テニス メンタル

その他

「普通に素振り練習しても、テニスの試合で勝つのは難しい・・・?」だからこそ工夫が必要なんです

テニスの上達において基本となる練習、素振り。

「なんだ古臭い・・・」と感じている人も多いと思いますが、実際にしっかり工夫してやればとても効果的な練習になります。

ただ何も考えずにラケットを振るなんて、もったない!

せっかく全豪オープンも放送しているので、上手く使ってみませんか?

 

「普通に素振り練習しても、テニスの試合で勝つのは難しい・・・?」だからこそ工夫が必要なんです

 


 

■試合をTVで観ながら、カウントのシチュエーションをイメージしながら振ってみる

実際の試合を想定したときに、ラケットを一定の感情で振ることって無いと思います。

勝っているときにはより攻撃的に速く振れるし、負けていれば少しゆっくり振ってボールをつなぐような場面も。

相手のマッチポイントであれば、それこそ身体が固くなってしまうかも知れませんね。

テレビでテニスの試合を観ながら、素振りをしてみる。

実際にラリーしているイメージを持って素振りすることで、その効果は大きく変わってきます。

 

■素振りでもコースの打ち分けを

家の中であまり賑やかに・・・は難しいですが、実際にスタンスも変えながら素振りしてみるとより実戦的です。

コースを打ち分けるような素振り、やったことありますか?

実際のテニスの試合では、何も考えずにラケットを振ることは少ないはず。

しっかりコースを狙うフォーム、スタンス、しっかり意識して素振りをすることで、初めて効果的な練習になります。

 

■準備の速さも、テレビを観ながら素振りをすれば身に付く!

準備も素振り、の一つです。

ラケットを振る動作だけに着目していては、アナタの成長は望めません。

テレビの試合、プロ選手のテイクバックの速さを観てみて下さい。

きっとアナタよりも、かなり速いタイミングで準備を終えているはずです。

テニスにおいて、一般の方や学生の方のレベルの差はこの準備の速度に一番現れる。

ぜひ、素振りをしながら実践でも使えるテニスの動きを身に付けて下さい。

 

全豪オープンはハードコートでの試合。

バウンドの高いサーフェスでは準備の遅さは致命的な問題に。

素振りをしっかり行う、そのラケットを振る前後の動きにどれだけ注力できるか・・・。

アナタの実際のテニスにも、近いものがありませんか?

しっかりした準備、次への構え直し、全ては地道な練習から。

でもテレビを観ながらの素振り、楽しいですよ。

ぜひ怪我しない、近所迷惑にならない程度に、やってみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  2. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    アナタの過去が正しかったかどうかなんて、未来と他人が決めてくれるはず

    テニス界にいると、随分と自分の過去に悩んでいる人が多い。実績が…

  2. テニス 環境

    その他

    「自分に欠けている点」を把握した時点で、それは短所では無くなる

    テニスの試合、もしかしてアナタは「損」をしているかも知れない。そう…

  3. テニス 客観視

    その他

    テニスの大会を運営している人には、感謝の気持ちを忘れずに

    試合に出続けているみなさんに、ぜひ、意識して欲しいこと。少し、…

  4. テニス メンタル

    その他

    久しぶりにテニスをすると、なぜ調子が良いのか?

    最近、私自身あまりテニスが出来て無くて・・・。これはまずい、と…

  5. テニス リターン
  6. テニス ガット

    その他

    テニスの試合で一番使う「利き腕の握力」は、大事に使おう

    テニスの痙攣と言えば、脚。真夏の試合では、しっかりケアしていて…

特集記事

  1. テニス 環境

    メンタル

    「試合に勝てる選手」になりたければ、テニスが上達すること、環境が変わっていくこと…
  2. テニス ラケット

    ストローク

    ストロークでしっかり伸びを出したいなら、「自分が打つときにラケットのしなり」を感…
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    「パートナーのセカンドサーブが弱くて、ポーチに出れない」なんて人は、ダブルスをプ…
  4. テニス メンタル

    シングルス

    格上相手に、なぜ序盤が大事なのか?
  5. メンタル

    タイブレークは、チェンジコートを節目に考えよう
PAGE TOP