくる、ことは充分想定出来ますよね。

だったら、前に入りましょうよ。

相手のファーストサーブ、でもしっかり攻撃的にプレーする。

これがリターンの基本です。

思い込み、を捨てていこう

ファーストサーブだから、下がって待つ。

こういう小さい常識で、自分を縛ってはいませんか?

相手の方が追い込まれているようなカウントでは、その常識は必要無い。

もったいないですよ、ただ返すだけなんて。

ファーストサーブは、1種類じゃない。

きっと相手は変えて来る、と考えて待ちましょう。

そうするだけで、テニスの試合結果は必ず変わります。

試合巧者って、こういうところを意識出来るかどうか、だと思います。

40-0でも、サーブは変わって来る

逆に、大きくリードしてもファーストサーブは変わるでしょう。

エース狙い、のサーブを打って来る可能性だって高い。

ここは、少し下がるか山を張る。

相手にラブゲームキープさせない、ためのポジションと意識が大事ですね。

当然、相手の性格も大きく影響してくるでしょう。

リードしても堅実な相手もいれば、良いところを見せたいと考える選手もいる。

そのあたりを感じておけば、ファーストサーブも読みやすくなるでしょう。

   

良いサーブが入ったら、しょうがない

こういう意識、が基本的には大事です。

甘いサーブが来る、と思って前に入って厳しいサーブが来たら、しょうがない。

はなから厳しいサーブ想定で待つのはもったいない、という話です。

良いサーブを警戒していては、強気になれないですから。

特に、ブレイクポイントではファーストサーブは変わる、甘くなる。

これだけは、ぜひ試合前に意識しておいて下さい。



小さいことですが、本当に変わります。

ファーストサーブを相手が置きに来る場面、をイメージして試合に入る。

ブレイクの準備、ですね。

これが出来る選手は、少ないチャンスをものにしていく。

ぜひ、意識してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  3. 【初開催】5/29(水)~30(木) T-PRESS プレミアムキャンプ in千…
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について

関連記事

  1. リターン

    「リターン嫌い脱出大作戦」テニスの試合は意識を変えることでリターン上手になれる!

    「リターンが苦手」という言葉をよく聞く。でもリターンって結局は…

  2. テニス ストローク

    リターン

    リターンを手首でこねている人は、「40-30のような大事なポイント」で入らなくなる

    リターンは緊張する。特にブレークポイントのような場面、逆に追い…

  3. リターン

    「レシーブ用ストローク」を自分なりにカスタマイズしてテニスの試合に挑もう!

    レシーブはストロークである。ストロークがちゃんと打てれば、レシ…

  4. テニス ストローク

    リターン

    ウィンブルドンの試合、徹底して「リターン側」を参考にしよう

    昨日のウィンブルドンの死闘、ご覧になった方も多いと思います。前…

  5. テニス メンタル

    リターン

    ノーアド形式でゲームを取れないのは、運が悪い?

    「いやー、運が無かった。ノーアド全部、取られちゃったよー」と、…

  6. テニス テイクバック

    リターン

    リターンのときに、「バックハンド側に高く弾むサーブ」をしっかり抑えて返球するコツとは?

    セカンドサーブをアタックしたいと考えていても、レベルが高い相手はそうも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス シングルス

    ボレー

    広い守備範囲が求められるシングルスのネットプレーでは、「優先順位を付けて予測」が…
  2. テニス ロブ

    練習メニュー

    ボールをコントロールして、「相手を前後に動かす」為の練習メニュー
  3. テニス ストローク

    その他

    テニス部における良いキャプテンの要素は、「チームの課題を創り出せる人」です
  4. テニス ストローク

    メンタル

    試合の後には反省だけでなく、「ポイントが獲れたパターン」も客観的に確認して次につ…
  5. テニス フットワーク

    フットワーク

    実戦的なスプリットステップは、「スタンス広めで沈み込む」のが基本です
PAGE TOP