リターン

余裕が無い時のリターン、意識したい5つのポイント

相手のサーブが速い、コースも良い。

そんな余裕が無いときに、どうやってブレイクの足掛かりを作っていくのか。

このポイント、しっかり真剣に考えておかないと、3回戦以上を勝ち抜くことは難しいでしょう。

女性の試合でも、速いサーブは来るもの。

余裕が無い時に、自分でどんなリターンが出来るのかを考えておきましょう。

 

余裕が無い時のリターン、意識したい5つのポイント

 


 

1.ケアするコースを絞る

相手の速いサーブは、どこに入るのか。

基本は、センターにしか速いサーブは入り辛いのがテニスです。

ワイドなら、回転系のサーブが増える。

相手によって、速いサーブが入るコースには特徴があるはず。

まず、その速いサーブがよく入るコースをケアして、つぶしておきましょう。

相手の打つ前に動いても良い、とにかく先回り。

触れる場所で待つこと、がリターンの基本です。

 

2.ボレーのグリップでスライスリターン

これも、速いサーブへの対応策の基本。

しっかり、ボレーの感覚で相手のサーブをまずは触って返す。

ロブでも良い、とにかく、振ってしまう癖をグリップから変えてみましょう。

スライスリターンなんて、ちょっとダサい・・・と思っている男性の方も多いと思いますが、まず返せないと自分に余裕が生まれない。

強引なリターンだけ、だと相手を楽にさせていくだけですよ。

 

3.テイクバックを小さくする

リターンが安定しない時には、テイクバックを小さくする。

私も試合では、「後ろを小さく!」と自分に声をかける。

そして、肘の位置が後ろにいかないように、しっかり意識する。

これだけで、かなりコンパクトなリターンになって、安定感が増すでしょう。

余裕が無いのに、自分で更に余裕を無くしてしまうのはテイクバックが大きいから。

相手のファーストサーブでは、本当に致命的な問題になりかねないのです。

 

4.相手前衛を、気にしない

ダブルスの試合では、相手の前衛も厄介な存在。

リターンで余裕が無いのに、更に相手の前衛までケアするとなると・・・難しいですよね。

まずは、気にしないこと。

相手前衛に触られてもOK、気にしないで、まずは相手コートに返さないと何も始まらないですから。

とにかく気にしないで、自分のリターンに集中する。

だんだん入るようになってきてから、相手の前衛対策は練っていきましょう。

 

5.リターン後のパターンを決めておく

リターンに余裕が無い時には、あえてこれを大事にして欲しい。

「リターンの後、どうするのか?」を決めておく。

これが決まっていないから、リターンの余裕も無くなっていくんです。

返すのが精いっぱいだったら、何とか返球して下がる、のでも良いと思います。

リターンから思いきって前に出る、のも有りでしょう。

リターンに集中する為にも、しっかりその後の流れを確認しておくこと。

これが、アナタ自身の余裕にもつながっていくはずです。

 

リターンで余裕が無い人は、なかなか試合でもリズムに乗れない。

相手のサーブが良いと、焦りも生まれて来ますからね。

でも、そういう相手を倒してこそ、のテニスですから。

ぜひ、たくさんの手立てを持って試合の臨みましょう。

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  3. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. メルマガ配信、登録を開始します!

関連記事

  1. リターン

    リターンダッシュから前に詰めて、どうする?

    リターンダッシュ、を試合で使っていきたいというみなさん。あくま…

  2. テニス ストローク

    リターン

    シングルスの試合での30-40での攻撃的なリターンは、得意な形を!

    具体的なシチュエーションを、試合前に想像しておく。そのポイント…

  3. テニス ストローク

    リターン

    ミックスダブルスで、スライスのリターンが有効なコース5つ

    ミックスダブルスで、有効なリターン。それは、スライスを上手く使…

  4. テニス ストローク

    リターン

    リターンの超基本、「足を前後で半身の体制」を多くの選手が取り入れる理由とは?

    リターンのこだわりは皆さんそれぞれあると思いますが、トッププロ選手の多…

  5. テニス ボレー

    リターン

    フォアハンドリターンが安定しない人は、フォロースルーを極端に短くしてみよう

    リターンでミスが多いときって、以外とフォアハンドのミスが多い。…

  6. テニス シングルス

    リターン

    デュースサイドを手堅く、アドバンテージサイドで冒険

    これは、私がシングルスの試合で考えていること。リターンをずっと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    安定したセカンドサーブを打つには、「〇〇の基本」を確認
  2. テニス ストローク

    戦術

    よし、いける!と相手に思わせて、罠にはめよう
  3. テニス メンタル

    ボレー

    片手バックハンドボレーで、パンチ力が欲しいなら?
  4. テニススクール

    曖昧なアドバイスは、人を不安にしかしない
  5. メンタル

    「順調に試合を運べていると感じたら、危ない」試合を勝ち切れない人は、最後の最後に…
PAGE TOP