テニス ミス

メンタル

「1本集中!」ばかり口癖にしていては、狼少年になる

試合会場を見ていると、この声がいつも響き渡る。

「1本集中!」

そのポイントが終わっても、「まだまだ!次1本集中!」。

私も学生時代はこんな感じでしたが・・・こればっかりだと、どうでしょう。

本当に集中しないといけないポイント、曖昧になってしまいませんか?

 

「1本集中!」ばかり口癖にしていては、狼少年になる

 

1.1本集中、はどこに用意するのか?

あくまで私の感覚ですが、大事なポイントってテニスの場合、1試合で2つか3つ。

2回か3回、訪れるその大事なポイントを、本当にどっちが取るかで決まるような感じ、だと思いますよ。

4-4の30-30のようなポイント、本当に集中したいのはココ、ですよね。

毎回「1本!集中!」を繰り返すと、癖になってしまうんですよ。

毎回集中なんて、正直出来ない。

それを受け入れて、しっかりと言葉も使い分けていく、のが大事だと思いますよ。

 

2.口にしていることが、アナタ自身のメンタルになる

テニスって、そういうものです。

口にしていること、がそのままアナタ自身の性格になり、テニスになっていく。

確かに、「集中」することは大事です。

でも毎回口に出していたら、どうでしょう。

毎回同じようなポイント、抑揚も無い、常に一定のテンポのテニス、になってはしまいませんか?

言い方は悪いですが、抜くようなポイントだってテニスには必要だと思いますよ。

あえて、相手にやらせてみる、体力を温存してみる。

そうすることで、本当に取りたいようなポイントはより際立ったプレー、雰囲気になっていくでしょうから。

 

3.集中力は、自分でコントロールしないとダメ

語弊があるかも知れませんが、あえて集中しない、とどうなるでしょう。

きっと、そんなプレーは試合でしたこと無いと思います。

私だって、基本はそうです。

でも、「あ、今のポイント集中していなかったな」と気付くことはある。

集中していない自分、を知っているので、集中出来る雰囲気も分かって来る。

言い方を変えれば、集中しないことで、逆に集中するポイントって作れるんですよ。

人間ですから、毎回のポイントを高い集中力で行うなんて不可能。

むしろ、「集中!」と言うだけで、緊張を誤魔化しているだけ、じゃないですか?

本気の集中ポイントは、どこで出すのか、高めていくのかを考えていきましょう。

 

4.本当に集中した状態、をイメージしてみよう

私の場合、まず周りが静かに感じる。

呼吸が整って、空気と風の流れを感じる。

そして、ガットを触って集中力を高めるけど、決して気負わない。

相手を見て、迷い無く動く、ラケットを振る、これだけです。

「なんだよ、当たり前のことじゃんか」と思うかも知れません。

でも、言葉にして同じでも、人によってその集中したときの雰囲気は違うはず。

ゾーンに入る、って感じかもしれませんね。

その雰囲気を自分で自覚しておく、ことが大事だと思いますよ。

 

試合に集中する、それは毎回出来ることじゃありません。

言葉にして毎回言っていても、それって虚言でしょう。

実際、集中出来ているかと言えば、怪しいはず。

毎回言う、のを止めるだけでも違うと思いますよ。

集中するポイントは、自分で選んで決断していかないといけないのがテニスの試合、ですからね。

ピックアップ記事

  1. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…

関連記事

  1. テニス メンタル
  2. テニス 練習
  3. テニス ストローク

    メンタル

    シード選手との対戦は、「的当て大作戦」でノンプレッシャー!

    何度も対戦相手をチェックして・・・と、私は書いてきました。それ…

  4. メンタル

    綺麗に決めている相手、本当は…?

    テニスの試合を観ていると、綺麗に決まるポイントも多い。プロ選…

  5. テニス 確率

    メンタル

    「メンタルが強くなりたい?」だったら、スリルを楽しめるようになろう

    試合に強い人って、どこかで試合を本当に楽しんでいる。非日常で、…

  6. テニス 人脈

    メンタル

    試合で緊張する場面で、「いつも通りのプレーに戻す」具体的な方法5つ

    試合の中で、「緊張して緊張して、自分のプレーが出来ない・・・」ような人…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ネット近くまで詰めることが出来たら、ラケットの位置をアゴ下まで上げて高く構えよう…
  2. 戦術

    アングルの打ち合いになったら、思い切ってネットに詰めよう
  3. サーブ

    「ダブルスでのサーブ&ボレーはステップで決まる!」試合で意識したい4つのポイント…
  4. テニス チャンス

    Q&A

    Q&A「試合に出る頻度は、どれくらいが良いの?」
  5. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスで「自分より格下相手との試合の機会」を、しっかり作れていますか?
PAGE TOP