テニス メンタル

その他

「普通に素振り練習しても、テニスの試合で勝つのは難しい・・・?」だからこそ工夫が必要なんです

テニスの上達において基本となる練習、素振り。

「なんだ古臭い・・・」と感じている人も多いと思いますが、実際にしっかり工夫してやればとても効果的な練習になります。

ただ何も考えずにラケットを振るなんて、もったない!

せっかく全豪オープンも放送しているので、上手く使ってみませんか?

 

「普通に素振り練習しても、テニスの試合で勝つのは難しい・・・?」だからこそ工夫が必要なんです

 


 

■試合をTVで観ながら、カウントのシチュエーションをイメージしながら振ってみる

実際の試合を想定したときに、ラケットを一定の感情で振ることって無いと思います。

勝っているときにはより攻撃的に速く振れるし、負けていれば少しゆっくり振ってボールをつなぐような場面も。

相手のマッチポイントであれば、それこそ身体が固くなってしまうかも知れませんね。

テレビでテニスの試合を観ながら、素振りをしてみる。

実際にラリーしているイメージを持って素振りすることで、その効果は大きく変わってきます。

 

■素振りでもコースの打ち分けを

家の中であまり賑やかに・・・は難しいですが、実際にスタンスも変えながら素振りしてみるとより実戦的です。

コースを打ち分けるような素振り、やったことありますか?

実際のテニスの試合では、何も考えずにラケットを振ることは少ないはず。

しっかりコースを狙うフォーム、スタンス、しっかり意識して素振りをすることで、初めて効果的な練習になります。

 

■準備の速さも、テレビを観ながら素振りをすれば身に付く!

準備も素振り、の一つです。

ラケットを振る動作だけに着目していては、アナタの成長は望めません。

テレビの試合、プロ選手のテイクバックの速さを観てみて下さい。

きっとアナタよりも、かなり速いタイミングで準備を終えているはずです。

テニスにおいて、一般の方や学生の方のレベルの差はこの準備の速度に一番現れる。

ぜひ、素振りをしながら実践でも使えるテニスの動きを身に付けて下さい。

 

全豪オープンはハードコートでの試合。

バウンドの高いサーフェスでは準備の遅さは致命的な問題に。

素振りをしっかり行う、そのラケットを振る前後の動きにどれだけ注力できるか・・・。

アナタの実際のテニスにも、近いものがありませんか?

しっかりした準備、次への構え直し、全ては地道な練習から。

でもテレビを観ながらの素振り、楽しいですよ。

ぜひ怪我しない、近所迷惑にならない程度に、やってみて下さい!

ピックアップ記事

  1. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  5. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します

関連記事

  1. その他

    意図したことが効いてくる、からリズムに乗れる

    みなさんに、ぜひ意識して欲しいポイント。普段の試合の中で、いか…

  2. テニス ストローク
  3. その他

    試合こそが、仲間を創る

    私が、そしてT-PRESSがなぜそこまで「試合」にこだわるのか。…

  4. テニス メンタル

    その他

    テニスで勝てる相手を増やすには、「例題をたくさん解いていく」つもりで、経験を積み重ねていこう

    「こういう相手には、勝てるようになってきたな・・・」と、冷静に…

  5. その他

    【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~15時 にて開催します…

    この度、初めて関西地区にて「佐藤・土居ペアに挑戦」の企画を実施させて…

  6. その他

    「第90回全日本テニス選手権」本戦出場選手リストが発表!今年は面白いです

    90回の記念大会となる、全日本テニス選手権。去年よりもドロー数…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    「片手バックハンドボレーが安定しない・・・」人は、テニスの試合の中でスロートを持…
  2. テニス ボレー

    ボレー

    テニス初心者でも理解しておきたい、「グリップを握る強さ」について
  3. サーブ

    テニスの試合巧者になりたければ、「サーブは最低2種類の球種」を打てるようにしよう…
  4. テニス

    その他

    力の差は無さそうなのに、スコアで差が出るのは、なぜ?
  5. フットワーク

    試合でミスを減らすには、動き出しを早くするのが一番効果的
PAGE TOP