テニス ダブルス

リターン

優れたダブルスプレイヤーは、同じリターンを3回連続では打たない

ダブルスが上手い選手は、リターンが上手い。

これは、何度か書いてきましたが、みなさんイメージ出来ますか?

「でも、具体的にどんな感じ?」と疑問に感じる方は、まずこれから始めてみませんか?

試合で、一本調子にならない。

強いサーブ相手でも、常に先手を取る。

これは、ちょっとした法則を実践するだけで、きっとアナタにも出来るはずです!

 

優れたダブルスプレイヤーは、同じリターンを3回連続では打たない

 

1.3回同じリターン、絶対に打たない!

3回目、を意図的に変える。

いや、2回目かも知れないし、もっともっと、パターンがあるかもしれない。

クロスへも速いリターン、遅いリターン、ストレートロブも、スライスとスピンを使い分ける。

細かいですが、リターンの種類がすごく多い。

こういう選手は、全て意図的にプレーしてるんですよね。

3回連続、同じリターンは打たない。

だから相手もリズムに乗れないし、サービスゲームが崩れていく。

すごく頭脳的な戦い方、だと思います。

 

2.相手が慣れる前に、変えるのが大事

リターンは、ダブルスなら2回に1回。

試合の中盤、になればもう相手は慣れて来ます。

サーブ&ボレーが得意な相手なら、「大体、この辺にリターン来そうだな・・・」と思って、予測を立てる。

そこで、予測通りのリターンを打ってもやられるだけ、ですよね。

リターン巧者のダブルスプレイヤーは、そのあたりをよく分かっている。

自分から、どんどん変えていく。

そのイメージが、3回同じリターンを絶対に打たない、ということなんです。

 

3.自分から散らしていく、リターンが効果的

私も、このイメージです。

どんどん、リターンは「散らしていく」ことが大事。

無意識だと、どうしてもクロスへのリターンが一本調子になる。

ポーチにも出られるし、サーブ&ボレーもやりやすい。

リターンの実力は、そのバリエーションを見ればすぐに分かります。

出来るだけ序盤に、散らして手数を見せておく。

こういう意識があれば、アナタもどんどんリターンが大好きになっていきますよ!

 

4.リターン、大好き!と声に出していこう

散らしていくリターン、が身に付けば、相手を翻弄出来る。

「リターン、面白い!大好き!」と思えるようになる、良いきっかけになるでしょう。

サーブを受け止める、苦しいものと考えるのは、もったいないですよ。

特にセカンドサーブなんて、実際チャンスだらけじゃないですか、試合では。

どんどん自分のコース、ショットの回転、バリエーションを磨いて散らせる武器を持っておく。

この意識は、初心者の方でも大事ですよ。

受け身でいても、リターンは嫌いになって苦手になるだけ。

「リターン、大好き!」と小さくつぶやいて、テニスノートにも書いてみて下さい。

きっと、変わりますから。

 

実際に、リターンって面白い。

色々出来る、と思ったら面白くなるんです。

バリエーションが少ないと、辛いし悲しい。

もっと、創造的にプレーしていきましょうよ、相手サーブの場合はアナタのリターンから試合は始まるんですから。

試合がグッと、面白くなるはずですよ。

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  5. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…

関連記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で「リターンから強気に攻撃する」ために必要な練習方法5つ

    リターンが得意、苦手、というのは差が激しい。特に一般や学生の皆…

  2. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスの試合で重要な、「リターンからのストレートアタック」は、しっかり事前にパートナーと打ち合わせ…

    ダブルスの試合に出始めたペアの方は、まず攻撃のパターンを増やしていかな…

  3. リターン

    セカンドサーブにプレッシャーをかける方法5つ

    試合の中で、相手にプレッシャーをかける。これは勝ちたいなら、…

  4. リターン

    リターンで動かすラケットは、30cmでちょうど良い

    攻撃的なリターン、今年は磨いていきたいですよね。ぜひ、みなさん…

  5. リターン

    相手のファーストサーブは、1種類じゃない

    強い相手ほど、変えて来ます。誰だって、ダブルフォルトは怖いで…

  6. リターン

    リターンに最適な、テイクバックの高さについて

    リターンミスが多い人が、意識したいポイント。私は、テイクバッ…

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    言葉に出来ないことは、「考えていないのと同じ」だということ
  2. テニス ハードコート

    戦術

    テニスの試合では、「強い相手にこそ、先に仕掛ける」意識が絶対必要です
  3. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「コートに叩き付けて相手に触らせないスマッシュ」を、最低限ネット近くでは打てるよ…
  4. テニス 部活

    テニススクール

    テニススクールのアルバイトで、「自分より上手い人にアドバイスをしなといけない」と…
  5. テニス リターン

    ボレー

    ボレーの試合で「速いボールに対しても、安定感あるボレー」を継続する為に気を付けた…
PAGE TOP