メンタル

勝ちに執着しないと、次のステージは見えて来ない

テニスの実力で、もう一歩、次のステージに進みたい。

そう考えている人は、多いと思います。

そんなみなさんに、今お伝えしたいこと。

私は、自分自身の経験からも、これが大事だと思っています。

ダサい、カッコ悪いと思うかも知れないですが、一旦これに集中してみること、が大事だと思いますよ。

 

勝ちに執着しないと、次のステージは見えて来ない

 


 

1.今の自分で、徹底して勝ちにいく

試合に、勝ちにいく。

これは、当たり前のようでなかなか難しい。

目の前の試合に勝ちたい、と誰もが思っているようで、実はなかなかこれが実践出来ない。

やり抜くこと、が出来ないのが実情です。

なぜなら、余力を残しておいて周りから「本気」と見られたくないから。

今の自分、で徹底的に勝ちにいくのは、すごく難しいことなんです。

でも、これをやらないと絶対に次のステージには進めない。

それは、今強い人がみな経験して来ていることなんです。

 

2.自分の限界、に触れること出来てる?

みなさん、出来てますか?

負けた試合でも全部出し切れた、やり切れたという試合、最近ありましたか?

なかなか、難しいと思います。

ほとんどの試合は、何もさせてもらえないままに、負けてしまう試合が多い。

自分の限界に触れる機会なんて、そうは無いんですよ。

手数を持っておく、たくさんの対抗手段を持っておく、というのは簡単なことではありません。

でも、アナタ自身が今の自分の実力を全て出すには、この準備が必要。

格上相手、シード選手相手に、しっかり自分を出し切ることが大事なんです。

 

3.出し切ってから、次に進める

出し切った感覚があって、それでもダメだった時。

そこで、アナタ自身は大きく成長出来るでしょう。

ある意味スッキリして、次のステージにいける。

なぜなら、そこに必要性を感じるからです。

「このままじゃ、ダメだな」と本気で思えるし感じることが出来る。

だから、誰に言われなくても自分で自分を変える、という旅に出ることが出来る。

そうなれば、もう優秀なコーチなんて必要無いですよ。

アナタ自身で、立派に成長して次のステージに進むことが出来るはずです。

 



 

4.本気で勝ちたい、だから冷静になれる

本気で勝ちたい、悔しい、自分を超えたいと考えた時。

きっと、すごく冷静な感じだと思うんですよね。

燃え上がる感情、とはまた違う、すごく冷たい冷静な感じ。

この感覚がしっかり持てるようになれば、アナタ自身が本気で勝ちたい、強くなりたいと思っている証拠。

本気で勝ちたいと思っている人は、すごく冷静なんですよ。

コートで吠えたり、周りの雰囲気を乱したりはしない。

あくまで向き合うのは自分。

みなさんも、そうあって欲しいと思っています。

 

5.お勧めの練習法

まず、今絶対に勝ちたい相手の名前を書き出しましょう。

そして、何が必要かも書き出してみる。

どんな戦術、作戦が使えるのかも、書き出して可視化してみましょう。

それをしっかり、試合で実践出来るのか。

まず、全部を出し切る、ということが大事。

これだって、簡単なことでは無いですよ。

自分にとって、勝ちに執着する試合、とはどういう試合なのか。

真剣に、自分のテニスノートに書き出してみることが、一番の練習法です。

 

本気で勝ちたいと、なぜ思えないのか。

それは簡単です。

本気で勝ちたいと思って、負けるのが怖いからです。

それって、そこまで怖いことですか?

私は、「負けるのが怖い」と思っている自分になってしまうことが、怖いです。

負けても何も感じなくなる時。

それはまさに、T-PRESSが終わる時ですからね。

そんな日は来ない、来させない為に、これからも頑張っていきます。

ピックアップ記事

  1. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  2. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  3. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  4. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  5. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…

関連記事

  1. テニス サーブ

    メンタル

    粘ってくる相手に、焦ったら負け

    何も問題無いのに、焦ってしまう。試合で、実はこういう悪循環に陥…

  2. テニス ストローク

    メンタル

    「これが決まればリズムに乗れる!」という基本ショットは何ですか?

    試合の中で、頼れるショット。これは、無理やりにでも作っておきま…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの結果を安定させるには、精神論から脱却して仕組みを変えていかないと

    頑張っているのに、結果が出ない。そんな自分が嫌で、もうテニスや…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    行動に昇華しないのであれば、それは刺激とは言えない

    テニス選手として、成長していく為に必要な要素。それって、私は「…

  5. テニス 打点

    メンタル

    相手が「切れた」から、自分も「切れる」選手は、テニス選手として恥ずかしい

    試合に出ていると、こんな経験、無いですか?相手が集中力を切らし…

  6. テニス グッズ

    メンタル

    「テニスの試合に勝ちたい」と考えるなら自分自身客観視すること、その為に必要なものは?

    自分のテニスを上達させて、試合に勝つこと。長く苦しいこの道のり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. ボレー

    「ネットにガン詰めしたボレー」とストロークのラリー練習、は試合を想定すると無意味…
  2. テニス ボレー

    ボレー

    サービスゲーム、ポーチに出るなら…?
  3. 戦術

    試合結果に、先回りしよう
  4. テニス ストローク

    ボレー

    テニスの試合では、「相手を追い込むボレー」の精度が勝敗を分ける!
  5. テニス メンタル

    戦術

    後半負け始めてからギアを上げても、遅い件
PAGE TOP