テニス ダブルス

リターン

ターンして戻さない、が速いサーブをリターンするコツ

相手のサーブが速い時、それだけでプレッシャーになりますよね。

でも、コツをしっかり意識すれば大丈夫。

大振りしない、のはもちろんですが、もっと身体を閉じる、コンパクトにするコツ、が必要でしょう。

男子ダブルス、なんかでは必須のテクニックだと思いますよ。

 

ターンして戻さない、が速いサーブをリターンするコツ

 


 

1.速いサーブ、こそ向かっていこう!

まずこれが大原則。

下がって打つ、ことで返球出来るサーブもありますが、それはただ速いだけのサーブ。

上のレベルになれば、速い且つコーナーを突いてくるサーブがほとんどですよね。

そうなると、下がっても触れない。

前に入る、踏み込んでいくことがまず大事。

その上で、今回のコツを意識してみて欲しいんです。

サーブに力があるなら、その向きを変えるだけ。

身体を閉じて、コンパクトに打つことに集中しましょう。

 

2.身体を45度ターンして、そのままで終わる

ストロークなら、ひねって戻す。

この動作が入りますよね。

リターンなら、それを戻さない、くらいの意識で良いと思います。

フォアかバックかで身体を45度ターンさせて、そのまま打ち終わる。

このターンを、戻そうと思うと上手くいかないんですよ。

打点がぶれるし、コントロールが難しい。

ターンした身体で前に踏み込んで、ラケットは縦に少し動かすだけ。

力は、前に入っていく身体全体で伝える、感じで良いでしょう。

 

3.ボールを飛ばさないといけない、というプレッシャーは必要無い

どうしても、これで力が入ってしまいます。

「強くい打たないといけない!」と思うから、強打してしまう、テイクバックが大きくなてしまう。

それだと上手くいかないですから。

追い詰められる必要、全くありません。

ラケットを振らない、ターンしたままの身体でも、大丈夫。

なぜなら、しっかり前に入る力、がアナタ自身の身体で伝わるからです。

ボールは充分に、前に入る力で飛んでくれる。

コントロールに徹するだけ、で充分なんです。

 

4.ターンしたままで終われば、打点に顔が残る

これが、私の中で一番のコツ。

顔を残すリターン、にしたければ、ターンを戻さないこと。

相手コートは、横目で少し見えるくらい。

リターンした瞬間は、相手を見ない。

それくらいの意識、じゃないと身体が前を向いてしまいますからね。

プロ選手のリターンも、非常にシンプルですし顔が残っている。

そうじゃないと、速いサーブをラケットの真ん中に当てること、難しいですからね。

 

つい、力んで振りたくなるリターン。

力は、ラケットではなく前に入る身体全体、で伝えていくイメージでいきましょう。

ダブルスのリターン、としてすごく使えるコツだと思いますよ。

ぜひ、練習から意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  3. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  4. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について

関連記事

  1. テニス 前衛

    リターン

    ダブルスの試合で、前衛にポーチに出られたくなければ「眼」を積極的に合わせにいこう

    ダブルスの試合、リターンで何が嫌って・・・相手前衛のポーチ、ですよね。…

  2. テニス ストローク

    リターン

    シングルスの試合での30-40での攻撃的なリターンは、得意な形を用意しておこう!

    具体的なシチュエーションを、試合前に想像しておく。そのポイント…

  3. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスで自分のリターンが浮いてしまう人は、「低い目線をキープする」ことを意識すると改善出来る

    ダブルスの試合では、シングルスと違いリターンに「低さ」が求められます。…

  4. テニス リターン

    リターン

    ダブルスの試合でのリターン、勝負どころでは「相手の前衛は、いない」ものと考えよう

    これは私が普段、試合で使っているちょっとしたアイデア、です。ダ…

  5. テニス ガスケ

    リターン

    ボールをよく見る、とは、「ボールに書いてある文字を読む」くらいのつもりで

    リターンでボールをよく見ること。大事ですね。でも、これ…

  6. テニス 居場所

    リターン

    サーブがなかなか入らない相手ほど、実はリターンは難しい

    何となく相手のサーブが調子悪そうなのに、ブレイク出来ない。こう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 練習

    練習メニュー

    ボレー対ボレーのラリーの中で、ロブボレーを混ぜて攻撃する為の練習メニュー
  2. テニス 客観視

    リターン

    ダブルスの試合では、「相手がクロスにしかリターン出来ない場面」を考えよう
  3. ストローク

    「ボールを飛ばす力」テニスの基本パワーは下半身から
  4. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合は、皆さんも経験してきた「定期テスト」に似てると思う
  5. ダブルス

    繰り返しますが、アナタのダブルスに必要なのは大胆さ、です
PAGE TOP