テニス リターン

リターン

「リターンをいつもふかしてしまう人」は、横向き抑えが足りず打球フラットになっている可能性大

試合において、リターンは重要。

これが入らないと、ラリーに持ち込めずに淡泊な試合になってしまいます。

リターンに苦手意識がある人は、ストロークとの違いを意識し過ぎて特殊なフォームになっているかも知れません。

今一度、基本となる部分を見直してみませんか?

 

「リターンをいつもふかしてしまう人」は、横向き抑えが足りず打球フラットになっている可能性大

 


 

■リターンでもストロークの基本は変わらない

特別な意識は必要ありません。

むしろサービスライン手前に入る、浅いストロークくらいに思っておくと攻撃的になれるでしょう。

共通する基本は、横向きでしっかり縦回転をかけること。

スピン、またはスライスを予めしっかり決めて返球のイメージを固めてからポジションに入るようにしましょう。

 

■縦回転のスピンが基本、ストローク時よりもよりコンパクトに

リターンではテイクバックは小さ目になるので、スィングというよりは最後の手首で「クイッ」と持ち上げるようなイメージがお勧め。

相手の力を利用すれば、これで充分に回転がかかってコートに収まります。

よくフラットなイメージが先行している方がいますが、それは上級者であってもリスクが高い。

時に見せ球として使うのは有効ですが、ベースはシングルスもダブルスも、スピン回転のリターンになります。

 

■打点を前に取って足から入れば、しっかりボールを抑えることができる

ボールを待って打つと、リターンは上手くいきません。

ライジングショットで打てるように、しっかり前に踏み込みましょう

その為にはステップでしっかりコートの中に入っていくこと。

しっかり打点を前に取る為に、横を向きつつとにかく速くラケットを準備しましょう。

フォアかバックかの判断の速さが、結局はリターンの出来を大きく左右します。

 

リターンのポジション、思い切って2歩程度前に取りましょう。

それだけで、準備を速くする癖が付きますし、フォームもコンパクトになります。

「前で取ろうとすると、よりふかしてしまうんじゃ・・・」と不安になる方も、ご安心を。

最後の横向きで、しっかりスピン回転をかけることを意識すれば、きっと大丈夫です!

ぜひ試してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. + POWER CUP について
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える

関連記事

  1. リターン

    ダブルスのリターンダッシュ、からの並行陣は必須の戦術です

    ダブルスの試合のリターンゲーム。みなさん、どういう戦い方がメイ…

  2. テニス スマッシュ

    リターン

    セカンドリターン、という発想がすごく楽にさせてくれる

    試合の中で、リターンが入らないと落ち込んでしまう。まず返したい…

  3. テニス ストローク

    リターン

    リターンは前足で踏み込むタイミングとラケットの動き、を合わせてパワーアップ!

    コンパクトなリターンで、相手を攻撃していく。リターンの時に、い…

  4. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスの試合のリターンは、パートナーに「どう返す予定か」は伝えよう

    ダブルスの試合、リターンで大事なこと。それは、レベルに限らずコ…

  5. テニス メンタル

    リターン

    リターンで構えた時に「ラケットをクルクル回す」、のにはちゃんと意味があります

    リターンで構えたときに、ラケットをクルクル回す選手、多いですよね。…

  6. テニス ストローク

    リターン

    片手バックハンドのリターンは、ココを意識すると上手くいく!

    バックハンドを片手にしてみたいけど、問題があって・・・。そう、…

特集記事

  1. ストローク

    「フルスウィングでゆっくりね」しっかり振り切ることでテニスの試合で使えるストロー…
  2. 戦術

    人を騙すのが苦手な人は、自分が騙されていることに気付かない
  3. テニス 練習

    ダブルス

    シングルスが得意な選手同士が組んだダブルス、を崩していくレシピ5つ
  4. サーブ

    ファーストサーブを打つ前の「ボール選び」は、しっかりこだわりたい!その理由につい…
  5. テニス トレーニング

    戦術

    テニスの試合、戦い方を変えることを恐れては前に進めない
PAGE TOP