テニス メンタル

メンタル

人がプレッシャーに負けるとき、それは大抵「自分のイメージを守りたい」と考えるときです

皆さんは試合の中で、プレッシャーに押しつぶされそうになった経験、ありませんか?

私はあります、それも何度も。

どんなときかな・・・と考えると、実はそこには共通点がある。

後から思い出しても「そんなことで・・・?」と思うことがありますが、やっぱり人は「周りの目」を気にしてしまうモノ。

スポーツは勝敗という結果が出る、だからこそこういった弱い部分は避けて通れないのかも知れません。

 

人がプレッシャーに負けるとき、それは大抵「自分のイメージを守りたい」と考えるときです

 


 

■「自分で勝手に自分のイメージ」を創り上げては苦労する

アナタは試合中、どんなことを考えてプレーしていますか?

もちろん、対戦相手や自分のことが大半・・・だと思いますが、ときには観客や自分を支えてくれている仲間やコーチ、家族のことも思い浮かべるでしょう。

「期待に応えている自分」でありたいのに、負けてしまうかも・・・と考えると、プレッシャーに負けてしまいがちですね。

自分の理想が高ければ高い程、試合の中で感じるプレッシャーも大きい。

これは乗り越えていくべき壁ですが、正直、毎回しんどいと思います。

 

■プレッシャー対策に最適な「言葉」とは?

私はそういうシチュエーションになったとき、社会人になってからはこう考えるようにしています。

「そんなに周りの人は、自分に興味は無い、だから楽しもう」と。

あくまで私の感覚ですので、皆さんがどう受け止めるかは皆さん次第。

ですが実際、自分が周りの選手を観るときに置き換えてみると、結構当てはまりませんか?

そんなに全ての選手を想ったり、考えたり、負けたり失敗したからと言って何かが変わる訳でも無い。

プレッシャーをコントロール出来ないのは、大抵どこか自意識過剰な人、だと思います。

 

■「自分を守る」ことって、何の成長にもならない

世界チャンピオンでもないのに、何を守る必要があるのか。

試合の中で泥にまみれるくらい、どうってことない・・・と思えたら、試合では強い。

大抵弱い選手程、自分が弱いと思われたくないから色々な手を使ってごまかそうとする。

そして試合で、負けていく。

試合後の言い訳も、いつも通り得意なモノ。

そんな風にだけは、どうか皆さんにはなって欲しくない。

自分を守っていても、何の成長も無いのですから。

 

今や世界最強と呼ばれるジョコビッチ選手ですら、攻めている。

テニスはもちろん、私には人生において一番攻め時と感じて一生懸命、チャレンジしているように映ります。

だって、世界中が自分を倒そうと必死になってくる敵な訳です。

想像するだけで、すごいプレッシャーですよね・・・。

それに比べれば、当たり前ですが私たちのプレッシャーなんて可愛いもの。

自分を守りたい、と考えてプレッシャーに負けるのは、もう卒業しましょうか。

ピックアップ記事

  1. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  2. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  4. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス スポーツ

    メンタル

    テニスの試合で乗り越えて実践しないといけない、「勇気が求められる」場面やプレー4つ

    テニスの試合では、お互いにネットを挟んで対峙している。ですがテ…

  2. テニス メンタル
  3. テニス メンタル

    メンタル

    精神的に未熟な人は、試合前に「練習をしていない自分」をいつも言い訳にする

    「最近練習、出来ていなくて・・・」「まだ今年、テニスが3回目で…

  4. テニス 上達

    メンタル

    追い詰められた時こそ、自分のテニスの殻を破るチャンス

    テニスの「試合」を経験していると、何が良いのか。それは、自分が…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    自分の膿を出してくれる、その人との付き合いを大事にしよう

    テニスを続けていると、色々な人と出会う。高校、大学までは部活や…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合とは、「決して何か特別なことをする場では無い」ことだけ、覚えておいて欲しい

    「試合」・・・特に公式戦と聞くと、何か特別なものという響きがある。…

特集記事

  1. テニス ストローク

    メンタル

    ビビった時のスピンストローク、ラケット面は下を向く
  2. テニス 準備

    その他

    自分のテニスが好調なときは、しっかり気を付けたい5つのポイント
  3. テニス 打点

    ストローク

    「手より、まずは足」テニスの技術は下半身の動きがベースに、技術が威力を発揮する
  4. テニス 指導

    サーブ

    なぜ部活やサークルで練習する「サーブ練習」のほとんどは、試合に活かされないのか
  5. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスのネットプレーは、「相手のミスを誘う」要素が求められる
PAGE TOP