テニス 技術

リターン

ダブルスの試合で使える、「踏み込んでストレートへブロックリターン!」を身に付けて、相手前衛にプレッシャーをかけよう

錦織選手は残念ながら敗退してしまった全豪オープン。

それでも、ジョコビッチ選手相手に果敢にトライしていたのはリターンからの攻撃的なプレー。

特にコンパクトなブロックリターンでストレートに展開していくショットは、身に付けるとダブルスでも超絶役に立つショットになります。

アナタのテニスの幅を広げるこの技術、ぜひ練習してみて下さい!

 

ダブルスの試合で使える、「踏み込んでストレートへブロックリターン!」を身に付けて、相手前衛にプレッシャーをかけよう

 


 

■一番のお勧めは、両手バックハンドのブロックリターン

両手バックハンドでストロークを打っている方は、比較的やりやすい可能性が高い。

多少打点が遅れても、高い打点になっても、下側の腕でしっかりラケットを支えられるのでサーブの威力に負け辛いのです。

意識したいのは、コートの中に入っていってライジングでボールを捕えること。

バック側でしっかり反応が出来るようになれば、フォアハンドも必ず打てるはずです。

頭の中では、7:3くらいで「バック側で待つ」くらいの意識でも良いかも知れません。

 

■ラケット面を合わせるだけで、ワイドのサーブはストレートへ流しやすい

右利きの方であれば、アドサイドのリターンでしっかりストレートへバックハンドを流して相手を攻撃していきたい。

ワイドへのサーブは、そのままストレート方向へ切り返しやすい、くらいの感覚を持ちましょう。

ワイド方向へのサーブは、リターンで待っていては自分がどんどんコートから追い出されていくだけで厳しくなります。

ポジションを前にし、特にセカンドサーブになったときにはしっかり攻撃できるよう、練習しておきましょう。

意識はあくまで、相手の力を利用するブロックリターン。

打った後に、ラケットを止める、くらいの感覚でちょうど良いフォームになるはずです。

 

■ダブルスで必要なのは、相手前衛に向かっていく勇気!

ダブルスの試合では、当然リターンをストレート方向に打てばそこには相手前衛の選手がいます。

ぶつける・・・という意識、しっかり持てていますか?

「顔近くに飛んでいったら、どうしよう・・・」と、考えている方、そんなメンタルでは相手を凌駕して試合に勝つのは難しい。

本当に危ないボールを打ってしまったら、謝れば良いんです。

まずしっかり、速いタイミングでボールを捕えてしっかりアタックしていく。

当然ボレーで返球されることを想定して、早く構え直して次の展開に備えることを意識しましょう。

 

高い打点、踏み込んだポジション、をリターンで実践できればアナタのテニスはワンランクステップアップします。

難しそうだなと感じるかも知れませんが、オムニコートでは特に、普通の一般の方のサーブはバウンド後に勢いは失速するもの。

それをしっかり頭に入れて、思い切ってサーブに、前衛に、向かっていきましょう。

まずは練習仲間の中で、しっかり打てるように練習ですね。

ピックアップ記事

  1. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. テニス リターン

    リターン

    「左利きのサーブが苦手…」な人に贈る、すぐできるリターン意識改革術

    「左利きのサーブにやられた!」そんな経験、ありませんか?でも後…

  2. テニス メンタル
  3. テニス ボレー

    リターン

    初中級者の方のセカンドサーブ、ワイドにしか入らない説

    こういう話、みなさん考えたことありますか?私は、ずっと考えています…

  4. テニス ストローク

    リターン

    ミックスダブルスのリターン、男性は女性サーブこそコンパクトに振っていかないと

    ミックスダブルスで、もったいないポイント。それは、男性が女性サ…

  5. テニス ストローク

    リターン

    シングルスの試合での30-40での攻撃的なリターンは、得意な形を!

    具体的なシチュエーションを、試合前に想像しておく。そのポイント…

  6. テニス バックハンド

    リターン

    試合の中でリターンミスを減らしたいなら、まずボールをしっかり呼び込もう

    リターン、試合の大事な場面・・・緊張しますよね。いつも通りにや…

特集記事

  1. テニス サーブ

    ストローク

    普段のテニスの練習の中で、「スライス限定ラリー」を行うことでコートを前後に扱う感…
  2. テニス ミス

    Q&A

    Q&A「強くなるために、プライドは持った方が良い?持たない方が良い?」…
  3. テニス ボレー

    ボレー

    テニスのネットプレーで、「足元に沈んでくるストロークを、ボレーで深く返球」するた…
  4. テニス メンタル

    テニス知識

    ラケットとボールが、喧嘩しない柔らかさ
  5. テニス サークル

    練習メニュー

    大学生からサークルでテニスを初めても、どんどん上達していく人の特徴4つ
PAGE TOP