テニス メンタル

ストローク

「バックハンドストロークが安定しない!」人はチェックして欲しい5つのポイント

テニスを初めてまず最初にぶつかるのが、バックハンドストロークを安定させること。

最初は男性でも女性でも、両手で握る形で教わるケースが多いと思います。

何とかラリーは繋がるけど、試合になると緊張してなかなか入らない・・・という悩みを持っている方に、参考になるポイントをまとめてみました。

少しずつ練習で意識して、積極的にフォームを「変えて」いきましょう。

 

「バックハンドストロークが安定しない!」人はチェックして欲しい5つのポイント

 


 

1.横向きとテイクバックを相手が打った瞬間に終える

自分でいくら早く準備していると思っていても、コーチや上級者から見れば遅いケースがほとんどです。

余裕が無いのに、なぜかボールがバウンドするのを待ってしまっている初中級者がほとんど。

ただでさえ、硬式テニスは回転によってバウンドも変化しますし、コートにより跳ね方も違います。

イレギュラーだってあります。

とにかく早めに意識して準備しましょう。

 

2.バックハンドでも得意コースを作って、展開の主軸におく

以前にも書きましたが、苦手なショットは無理矢理にでも得意なコースを作ってしまいましょう。

両手バックハンドであれば、クロスへのコースがお勧め。

ネットの低いセンターを通して、クロスの距離があるコートに収めることができますので、科学的にも最も入る確率が高いショットになります。

困ったときに自信を持って打てるように、自分に暗示をかけてみましょう。

「バックハンドストローク、クロスは得意!」と。

 

3.トップスピンの回転量を高め、ボールの軌道を高める

安定感とは、すなわち安定した回転がかけられるかどうか。

ラケットを当てるだけで振りきれない人は、いつまで経っても安定感は得られません。

ラケットを持つグリップと打点を、工夫しましょう。

打点を今より、もっともっと前に取ってみて下さい。

その為には、グリップを厚くすること。

これは教わるよりも、自分で研究してみることをお勧めします。

 

4.テイクバックとフォロースルーをシンプルに、コンパクトにする

シンプルなフォームは、安定感を生みます。

アナタのフォームは、どうですか?

プロ選手のフォームは、特徴のある選手もいますが基本的にはいたってシンプル。

近年はラケットの進化もありますので、テイクバックやフォロースルーが小さくてもOK。

むしろアナタ自身のおかしなオリジナルな打ち方で、最新のラケットの性能を活かし切れていないかも知れません。

とにかく、シンプルに、シンプルに、自分のフォームと向き合いましょう。

 

5.様々な人の球種を受け、スライスにも慣れる

普段練習しているメンバー、以外の人とできるだけ打ち合う機会を作りましょう。

他校と共同で練習会を開いても良いでずし、テニススクールに通うのも手です。

試合では、「初めて会う人と、ラリーで打ち合う」ケースがほとんど。

スライスを使ってくる相手も、勝ち上がればたくさんいます。

バックハンドに限らず・・・ですが、安定感には多様な経験が不可欠。

自分からその経験を得れるように、主体的に行動していきましょう!

 

練習での安定感と、試合での安定感は違います。

アナタが求めているのは、試合での安定感、ですよね。

であれば練習で何を意識すべきか。

まずミスを極限まで減らし、さらには緊張感のある中でも安定してラケットを振れるシンプルなフォーム。

バックハンドは、身体の動きを制限しやすい分、安定感は増しやすい。

前向きに練習して、試合で使えるストロークに仕上げていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  3. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    アプローチショットのパワーアップは、軸足のキックから!

    アプローチショット、相手を攻撃していく為に必要ですよね。そのシ…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃的なストロークの基本は、「バウンドに先回り」すること

    ストロークでガンガン攻撃していくスタイル、やっぱり憧れますよね。こ…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドストロークで回り込みが甘い人は、「ストレートにも打てるという雰囲気」が足りない

    ストロークを得意としている選手は、ほぼ全員「フォアハンドの回り込み」を…

  4. テニス 錦織圭

    ストローク

    浅いボールを攻撃出来ない人は、「足」から決めて形を作ろう

    ストロークで浅いボールを攻撃していくとき、のちょっとしたコツを。…

  5. テニス ポジショニング

    ストローク

    フォロースルーを前に出さないスライス、でドロップショットは完成です

    シングルスでもダブルスでも、ドロップショットは使いたい。特に、…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    「バックハンドのクロスラリーを制する!」テニスの試合で必要なストロークのポイント4つ

    ストロークのバックハンド、得意な人も苦手な人もいると思います。…

特集記事

  1. スマッシュ

    自分のスマッシュをワンランクレベルアップさせたければ、「角度を付けて絶対に触らせ…
  2. テニス ボレー

    スマッシュ

    「スマッシュで決め切るパワーが足りない・・・」と感じている人は、スタンス広めの意…
  3. テニス サーブ

    スマッシュ

    テニスの試合で、少し余裕があるときのスマッシュは、「しっかり相手方向に背中を見せ…
  4. テニス スマッシュ

    ダブルス

    ポーチが上手い選手が意識している、5つのコツ
  5. テニス 部活

    メンタル

    テニスの試合で「どうしても頑張りきれない」ときには、誰かの為にと頑張ってみる
PAGE TOP