リターン

リターンダッシュから前に詰めて、どうする?

目次

リターンダッシュ、を試合で使っていきたいというみなさん。

あくまで勝負はネットプレー。

バランスを崩さずにリターンから前に出て…その後どうするのか。

その最初の返球、でパターンを決めておけば楽ですよ。

 

リターンダッシュから前に詰めて、どうする?

 


 

1.リターンで前に出るには、最初から前でリターン

サービスラインとベースラインの間くらい、に立って待つ。

その場所でコンパクトにリターンして前、に出ることで楽にリターンダッシュは出来ます。

打った後に走る距離は、すごく短いんですよね。

だから構えるのも速いし、ミスも減る。

まず、このリターンダッシュ用のポジションをしっかり確認しておきましょう。

ここが出来ていないと、良いポジションでプレー出来ないですから。

 

2.相手からの返球、に備えること

サーブを打った相手、に基本はリターンを返したい。

前衛に捕まることもあるでしょうが、基本は後衛にプレーさせる。

そうすれば、どんどんプレッシャーをかけていけますからね。

サーブを打った相手は、前に出て来る相手に慌てているはずですから。

ボールは浮いてくる、ロブが来る、ようなことも多いでしょう。

浮いたボールは遠慮なく相手の前衛に決める。

もし低く沈められたら、またもう一回後衛に返す、のが基本ですね。

ここまではしっかり、自分の中で決めておきましょう。

 

3.浮いたボールは、前衛の足下・・・?

ある程度余裕があれば、相手のいないところへ。

足下に打っても、結構返されるじゃないですか、試合で。

だから、いない場所を狙う意識も大事。

もちろんミスは怖いですけど、相手が拾うのが上手い、守備力が高い相手もいますから。

前衛の外側、アレーを狙うハイボレーもしっかり練習しておくこと。

サーブを打った相手に返せば、浮いてくる可能性が高いですから。

 

4.沈められたら、ドロップボレーが有効

相手のサーブを打った選手が、結構強い、頑張って打って来る。

沈められても、慌てる必要はありません。

相手は、サーブ、その後に精度の高い低いショットでもう「集中力」は使い切っている。

前にポトッと落とせば、きっと走れないでしょう。

沈められたボールは、無理しないで浅いボレーで良い。

ドロップボレー、という選択肢をいつも準備しておきましょう。

相手は並行陣相手に低く速いボールを打って、出来ればそれで終わって欲しいと思っているはず。

準備があれば、恐れることはありません!

 

リターンダッシュ、その後のプレーの精度。

これは、しっかり決めて前に出ているかどうか、が大事になります。

浮いたら攻撃的に、沈められても前に落とす。

リターンダッシュでプレッシャーをかける、プラスアルファを考えておきましょう。

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  5. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア

関連記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    両手バックハンドのリターンが安定しない人は、「後ろ側の腕の脇」を締めて打つ

    私自身は、バックハンドストロークは片手で打っているのですが、学生時代は…

  2. テニス サーブ

    リターン

    シングルスの試合で、「リターンゲームこそネットプレーを入れていきたい」4つの理由

    リターンゲームで、アナタは何か違いを作れる選手でしょうか。つい…

  3. リターン

    リターンの時のグリップチェンジは有り?無し?

    リターンが安定しない方は、もしかして・・・。グリップ、グリップ…

  4. テニス ロブ

    リターン

    テニスのダブルスの試合で必要な、「リターンをシンプルにストレート方向へ流す」ためのコツ4つ

    ダブルスの試合では、上のレベルになればなるほど、前衛のポーチが激しくな…

  5. テニス メンタル

    リターン

    ボディへの速いサーブは、「脇を締めてラケット面を被せる」ことで返球出来る

    ボディへのサーブ、きっと最近増えています。こう感じるのは、男子…

  6. テニス スマッシュ

    リターン

    身長が低い選手のサーブは、「回転系」が基本になる

    テニスの試合、サーブの特徴は早く把握するに越したことは無い。特…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    その他

    セルフジャッジの試合で、「微妙な判定を自分に有利にジャッジする」度に、アナタは何…
  2. 戦術

    テニスのドロップショット、他の競技だと…?
  3. テニス スライス

    ストローク

    試合の中で「相手を気にし過ぎて、ストロークが上手く打てない」人は、軌道をイメージ…
  4. テニス 準備

    ボレー

    オープンスタンスでのボレーの時に、しっかり「ドロップボレーの準備」も頭にイメージ…
  5. テニス コントロール

    ストローク

    ドロップショットは、相手の戻る逆を突くから効果が増す
PAGE TOP