テニス ダブルス

リターン

リターンのグリップは、フォアハンド?バックハンド?

リターンのときに、みなさん、まずはグリップが大事。

ここ、あやふやになっている人いませんか?

今回は、あくまで私が考えるリターンのグリップ、について。

ちょっと偏った考え方かも知れませんが、私はこれがオススメ、だと思っています。

 

リターンのグリップは、フォアハンド?バックハンド?

 

1.基本は、「決めて待つ」ことが大事

私は、ストロークと違ってリターンはある程度決めて待っています。

フォアハンド、バックハンド、どちらかのグリップで決めて待つ。

圧倒的に、フォアハンドが多いですけどね。

私は右利きなので、アドバンテージサイドでリターンする時にだけ、バックハンドで待つこともあります。

相手がワイドに打つのが好き、狙って来る感じだと、それに合わせますね。

よく、「フォアとバック、どちらに来ても良いように」待つ人がいますが、これはオススメ出来ないです。

なぜなら、リターンの威力が落ちるからです。

 

2.決めて待てば、攻撃的にリターン出来る!

私は、リターンで攻撃していきたい。

サーブよりも、リターンからの攻撃が好きですし、実際に効果的だと思っています。

だから、決めて待つ。

フォアハンドのグリップで待って、ある程度回り込んでいく。

セカンドサーブになったら、もう相手がトスアップしたらステップしてフォアハンド側を空けて待つ。

この動き、本当に大事なんですよ。

でも、やってる人はあまりいない。

どこかで、「でも、バック側に来たらどうしよう・・・」という気持ちがあるのかも知れませんね。

 

3.もし逆にサーブが来たら、スライスで良いのでまず返そう

多少ぎこちなくなって良い。

とにかく、まずは返すこと。

自分の予測が外れた訳ですから、もう守備的に戦うしかないですよね。

この割り切り、が大事です。

リターンで、攻撃的にいきたいならグリップを決めて待つ。

決めて待つから、自分の心も決まるんです。

逆にサーブが来たら、パッと頭を切り替える。

実は、ストロークラリーだって一緒なんです。

相手のボールに、多少山を張ってグリップを先に決める。

この勇気、きっと攻撃に活かせるはずです。

 

4.二兎追うものは、一兎も得ず

本当にそうだと思いますよ。

それに、私たちレベルの試合で、二兎追う必要は無いんです。

だって、相手のサーブだってそんなに両サイド、コーナーギリギリに来る訳じゃない。

ある程度、傾向が読めてくれば「こっちには打てないな」と分かるじゃないですか。

そっちを捨てるのは、当然の判断。

捨てるとは、つまり、グリップを決めて待つということです。

 

あやふやになっていると、リターンは安定しない。

グリップを決めて待つから、リターンゲームのスタンスも決まるんです。

ここの意志決定、下すのはアナタ自身ですよ。

ぜひ、リターンゲームを強い意志で入って欲しい。

その為に、必要なのは決断力です。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  3. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  4. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  5. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

関連記事

  1. テニス リターン

    リターン

    シングルスの試合で、「ここぞ!という場面での攻撃的リターン」のパターン4つ

    シングルスの試合、絶対に1ポイントを獲りたい場面、どんなときでしょうか…

  2. リターン

    リターンロブから相手を崩して、シンプルに決める方法

    ダブルスの試合で、リターンロブから相手を崩す。良いサーブを持っ…

  3. リターン

    錦織選手に学ぶ、「ビッグサーバーとはこう戦え」

    先ほど、見事3回戦も勝利!それにしても、2回戦のカルロビッチ…

  4. テニス ロブ

    リターン

    試合で対戦したときに、「深く鋭いサーブ」をしっかり返球できるリターンの技5つ

    試合でサーブが良い対戦相手、と当たる機会は絶対に増えてくる。そ…

  5. テニス メンタル
  6. テニス ミス

    リターン

    リターンをストレートに、打てない人が多過ぎる

    リターンをストレートに打つ。ダブルスの試合では、これが出来ない…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス トレーニング

    その他

    青山学院大学の箱根駅伝での強さを紐解けば、テニスに必要な要素も見えてくる!
  2. フットワーク

    相手の隙を突くには、忍び足が欠かせない
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「タラレバ男、タラレバ女」にアナタはなっていませんか?
  4. テニス サーブ

    練習メニュー

    ウォーミングアップと練習開始の境目、明確になってる?
  5. テニス ダブルス

    その他

    「指示されたことをやるので精一杯」な状態では、人は成長し辛いと思う
PAGE TOP