戦術

もしも今、テニスが出来るなら

長らく更新が止まっておりまして、失礼しました…。

何かと今、みなさんの生活も大変な時期かと思います。

テニス自体が出来ない、やることが難しい、そんな方も多いんじゃないでしょうか。

私自身も、色々な大会が中止になり、予定していた練習や撮影が出来なくなる。

そんな2週間でした。

だからこそ、感じることがあります。

もしも今、そしてこれから、テニスが出来るなら。

とことん前のめりに、自分から動いていくテニスにしたい、と。

今まで、「待っているテニス」だった

自分の動画を見返してみて

自分の動画を観る機会、最近すごく多いです。

どうしても家にいることが多くなり、自分の動画を見返していると…気付くこと。

「知らず知らずのうちに、待っている」テニスになっているということ。

これ、本当に毎日普通にプレーしている時には、感じないことなんですよね。

今、なかなかプレー出来ないからこそ、感じる。

「もっと動けば良いのに!」と。

準備が遅い、そして打てていない

何となく、ボールを返しているだけ。

試合でも、こういうプレーが本当に多い。

自分から早く準備して、打ちにいく、時間を奪うプレーってなかなか出来ていない。

いや、実際に試合ではそのつもりでプレーしてるんですが…それでも、まだ遅い。

どこかで、様子を見ている自分がいるんです。

テニスが出来ている、試合が出来る、これが当たり前だと感じているから、受け身になっている。

これって、打てているとは言えないんですよね。

ただ、返しているだけ、なんです。

限界は基本で越えられる

まぁ、言ってしまえば基本じゃないですか。

準備を早くして、ボールを打ちにく、待たないで迎えにいく。

何度もみなさん自身が聞いた言葉、アドバイスだと思います。

でも、正直この基本でしか限界って越えられないんじゃないかと、私は最近改めて感じます。

難しいことじゃない、ようだけどこれが一番難しい。

早く正確に準備するには、相当神経を研ぎ澄まさないといけない。

何となくプレーしていたい、そう思う自分がいたらもう黄色信号。

当たり前のようにテニスが出来ていると、そんなゆったりした感覚になりませんか?

勝ちたいなら、待つな

中途半端な勝利は、毒薬

何となく粘って、何となく合わせたテニスで勝つ。

そうして得た勝利は、実は毒になりやすい。

自分から前に出る、前に入る、早く準備する必要性を薄めていく、感じにくくするだけですから。

本当に強い相手に勝ちたいなら、待ってはいけない。

ボールが来るのを、相手が崩れるのを、何となくの勝利がこぼれ落ちてくるのを、待ってはいけない。

言葉で書くのは、簡単です。

でもやるのは本当に難しい。

だからこそ、チャンスなんです。

シンプルで難しいことは、チャンス

早い準備で、ボールを待たない、迎えにいく。

このシンプルで難しいことは、なかなかやる人が少ない。

YouTubeで何度もプロやコーチが訴えても、なかなか出来ない。

その場では出来ても、自分だけの練習になってしまうと、出来ない。

その理由は簡単です。

早い準備で待たないテニス、でなくてもテニスは何となく出来てしまうから。

ここと違いを作ること、それ自体が上達のチャンスになる。

全ては、まず姿勢を変えること。

そうすればまだまだ、アナタ自身のテニスは根本からレベルアップしていくと思いますよ。

出来る環境なら、やろう!

今、テニスが出来るなら。

私はこれを再度意識して、しっかりやりたい。

そういう意志表明の意味を込めて、久々の記事を書いてみました。

まだまだ、テニスどころじゃないという方も多い状況ですが、だからこそこれも、自分の為に使える一つのきっかけ。

そう考えて、待たないテニスをイメージトレーニングしていきましょう。

YouTubeの動画は、あくまでヒントでしかありません。

実際にアナタ自身の意識を変え、身体を動かすのは、みなさん自身。

テニスが出来るなら、とことんやりたいじゃないですか。

私たちは、試合に勝ちたいと思って、それで成長したいと考えている一つの仲間。

待たないでいきましょう、何もかもを。

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. 戦術

    「これが上達の証」テニスの試合で安定感を身に付ける為に、上達していくフェーズがある

    皆、テニス上手になりたいでしょ?でも、上手になるってどういうこ…

  2. 戦術

    みんなテニスのおけるコントロールの精度を、甘く見過ぎ

    ベテランテニス、のみなさんと試合をするようになって、感じること。…

  3. テニス ストローク

    戦術

    浅いボールの処理が苦手な人は、「利き腕と同じ足を前」に出しながらボールを触りにいこう

    相手のボールが浅い!のに・・・攻撃に出るどころか、いつも処理に…

  4. 戦術

    考えながらプレーすると、精度は上がる?下がる?

    テニスは、頭脳勝負。T-PRESSでも、いかに頭を使って考え…

  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合で、体力の消耗を抑える20の小技

    テニスの試合、体力勝負になる。それは、この目の前の試合ももちろ…

  6. テニス 読書

    戦術

    「自分のやりたいテニスは何か?」を、定期的に考えてみることは大事

    試合に勝ちたい。そういう想いを強く持つと、どうしても「やらない…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「相手が無理した強引なショット」は捨てる意識も大事
  2. スマッシュ

    「深いロブでスマッシュが厳しい!」ときにはスィングを止めての返球でOK!な感覚も…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    ダウンザラインのストローク、シュート回転してない?
  4. テニス メンタル

    その他

    「テニスの各ショットに必要なグリップチェンジ」は、実は出来ているようで、誤魔化し…
  5. テニス ロブ

    ボレー

    ボレーの基本、「手首をコックしてリラックス」の態勢を作ろう
PAGE TOP