リターン

リターンで調子が良い時ほど、突っ込まないことが大事

リターンは、前に、前に。

これが基本ですが、あくまでポジションを前にということで、突っ込んだりしないように。

特に、調子が良い時ですね。

「早くボールに触りたい!」と思えば思うほど、何かが崩れていきます。

 

リターンで調子が良い時ほど、突っ込まないことが大事

 


 

1.足が残って、身体が前・・・?

になると、大抵上手くいきません。

私も試合で、上半身が突っ込んだようなリターンになると、まず入らない。

基本は、足から。

足からしっかり動いて、頭から突っ込むことをしない、抑える。

この意識って、大事ですよ。

調子が良い試合ほど、「早く打ちたい!」となってしまいますからね。

 

2.高い打点を!と、焦ってはいけない

気持ちは分かります。

男性のキックサーブを、前で触らないとどんどん跳ねる、だから前で打ちたい。

でも、だったら最初から前に入ること。

相手が打って、反応で勝負しようとしているから、上半身が突っ込んでしまう。

これでは、相手のサーブを良いリターンで返すことは出来ません。

高い打点で打ちたければ、最初から前に入る。

相手が打ってから動く、と大抵突っ込んだ感じのリターンになります。

 

3.「引き付ける」意識が大事

リターンで、相手のボールを引き付ける。

自分が打てる間、ポイントまで待つということ。

これが出来れば、もう相手のサーブは攻略出来たようなモノ、です。

セカンドサーブでも、しっかり引き付けてコースを隠す。

難しいと感じるかも知れませんが、相手のサーブはそう種類は多くないはず。

的確に予測して、しっかり落ち着いて待てれば大丈夫。

試合の緊張した場面でも、リターンミスを減らせますよ。

 

4.ラケットの中心に当てる意識で

リターンは、少しの当たり損ないが怖い。

ラケットが弾かれて、ボールがコントロール出来ません。

逆に、しっかりとボールをラケットの芯でとらえることが出来れば、良いボールが返る。

リターンで当たり損ないを減らす努力、出来てますか?

身体が突っ込まないようにすれば、自然と打点に顔が残る。

そうすれば、速いサーブでもそう当たり損ない、にならないですよ。

調子が良い時ほど、落ち着いて、引き付ける。

この意識があれば、アナタはまだまだリターン力を向上出来ます。

 

リターンミス、結構この突っ込んでるパターンが多いです。

調子が良くても、リターンから流れが変わっていく試合、テニスではたくさんありますからね。

突っ込んでいる自分に気付けば、変えていける。

ぜひ、意識して練習してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. リターン

    相手のセカンドサーブ、ならリターン側の前衛はしっかり前に詰めよう

    ちょっとしたことですが、試合でやれば効果大。ダブルスの試合のリ…

  2. テニス リターン

    リターン

    リターンミスが多い人は、〇〇だけ意識しよう

    リターンが安定しない人は、フットワークがちょっとおかしい。普通…

  3. テニス ストローク

    リターン

    リターンの超基本、「足を前後で半身の体制」を多くの選手が取り入れる理由とは?

    リターンのこだわりは皆さんそれぞれあると思いますが、トッププロ選手の多…

  4. テニス サーブ

    リターン

    テニスの試合の現場では、「振り遅れてエース」になった時こそ堂々としていよう

    「やばっ!」と思ったら、良いところに入った。リターンとか、結構…

  5. テニス ミス

    リターン

    テニスの試合で、「リターンのネットミスはもったいない!」すぐに改善できる4つの方法

    テニスの試合、流れが変わりやすい場面ってどんなときでしょうか?…

  6. リターン

    リターンは脇を締めるから、素早いターンが出来て安定する

    リターンの精度を上げていくこと、みなさんも課題の一つだと思います。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 陸上

    練習メニュー

    テニスにおいて部活や練習、試合を「消化している」ような感覚に陥ってはいないか?
  2. テニス 環境

    メンタル

    「試合に勝てる選手」になりたければ、テニスが上達すること、環境が変わっていくこと…
  3. テニス メンタル

    戦術

    自分というテニス選手を、「監督と選手」に分けて考えてみよう
  4. テニス メンタル

    戦術

    自分のミスが多くなる予兆を知っておけば、試合で大崩れすることは少ない
  5. 戦術

    攻めたミスは気にしない、を本気で意識しよう
PAGE TOP