テニス ストローク

リターン

両手バックハンドリターン、ラケット面は上向きで打ち終わろう

両手バックハンドリターン、を打つ選手のみなさん。

このリターン、しっかり試合で武器に出来ていますか?

特にダブルスをプレーする選手の方は、ぜひ武器にして欲しい。

相手がサーブでバックハンドを狙って来る、そのときにしっかり守備だけでなく攻撃が出来る。

今回は、両手打ちの特性を活かして、しっかり攻撃的に打てるコツをご紹介します。

 

両手バックハンドリターン、ラケット面は上向きで打ち終わろう

 

1.ラケット面を上向き、で打ち終わろう

みなさん、リターンを打った後、ラケット面はどうなってますか?

私は片手打ちですが、両手打ちの方はこの部分をチェックして欲しい。

しっかりと、ラケット面を上向き、で終わって欲しいんです。

打った後のフォロースルーは短く、打った面が上を向いて顔の前くらいにラケットが来る。

このイメージで、小さく振っていくことが大事です。

「でも、ラケット面を上に向けると・・・上に飛ばない?」と思いますよね。

ポイントは、インパクト面です。

 

2.インパクト面では、コートと垂直で良い

ボールを打つ瞬間は、地面と垂直。

まっすぐ後ろからとらえて・・・コツはその後。

少しだけ上向きに、ラケットを前に押し出していく。

これが出来ると、下から上の動きも加わって良いスピン回転がかかるんです。

スピンをかけようとして、ラケット面を被せるようなリターンは危険。

しっかり厚い当たり、垂直にインパクト面を作って、その後上に向けて抜いていく。

この感覚、ぜひ練習してみて下さい。

 

3.ネットミスは各段に減るはず

まず、ネットはしなくなるでしょう。

多少アウトする、リターンが増えるくらいの気持ちで良いですよ。

打点を腰より高い位置で確保出来るように、しっかり前に入ってこのコツ、で打てば大丈夫。

実際には、良いスピン回転がかかると思います。

右利きの方は、左手の手のひらを少し上に向けていく、感じで打てるとラケット面を感じながら回転をかけることが出来る。

ネットミスは減るだけで、高リターンの確率は各段に上がりますよ。

 

4.しっかり腕を、前に出していこう

このコツ、を使う上で意識して欲しいこと。

両腕を、しっかり前に出していく。

この姿勢がすごく大事なんです。

前に出していきながら、ラケット面を上に向けていく。

打ったラケット面が上を向いている限り、深さと高さが出ますからね。

特に、利き腕では無い方の腕、ですね。

右利きの方なら、左腕を思い切って前に出していきましょう。

 

5.ラケットを高い位置でフィニッシュ、こそ良いリターンの証

錦織選手のバックハンドリターンもそうでしたが、すごく高い位置でラケットがフィニッシュする。

腕が顔の前、にくるぐらい、しっかり下から上方向に出していく意識、大事ですよね。

まだまだみなさん、緩いサーブを待って落として、打点を低くしている。

これって、非常にもったいないこと。

攻撃出来るリターンのチャンス、ですからね。

ラケットを高い位置で終わる、ラケット面上向き、両手バックハンドリターンのコツはこれだけです。

しっかり前に入って、打っていきましょう!

 

両手バックハンドリターンは、必ず武器に出来るはず。

片手バックハンドですと、ここまでラケット面を上に向けた厚い当たりは打てませんからね・・・両手の特権、です。

厚い当たりで回転量も多く、安定感もある。

そんなリターンを、ぜひ試合で打っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  2. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  4. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  5. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します

関連記事

  1. テニス 目

    リターン

    「睨みを利かせる」ことで、ポーチ予防になる!

    ダブルスの試合で、相手の前衛がどんどん動いて来る。当然、こうい…

  2. テニス ガスケ

    リターン

    セカンドサーブを叩くこと、がファーストサーブの力を削ぐことにつながる

    相手のサーブがなかなか攻略出来ないとき。まず大事なことって、何…

  3. リターン

    相手の深いサーブを返す、5つの基本

    試合の中で、相手のサーブが深い。こういう時に、どう打開策を見…

  4. テニス ストローク

    リターン

    シングルスの試合でのリターン、で有効な考え方5つ

    シングルスの試合での、リターンのコースや作戦。みなさんどうでし…

  5. テニス ロブ

    リターン

    テニスのダブルスの試合で必要な、「リターンをシンプルにストレート方向へ流す」ためのコツ4つ

    ダブルスの試合では、上のレベルになればなるほど、前衛のポーチが激しくな…

  6. テニス ロブ

    リターン

    下がってリターンすれば、大きく打てるメリットもある

    リターンの基本は、前に踏み込むこと。でも、全仏オープンの試合を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ミス

    戦術

    午後のテニスの試合、は実は要注意な件
  2. テニス ストローク

    メンタル

    「全ての深いボールは入って来る!」で、アナタのメンタルは鍛えられます
  3. スマッシュ

    「高い軌道のロブは、落ち着いてワンバウンド」させてグランドスマッシュで打ち抜く為…
  4. テニス ダブルス

    ストローク

    ダブルスの試合、「雁行陣で前衛が抜かれてチェンジ」するなら、後衛はできるだけ回り…
  5. テニス ダブルス

    リターン

    リターンは踏み込みながら、壁を作ってストレートへ
PAGE TOP