メンタル

勝ちに執着しないと、次のステージは見えて来ない

テニスの実力で、もう一歩、次のステージに進みたい。

そう考えている人は、多いと思います。

そんなみなさんに、今お伝えしたいこと。

私は、自分自身の経験からも、これが大事だと思っています。

ダサい、カッコ悪いと思うかも知れないですが、一旦これに集中してみること、が大事だと思いますよ。

 

勝ちに執着しないと、次のステージは見えて来ない

 


 

1.今の自分で、徹底して勝ちにいく

試合に、勝ちにいく。

これは、当たり前のようでなかなか難しい。

目の前の試合に勝ちたい、と誰もが思っているようで、実はなかなかこれが実践出来ない。

やり抜くこと、が出来ないのが実情です。

なぜなら、余力を残しておいて周りから「本気」と見られたくないから。

今の自分、で徹底的に勝ちにいくのは、すごく難しいことなんです。

でも、これをやらないと絶対に次のステージには進めない。

それは、今強い人がみな経験して来ていることなんです。

 

2.自分の限界、に触れること出来てる?

みなさん、出来てますか?

負けた試合でも全部出し切れた、やり切れたという試合、最近ありましたか?

なかなか、難しいと思います。

ほとんどの試合は、何もさせてもらえないままに、負けてしまう試合が多い。

自分の限界に触れる機会なんて、そうは無いんですよ。

手数を持っておく、たくさんの対抗手段を持っておく、というのは簡単なことではありません。

でも、アナタ自身が今の自分の実力を全て出すには、この準備が必要。

格上相手、シード選手相手に、しっかり自分を出し切ることが大事なんです。

 

3.出し切ってから、次に進める

出し切った感覚があって、それでもダメだった時。

そこで、アナタ自身は大きく成長出来るでしょう。

ある意味スッキリして、次のステージにいける。

なぜなら、そこに必要性を感じるからです。

「このままじゃ、ダメだな」と本気で思えるし感じることが出来る。

だから、誰に言われなくても自分で自分を変える、という旅に出ることが出来る。

そうなれば、もう優秀なコーチなんて必要無いですよ。

アナタ自身で、立派に成長して次のステージに進むことが出来るはずです。

 



 

4.本気で勝ちたい、だから冷静になれる

本気で勝ちたい、悔しい、自分を超えたいと考えた時。

きっと、すごく冷静な感じだと思うんですよね。

燃え上がる感情、とはまた違う、すごく冷たい冷静な感じ。

この感覚がしっかり持てるようになれば、アナタ自身が本気で勝ちたい、強くなりたいと思っている証拠。

本気で勝ちたいと思っている人は、すごく冷静なんですよ。

コートで吠えたり、周りの雰囲気を乱したりはしない。

あくまで向き合うのは自分。

みなさんも、そうあって欲しいと思っています。

 

5.お勧めの練習法

まず、今絶対に勝ちたい相手の名前を書き出しましょう。

そして、何が必要かも書き出してみる。

どんな戦術、作戦が使えるのかも、書き出して可視化してみましょう。

それをしっかり、試合で実践出来るのか。

まず、全部を出し切る、ということが大事。

これだって、簡単なことでは無いですよ。

自分にとって、勝ちに執着する試合、とはどういう試合なのか。

真剣に、自分のテニスノートに書き出してみることが、一番の練習法です。

 

本気で勝ちたいと、なぜ思えないのか。

それは簡単です。

本気で勝ちたいと思って、負けるのが怖いからです。

それって、そこまで怖いことですか?

私は、「負けるのが怖い」と思っている自分になってしまうことが、怖いです。

負けても何も感じなくなる時。

それはまさに、T-PRESSが終わる時ですからね。

そんな日は来ない、来させない為に、これからも頑張っていきます。

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  3. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  4. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. テニス 睡眠

    メンタル

    大事な試合の前日に、「目が冴えて眠れなくなってしまった・・・」ときに意識したい4つのこと

    試合の前の日、緊張しますよね・・・。夜が明けたらもう試合、明日…

  2. テニス ミーティング

    メンタル

    みんなが望む結果は、テニスの試合では得られない

    大坂なおみ選手の優勝、その表彰式が物議を醸しています。私自身、…

  3. テニス 雨

    メンタル

    試合では「自分でコントロール、制御出来るもの」に集中しよう

    試合の中で、劣勢の場面。こういう時に、何を考えると試合の流れが…

  4. メンタル

    修羅場を避けていたら、真実からは遠くなる

    技術はありそうなのに、試合では結果が出ない。メンタルの問題?…

  5. メンタル

    格上選手が負ける時は、力でねじ伏せることに固執した時

    テニスに限らずだと思いますが、スポーツの世界ってこれが怖い。格…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    「思い出せる悔しい記憶」を、アナタは持っているだろうか?

    試合でどうしても頑張りたいのに、くじけてしまいそうな時・・・ありますよ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 戦術

    テニスでも「ボールをキープする」という感覚が大事
  2. テニス 調子

    テニス知識

    相手が不利なジャッジほど、目を見てしっかり伝えよう
  3. フットワーク

    センターからセンター、だけじゃ勝てない
  4. テニス メンタル

    戦術

    「見てないフリをして見ている」が効くから、テニスでは周辺視野が欠かせない
  5. テニス メンタル

    その他

    「笑っちゃうくらい面白い」とテニスの試合で感じれるようになれば・・・
PAGE TOP