テニス メンタル

リターン

サーブを打つときに「リターンの名手、はテニスの大会で厄介な相手」事前の準備で対応策を!

サーブは苦手だけどリターンは得意!という方、たまにいらっしゃいます。

ストローク主体で戦う、どちらかと言うと粘りのカウンターパンチャータイプの選手が多いような気がします。

今回は、そんなリターンの名手を相手にしたときに、いかにサーブを工夫していくか。

試合の中で実践できるポイントをまとめてみました。

 

サーブを打つときに「リターンの名手、はテニスの大会で厄介な相手」事前の準備で対応策を!

 


 

■ファーストサーブを高確率で入れるのが第一

当然と言えば当然ですが、ここは大切。

いつもより多少スピードを落としてでも、まずはファーストサーブをしっかり入れていくことが試合の中で効いてきます。

できれば、75%は維持したいところ。

不思議と「ファーストが入っている」というだけで、リターン側はリズムに乗っていけない、というケースが多くあります。

 

■センターへのサーブで踏み込みを抑える

リターンの名手は、ワイドへのサーブを角度を付けたりして返球する展開を得意にしています。

右利きの選手でアドサイドであれば、ワイドに入れたけど回り込みフォアで叩かれる・・・というケースも多いでしょう。

そんな相手には、センターへのサーブが必要です。

スライスサーブが打てればベストですが、まずはどんな球種でも良いので、しっかりセンターライン寄りに打ててリターンの足を止めれる、そんなサーブをしっかり身に付けましょう。

■ゆるいチェンジアップ系サーブで、リターンのタイミングを狂わせる

テニスの試合では、無意識のうちに一定のテンポになってしまいがち。

リターンもサーブが一定のリズムだと、合わせやすく攻撃しやすくなってしまいます。

チェンジアップ気味に、スピードを少し抑えたサーブも打てると効果的です。

それもあえて、ファーストサーブで打ってみる。

「サーバー側も色々考えているな・・・」と思わせることが、心理戦では有効です。

 

■リターンのときのグリップを見る、序盤でコースを散らす

リターンを得意にしている選手は、必ずある程度の予測を入れてきます。

そのパターンを、先読みできるかどうか。

ある程度はグリップで読むことができますが、シングルスの場合は前衛がいないので、打ってみないと分からない。

どこコースを、どういうグリップで待っているのかを観察しましょう。

セカンドサーブで攻撃してくるときには、特徴がでやすいので序盤にデータを溜めること。

やられるにしても、何度も繰り返して同じショットにやられないよう、意識しましょう。

 

今回ご紹介した内容は、今のアナタのサーブで必ず実践できます。

「自分のサーブは弱いから・・・」と決めつけるのは、何とももったいない話。

もちろんサーブ力は向上していく必要がありますが、今ある技術でどう工夫して戦うかを考えることも大事。

工夫さえすれば、ある程度リターンはかわせます。

実践で色々試しながら、アナタのサービスゲームでのテニスのバリエーションを拡げていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  3. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  4. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. テニス 練習

    リターン

    女性の速いサーブ、試合では要注意な件

    試合の中で、返球し辛いボール。それって、こういうサーブじゃない…

  2. テニス ボレー

    リターン

    初中級者の方のセカンドサーブ、ワイドにしか入らない説

    こういう話、みなさん考えたことありますか?私は、ずっと考えています…

  3. テニス ストローク

    リターン

    相手のサーブを乱すヒント、を見つけるコツ

    試合で気になるのは、自分のサーブの調子。でも、それだけじゃな…

  4. テニス メンタル

    リターン

    ボディへの速いサーブは、「脇を締めてラケット面を被せる」ことで返球出来る

    ボディへのサーブ、きっと最近増えています。こう感じるのは、男子…

  5. テニス メンタル

    リターン

    リターンで構えた時に「ラケットをクルクル回す」、のにはちゃんと意味があります

    リターンで構えたときに、ラケットをクルクル回す選手、多いですよね。…

  6. テニス サーブ

    リターン

    サーブが入って「ホッ」とする瞬間を、見逃してはいけない

    今回は、すぐに実践出来て試合で効果的な作戦、をご紹介します。私…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス グッズ

    メンタル

    相手がボールを打った瞬間、「やっぱりね」と思えるように
  2. テニス 試合

    メンタル

    テニスの試合に出続けるということは、「弱い自分の中身を覗き続ける」ことに他なりま…
  3. テニス サーブ

    サーブ

    15-40からデュースにもっていく、その力があるか?
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーを一歩で動いて打つ人は、「ほとんどが腰が残ったボレー」になっちゃってる
  5. テニス スライス

    スマッシュ

    「50cm以内のアウトのロブ」はスマッシュを打つ!で、試合に挑もう
PAGE TOP