テニス ストローク

リターン

両手バックハンドリターン、ラケット面は上向きで打ち終わろう

両手バックハンドリターン、を打つ選手のみなさん。

このリターン、しっかり試合で武器に出来ていますか?

特にダブルスをプレーする選手の方は、ぜひ武器にして欲しい。

相手がサーブでバックハンドを狙って来る、そのときにしっかり守備だけでなく攻撃が出来る。

今回は、両手打ちの特性を活かして、しっかり攻撃的に打てるコツをご紹介します。

 

両手バックハンドリターン、ラケット面は上向きで打ち終わろう

 

1.ラケット面を上向き、で打ち終わろう

みなさん、リターンを打った後、ラケット面はどうなってますか?

私は片手打ちですが、両手打ちの方はこの部分をチェックして欲しい。

しっかりと、ラケット面を上向き、で終わって欲しいんです。

打った後のフォロースルーは短く、打った面が上を向いて顔の前くらいにラケットが来る。

このイメージで、小さく振っていくことが大事です。

「でも、ラケット面を上に向けると・・・上に飛ばない?」と思いますよね。

ポイントは、インパクト面です。

 

2.インパクト面では、コートと垂直で良い

ボールを打つ瞬間は、地面と垂直。

まっすぐ後ろからとらえて・・・コツはその後。

少しだけ上向きに、ラケットを前に押し出していく。

これが出来ると、下から上の動きも加わって良いスピン回転がかかるんです。

スピンをかけようとして、ラケット面を被せるようなリターンは危険。

しっかり厚い当たり、垂直にインパクト面を作って、その後上に向けて抜いていく。

この感覚、ぜひ練習してみて下さい。

 

3.ネットミスは各段に減るはず

まず、ネットはしなくなるでしょう。

多少アウトする、リターンが増えるくらいの気持ちで良いですよ。

打点を腰より高い位置で確保出来るように、しっかり前に入ってこのコツ、で打てば大丈夫。

実際には、良いスピン回転がかかると思います。

右利きの方は、左手の手のひらを少し上に向けていく、感じで打てるとラケット面を感じながら回転をかけることが出来る。

ネットミスは減るだけで、高リターンの確率は各段に上がりますよ。

 

4.しっかり腕を、前に出していこう

このコツ、を使う上で意識して欲しいこと。

両腕を、しっかり前に出していく。

この姿勢がすごく大事なんです。

前に出していきながら、ラケット面を上に向けていく。

打ったラケット面が上を向いている限り、深さと高さが出ますからね。

特に、利き腕では無い方の腕、ですね。

右利きの方なら、左腕を思い切って前に出していきましょう。

 

5.ラケットを高い位置でフィニッシュ、こそ良いリターンの証

錦織選手のバックハンドリターンもそうでしたが、すごく高い位置でラケットがフィニッシュする。

腕が顔の前、にくるぐらい、しっかり下から上方向に出していく意識、大事ですよね。

まだまだみなさん、緩いサーブを待って落として、打点を低くしている。

これって、非常にもったいないこと。

攻撃出来るリターンのチャンス、ですからね。

ラケットを高い位置で終わる、ラケット面上向き、両手バックハンドリターンのコツはこれだけです。

しっかり前に入って、打っていきましょう!

 

両手バックハンドリターンは、必ず武器に出来るはず。

片手バックハンドですと、ここまでラケット面を上に向けた厚い当たりは打てませんからね・・・両手の特権、です。

厚い当たりで回転量も多く、安定感もある。

そんなリターンを、ぜひ試合で打っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  2. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  3. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  4. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. テニス ダブルス

    リターン

    「ミックスダブルスの試合で効果的!」リターンからのドロップショットで女性サーブを崩していく方法

    学生の方は試合する機会が少ないかも知れませんが、社会人になると増えるの…

  2. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスの試合で重要な、「リターンからのストレートアタック」は、しっかり事前にパートナーと打ち合わせ…

    ダブルスの試合に出始めたペアの方は、まず攻撃のパターンを増やしていかな…

  3. テニス ストローク

    リターン

    片手バックハンドのリターンは、ココを意識すると上手くいく!

    バックハンドを片手にしてみたいけど、問題があって・・・。そう、…

  4. テニス ミス

    リターン

    1セットマッチ、1ブレイクでOK

    私たちの試合、ほとんどは1セットマッチ。たまに3セットマッチ、…

  5. テニス ストローク

    リターン

    ブロック技術は、「ただラケットを合わせて当てるだけ」だとコントロール出来ない

    相手のショットが強力なとき、なかなかしっかりスウィング出来ないような場…

  6. テニス ストローク

    リターン

    シングルスの試合でのリターン、で有効な考え方5つ

    シングルスの試合での、リターンのコースや作戦。みなさんどうでし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    見せかけIフォーメーション、効果は絶大
  2. メンタル

    行動を興すのに、理由は要らない
  3. テニス ストローク

    フットワーク

    カウンターテニスの基本は、下がることじゃなくて要所で「前に入る」ことで強くなれる…
  4. テニス 指導

    戦術

    テニスの試合前にエネルギーを溜めて挑む、ために必要な準備7つ
  5. テニス 気付き

    その他

    テニスの試合力は、「アルバイトでも鍛えられる!」部活やサークルとの両立は、オスス…
PAGE TOP