テニス ダブルス

リターン

ターンして戻さない、が速いサーブをリターンするコツ

相手のサーブが速い時、それだけでプレッシャーになりますよね。

でも、コツをしっかり意識すれば大丈夫。

大振りしない、のはもちろんですが、もっと身体を閉じる、コンパクトにするコツ、が必要でしょう。

男子ダブルス、なんかでは必須のテクニックだと思いますよ。

 

ターンして戻さない、が速いサーブをリターンするコツ

 


 

1.速いサーブ、こそ向かっていこう!

まずこれが大原則。

下がって打つ、ことで返球出来るサーブもありますが、それはただ速いだけのサーブ。

上のレベルになれば、速い且つコーナーを突いてくるサーブがほとんどですよね。

そうなると、下がっても触れない。

前に入る、踏み込んでいくことがまず大事。

その上で、今回のコツを意識してみて欲しいんです。

サーブに力があるなら、その向きを変えるだけ。

身体を閉じて、コンパクトに打つことに集中しましょう。

 

2.身体を45度ターンして、そのままで終わる

ストロークなら、ひねって戻す。

この動作が入りますよね。

リターンなら、それを戻さない、くらいの意識で良いと思います。

フォアかバックかで身体を45度ターンさせて、そのまま打ち終わる。

このターンを、戻そうと思うと上手くいかないんですよ。

打点がぶれるし、コントロールが難しい。

ターンした身体で前に踏み込んで、ラケットは縦に少し動かすだけ。

力は、前に入っていく身体全体で伝える、感じで良いでしょう。

 

3.ボールを飛ばさないといけない、というプレッシャーは必要無い

どうしても、これで力が入ってしまいます。

「強くい打たないといけない!」と思うから、強打してしまう、テイクバックが大きくなてしまう。

それだと上手くいかないですから。

追い詰められる必要、全くありません。

ラケットを振らない、ターンしたままの身体でも、大丈夫。

なぜなら、しっかり前に入る力、がアナタ自身の身体で伝わるからです。

ボールは充分に、前に入る力で飛んでくれる。

コントロールに徹するだけ、で充分なんです。

 

4.ターンしたままで終われば、打点に顔が残る

これが、私の中で一番のコツ。

顔を残すリターン、にしたければ、ターンを戻さないこと。

相手コートは、横目で少し見えるくらい。

リターンした瞬間は、相手を見ない。

それくらいの意識、じゃないと身体が前を向いてしまいますからね。

プロ選手のリターンも、非常にシンプルですし顔が残っている。

そうじゃないと、速いサーブをラケットの真ん中に当てること、難しいですからね。

 

つい、力んで振りたくなるリターン。

力は、ラケットではなく前に入る身体全体、で伝えていくイメージでいきましょう。

ダブルスのリターン、としてすごく使えるコツだと思いますよ。

ぜひ、練習から意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  2. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  3. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!

関連記事

  1. テニス メンタル

    リターン

    相手のサーブの本質を、を見抜こう

    試合の中で、リターンゲーム。テニスの試合は、必ずサーブかリター…

  2. テニス ストローク

    リターン

    試合前のサーブ練習こそ、本番のリターン練習である

    試合前のサービス練習。よくあるのが、4本だけ打って試合開始、と…

  3. リターン

    リターンミスが多い時は、相手を見ないでコンパクトに

    リターンが安定しないとき、きっと相手を意識し過ぎていることが多いはず。…

  4. テニス ストローク

    リターン

    シングルスの試合での30-40での攻撃的なリターンは、得意な形を!

    具体的なシチュエーションを、試合前に想像しておく。そのポイント…

  5. テニス スマッシュ

    リターン

    セカンドリターン、という発想がすごく楽にさせてくれる

    試合の中で、リターンが入らないと落ち込んでしまう。まず返したい…

  6. リターン

    リターンの時に「動いた前衛」が目に入っても、やることは変わらない

    ダブルスの試合の中で、リターンのその瞬間。相手の前衛が動いてき…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ミス

    ストローク

    テニスの試合、強い相手と対戦するときほど、「ラリーを避けよう」と考えてはいけない…
  2. テニス メンタル

    テニススクール

    コーチや先輩に「本音」を伝えられなければ、アナタのテニスは変わらない
  3. テニス コントロール

    テニス知識

    ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. テニス サーブ

    リターン

    シングルスの試合で、「リターンゲームこそネットプレーを入れていきたい」4つの理由…
  5. テニス ボレー

    戦術

    団体戦の悪い流れを止める!5つの定番プレー
PAGE TOP