テニス ダブルス

リターン

リターンのグリップは、フォアハンド?バックハンド?

リターンのときに、みなさん、まずはグリップが大事。

ここ、あやふやになっている人いませんか?

今回は、あくまで私が考えるリターンのグリップ、について。

ちょっと偏った考え方かも知れませんが、私はこれがオススメ、だと思っています。

 

リターンのグリップは、フォアハンド?バックハンド?

 

1.基本は、「決めて待つ」ことが大事

私は、ストロークと違ってリターンはある程度決めて待っています。

フォアハンド、バックハンド、どちらかのグリップで決めて待つ。

圧倒的に、フォアハンドが多いですけどね。

私は右利きなので、アドバンテージサイドでリターンする時にだけ、バックハンドで待つこともあります。

相手がワイドに打つのが好き、狙って来る感じだと、それに合わせますね。

よく、「フォアとバック、どちらに来ても良いように」待つ人がいますが、これはオススメ出来ないです。

なぜなら、リターンの威力が落ちるからです。

 

2.決めて待てば、攻撃的にリターン出来る!

私は、リターンで攻撃していきたい。

サーブよりも、リターンからの攻撃が好きですし、実際に効果的だと思っています。

だから、決めて待つ。

フォアハンドのグリップで待って、ある程度回り込んでいく。

セカンドサーブになったら、もう相手がトスアップしたらステップしてフォアハンド側を空けて待つ。

この動き、本当に大事なんですよ。

でも、やってる人はあまりいない。

どこかで、「でも、バック側に来たらどうしよう・・・」という気持ちがあるのかも知れませんね。

 

3.もし逆にサーブが来たら、スライスで良いのでまず返そう

多少ぎこちなくなって良い。

とにかく、まずは返すこと。

自分の予測が外れた訳ですから、もう守備的に戦うしかないですよね。

この割り切り、が大事です。

リターンで、攻撃的にいきたいならグリップを決めて待つ。

決めて待つから、自分の心も決まるんです。

逆にサーブが来たら、パッと頭を切り替える。

実は、ストロークラリーだって一緒なんです。

相手のボールに、多少山を張ってグリップを先に決める。

この勇気、きっと攻撃に活かせるはずです。

 

4.二兎追うものは、一兎も得ず

本当にそうだと思いますよ。

それに、私たちレベルの試合で、二兎追う必要は無いんです。

だって、相手のサーブだってそんなに両サイド、コーナーギリギリに来る訳じゃない。

ある程度、傾向が読めてくれば「こっちには打てないな」と分かるじゃないですか。

そっちを捨てるのは、当然の判断。

捨てるとは、つまり、グリップを決めて待つということです。

 

あやふやになっていると、リターンは安定しない。

グリップを決めて待つから、リターンゲームのスタンスも決まるんです。

ここの意志決定、下すのはアナタ自身ですよ。

ぜひ、リターンゲームを強い意志で入って欲しい。

その為に、必要なのは決断力です。

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  5. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…

関連記事

  1. テニス バックハンド

    リターン

    試合の中でリターンミスを減らしたいなら、まずボールをしっかり呼び込もう

    リターン、試合の大事な場面・・・緊張しますよね。いつも通りにや…

  2. テニス リターン

    リターン

    シングルスの試合で使える、「リターンで有効なコース」4つ

    シングルスの試合、意外とリターンのコース、迷いませんか?ある程…

  3. テニス ストローク

    リターン

    ダブルスのストレートアタックを成功させたいなら、リターンのポジションを1m前に設定しよう

    ダブルスの試合で、リターンに苦手意識がある人は、まずポジションを変えた…

  4. リターン

    スライスサーブを強打でリターン、もう崩壊寸前です

    対戦相手のサーブ、そんなに強そうじゃない。でも、なかなかブレイ…

  5. テニス ストローク

    リターン

    リターンが安定しない人が、簡単に改善出来る方法とは?

    リターンが難しいと感じている人。回転も読めないし、コースも読め…

  6. テニス ロブ

    リターン

    テニスの試合で使えるリターンダッシュの一番のコツは、コンパクトな打ち終わりに尽きる

    リターンダッシュで、ネットを取る。サーブを打ち終えて安心してい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークに必要な懐の深さは、後ろ足の軸足の使い方次第
  2. ダブルス

    雁行陣の弱点を突いた攻撃の、基本的な考え方について
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーになると「呼吸を止めてしまう」人は多い
  4. テニス サーブ

    サーブ

    打てないサーブのコース、があることに自分で危機感を持とう
  5. テニス ボレー

    ダブルス

    2バックで粘るダブルスは、「深いセンターへのボレーとアングルボレー」を組み合わせ…
PAGE TOP