テニス 雨

シングルス

長い試合に慣れている人は、後半にペースを上げることが出来る

特に、シングルスの試合ですかね。

毎回長い試合をものにしていくのが得意、な選手ってみなさんの周りにもいませんか?

こういう選手は、やっぱり試合の後半に強い。

そして相手のメンタルを折ること、が大好きで、大得意なんです。

 

長い試合に慣れている人は、後半にペースを上げることが出来る

 


 

1.試合の後半、になぜペースアップが必要なのか?

試合の後半って、みなさんどうでしょうか?

前半と比較して、何が違うのか。

ここを意識しておかないと、試合ではずっと勝てないままです。

試合の後半って、お互いに身体も温まって、特徴も把握出来ている、もう読み合いの世界ですよね。

そして、疲労も蓄積されている。

普通にやろうと思っても、実はこういった要素がたくさん追加されている、のが試合の後半です。

特に、疲労という部分でかなり大きな差、があるケースが多いですね。

 

2.疲れた時に叩かれる、これほど痛いものは無い

試合の後半、もう疲れてきているのに・・・なかなかポイントが取れない。

相手の集中力が凄くて、こっちのチャンスも決められない・・・ような試合って、どうでしょう。

もう、そこでタオルを投げたくなりますよね。

強い相手、長い試合に慣れている選手は、これを狙ってるんです。

試合の後半にペースを上げて、相手のメンタルを折る、心を折ることが毎回の仕事。

試合の序盤なら、まだ何とかなると思えるんですけどね。

試合の後半で、疲労が溜まっている状態でやられる、叩かれる・・・ことは、本当に辛いんです。

 

3.長い試合が強い相手にこそ、長い試合を挑んでいこう

とにかく、焦らないこと。

しっかり長い試合に付き合う覚悟、を決めましょう。

相手だって、長い試合が得意とはいえ、諦めない相手は嫌ですから。

長い試合、タイブレークにもつれ込むのを、嫌って欲しいんですよ。

嫌ってくれれば焦りが生まれ、諦めも早くなる。

長い試合と言っても、テニスは最後はタイブレークがほとんど。

2点差、はそう長くない間に決着しますから。

アナタ自身、長い試合を大歓迎のスタンスでいきましょう。

 

4.試合後半のペースアップ、何が出来るだろう?

アナタ自身、試合に勝ち上がりたいなら必要なこと。

相手の心を折るようなショット、プレー、戦術、何があるでしょうか?

私は、シングルスの試合なら、メリハリを付けてプレーすることだと思います。

試合の後半に、ネットプレーを入れたり、後ろで粘ったり、とにかく色々見せていく。

序盤に見せること、も大事ですが、試合の後半に「まだまだ、俺は色々やるよ!」という意思表示は大事。

何より、勝ちたいという想いを相手に伝えることが出来ますからね。

疲労が溜まった相手は、頭の回転も鈍くなっているはず。

ペースアップ、何も難しく考える必要は無いでしょう。

とにかく、プレーの幅を効かせて相手を揺さぶるだけ、でも充分です。

 

長い試合、嫌いですか?

気持ちは分かりますが、そのイメージを払拭しない限り、やっぱり試合に勝つのは難しいですよ。

どこかで、長い試合を好きになる、殻を破りたい。

ぜひ、意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  3. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  4. 「第3回 読者ミーティング」を開催します
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. シングルス

    シングルスの試合ではまず、「70点のショットを3連続」を意識しよう

    シングルスの試合で、最初の入り方。サーブからでもリターンからで…

  2. テニス シングルス

    シングルス

    アナタのシングルスの試合を勝利に導く、30のポイント

    シングルスの試合、自分一人の孤独の戦い。だからこそ、勝っても負…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で浅いボールは、一貫して相手の逆を突こう

    プロ選手の試合を見ていると、シングルスの試合での攻撃にリズムがある。…

  4. テニス ストローク

    シングルス

    初中級相手のシングルスの試合なら、「バックの浅いスペースにスライス」を徹底して打ってみよう

    テニスを始めて間もない、またはソフトテニスから移行してすぐの初中級プレ…

  5. テニス スマッシュ

    シングルス

    シングルスの試合で「打ってはいけないコース」の代表格はなぜ危険なのか?

    「あ、今のコースは違ったな・・・」と、感じる機会、ありますよね。…

  6. シングルス

    「シングルスが好きです」テニスの試合は基本的に粘りが重要、その中で・・・

    シングルスとダブルス、どっちが好きか・・・と言われると、「う~ん・・・…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ロブ

    ストローク

    「女性の方、必見」テニスの試合で、男性相手の回転系ボールの返し方5つ
  2. 戦術

    相手の武器は、全力で潰しにいくこと
  3. テニス 試合

    メンタル

    「試合になると練習と別人になる・・・」人はココを意識して、変えてみよう!
  4. テニス ストローク

    ストローク

    シングルスの試合での決定打に!「フォアハンドのダウンザラインショット」を磨く練習…
  5. メンタル

    最初は伸び伸び、でも後半は・・・?
PAGE TOP