テニス ボレー

リターン

フォアハンドリターンが安定しない人は、フォロースルーを極端に短くしてみよう

リターンでミスが多いときって、以外とフォアハンドのミスが多い。

このミスは、ある工夫で確実に減らせます。

ミスを減らすポイントは、フォロースルー。

これを小さくしていくこと、に集中すれば、実はリターンは試合の現場でも改善出来る。

ダブルスでもシングルスでも、効果的なコツをお伝えします。

 

フォアハンドリターンが安定しない人は、フォロースルーを極端に短くしてみよう

 

1.フォロースルーを短くする、とは?

これがつまり、コンパクトにするということ。

ラケットが当たって、その後にパッと構え直す。

フォロースルーが長いと、ラケットは背中まで到達しますよね。

もちろん、これくらい大きく振るのが必要な場面もあります。

でも、リターンという場面に絞ると・・・出来るだけ、打点を正確に、ボールを当たり損なわないように捕えたい。

だからこそ、コンパクトなスウィングにしていかないといけないんです。

フォアハンドを打ったらすぐに、打ち終わる。

つまりは、片手でフォアハンドを打っている人は、ラケットを持っていない腕ですぐにスロート部分を掴んでしまう。

打った瞬間にラケットを止める、くらいの意識でちょうど良いでしょう。

 

2.振り幅が小さければ、当たり損ないが減る

リターンミスって、ほとんどがラケットの当たり損ない、です。

真ん中でボールを捕らえることが出来ないから、ミスになる。

これを減らすには、そもそものラケットの振り幅を小さくして、狙いを定めること。

速いボール、サーブに対しては、特にこの意識は大事です。

小さい振り幅で、打点を丁寧に作ること。

まずはリターン、特に自由に打てるようなフォアハンドのリターンはしっかり意識していくことが大事です。

 

3.パワーは下半身の踏み込みで

ただ、弱々しいリターンでは、次から反撃されて終わり、ですね。

リターンでも、しっかりと威力は持った状態で相手コートに返球したい。

その救世主は、下半身です。

ラケットの振り幅は小さくても、下半身からぶつけていくようなイメージは大事。

前に踏み込んで、自分からボールに向かっていく。

突っ込むんじゃなくて、迎えに行くイメージで。

自分の腰をボールにぶつけにいく、くらいのイメージでぜひ下半身から動かしていきましょう。

ただし、繰り返しますがラケットの動作はシンプルに。

これがフォアハンドリターンの基本です。

 

4.ダブルスの試合、サーブ&ボレーの足元に丁寧に沈める感じで

コンパクトな振り幅、でフォアハンドが打てるようになると、並行陣対策にもなる。

リターンを相手の足元に打つ、ことがすごく楽になるはずです。

しかも相手はボレーヤーですからね、構え直しが遅いと致命的ですが、この形ならすぐに構え直せる。

すごくボレーヤー相手にも、攻撃的になれるんですよ。

打ってすぐに、ラケットのスロート部分を掴む。

リラックス出来て、構えることが出来る。

コツは、これだけです。

 

5.フォアハンドこそ、シンプルにしていこう

試合の中で、これは大事です。

ほとんどの方が、崩れていくのは・・・実はフォアハンドから、なんです。

それもリターン。

自由に打てる、ついテイクバックが大きくなったり、遅くなったり、それから力が入ったり・・・。

男性の方は、特に試合で注意しましょう。

むしろフォアハンドは、意図的に丁寧に入る、調子が上がるまではシンプルに、小さく打つ、くらいで良いでしょう。

それが勝てる試合、を作っていく下準備になるはずです。

 

フォアハンドのリターン、これが試合の大きな鍵になる。

間違い無いですね・・・シングルスでもダブルスでも。

強打よりも、必要なのは丁寧なコントロールと、当たり損ないを減らすこと。

片手フォアハンドの方は、ラケットを持っていない方の腕、の使い方がポイントですよ。

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  3. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…

関連記事

  1. リターン

    ベテランプレイヤーに多い、アンダースピンサーブを侮ってはいけない

    もし学生や20代のみなさん、の読者の方がいたら、将来的にはこれと戦うと…

  2. テニス ストローク

    リターン

    リターン時の身体の向きは、少しだけコートの内側向きに

    リターンをしっかり、返球したい。そう考えると、しっかり身体の向…

  3. リターン

    相手のサーブ攻略、意外と簡単です

    相手のサーブが返せないと、どんどん落ち込んでしまいますよね。シ…

  4. リターン

    相手が並行陣、さぁどうする?

    試合で、相手がネットに出てプレッシャーをかけて来る。そこで、…

  5. リターン

    余裕が無い時のリターン、意識したい5つのポイント

    相手のサーブが速い、コースも良い。そんな余裕が無いときに、どう…

  6. テニス サーブ

    リターン

    ビッグサーバー相手に、「少ないチャンスをモノにする」ために必要な戦略5つ

    テニスの試合、錦織選手の戦い方を観ていると面白いのはリターンゲーム。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスでこそ使える!ドライブボレーの活用法5つ
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ベースラインからのストローク展開で、「ライジングショットがなぜ必要なのか?」を改…
  3. テニス テイクバック

    ストローク

    現代テニスでは、「ジャックナイフ式バックハンド」は打てないと弱点になる、くらいの…
  4. ストローク

    鋭く足下に沈む攻撃的なストロークは、「軌道の頂点がネット手前」に設定されている
  5. ダブルス

    意志は大胆な行動で、見せる
PAGE TOP