テニス メンタル

その他

相手や周りを「褒めること」が出来る人は、きっとテニスも早く上達していく

みなさんの周りにも、いつも人が集まって、テニスも含めて色々なことが「良い循環」で回っている人、いると思います。

最近私も意識してるんですが、なるべく人を「褒める」こと。

毎回厳しい内容の記事を更新しているので、何だか不思議に思う方もいると思いますが、この「褒め上手」って大事だと思うんです。

そしてそれは、きっと自分自身のテニスの成長にもつながっていくことでしょう。

 

相手や周りを「褒めること」が出来る人は、きっとテニスも早く上達していく

 

1.褒める為には、意識して知ろうとしないといけない

テニスの試合で、対戦相手を知ろうとして必死に観察する。

でも、それはいきなり試合の現場でやろうと思ったって、無理です。

普段の生活、練習の中からまずは身近な人に興味関心を持って接する、ことが大事。

試合だってその延長線上にあるんです。

普段から、みなさんの周りの人を観察して、褒める場所を探してみる。

いや、ちょっとしたことで良いんですよ。

「気が利くね」とか、「字がキレイですね」とか、ちょっと恥ずかしいですけどね。

褒めようという意識があると、自然と観察も楽しくなる。

楽しいこと、じゃないと人は続かないですからね。

 

2.褒められて嫌な人はいない

だからこそ、アナタの周りにも人が集まるようになる。

誰だって、嬉しいじゃないですか、小さいことを褒められると。

そうなると何が起きるか・・・まず、人が集まれば情報が集まり、テニスの仲間も拡がっていく。

試合でしか対戦出来ないような相手、と練習出来るようになるかもしれない。

それから、自分自身も「褒めてもらえる」ような機会が増えますよね。

そうなると、人から見た自分、も知ることが出来る。

小さい自信を積み重ねることが出来る。

すごく小さいことのようですが、この「褒める」というアクションからアナタ自身の波、が変わっていくと思いますよ。

 

3.小さい変化が大きな変化を生んでいく

私の好きな言葉に、「小事が大事を生む」というのがあります。

野村克也さんの言葉ですが、小さいことからいつも、大きなことは生まれ、波となって回り出す、ということ。

誰か一人を褒めてみる、ということで、実はアナタ自身のテニスの波も大きく変わっていくと私は思いますよ。

練習を頑張る、地道なトレーニングも大事。

ですが、本当にテニスを強くなろうと思ったら、コミュニケーションを変えていかないと実は厳しい。

テニスは、人と人の間にあるスポーツ。

だからこそ、そのネットワークや観察力、が問われていく競技なんです。

 

4.最初は恥ずかしいですけど、気持ち良いものですよ

誰かを叱る、悪く言うより全然良いじゃないですか。

ちょっと恥ずかしいけど、そんなにパワーは使わない。

でも、いつもいつも褒めまくっていると、それはそれで「本当かよ」となりますから。

2週間に1回、くらいで良いんじゃないでしょうか。

2週間に1回は、何か周りの人の新しいところを見つける。

それも、良いところを。

こうやって考えて日々過ごすだけで、アナタのメンタルも穏やかに、気持ち良く過ごせると思いますよ。

 

人の良いところを褒めるって、恥ずかしいけど大事なことです。

それも、上辺だけ、じゃなくてですよ。

本気でしっかり、伝えようとしてみる。

この意識、ぜひ持ってみて下さい。

間違いなく、世界が変わると思います。

ピックアップ記事

  1. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  4. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    ボールを打っている時は、無表情で無愛想でも良い

    これは、要は自分次第です。私は、少し笑顔、なくらいが緊張感が解…

  2. テニス シングルス

    その他

    テニスの試合で「打つコースがバレバレ」になってしまう人の特徴4つ

    良いコースにストロークやボレーを打っても、相手が先回りしていて反撃され…

  3. テニス メンタル

    その他

    私から、「試合に出ているテニスの上級者の方」にお願いしたいことについて

    今月は山中湖、白子のでの大会を観戦する機会があり、私なりに感じることが…

  4. テニス リターン
  5. テニス ボレー

    その他

    優秀な学生ほど、なぜテニスに伸び悩むのか?

    皆さんの周り、もしかしたら皆さん自身が、こうなってはいませんか?…

  6. テニス サイト

    その他

    会場に着いたらざっと確認したい、「テニスの試合で必要な準備」7つ

    テニスの試合、会場に着いたら一気に緊張感が高まりますよね。周り…

特集記事

  1. 戦術

    攻守の集中力、逆にしてみない?
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で負けることは恥ずかしくない、だけど「負けを受け入れられない人」は恥…
  3. ダブルス

    「打つところが無い」なら、作れば良い
  4. テニス メンタル

    サーブ

    セカンドサーブは安全に、が通用するのは3回戦まで
  5. 戦術

    テニスの基本戦術5つ
PAGE TOP