テニス ラケット

メンタル

「ピンチの時こそ、アグレッシブに」を、試合の基本方針に

メンタルを強くしたい、でも何をすれば良いか・・・。

という方は、まずこれからいきましょう。

直ぐに出来て、効果てきめん。

きっと、アナタ自身の考え方も変わっていくと思いますよ。

 

「ピンチの時こそ、アグレッシブに」を、試合の基本方針に

 

1.引いてしまう自分を、卒業しよう

今までの試合、思い出してみて下さい。

きっと、試合でピンチに追い込まれたときに、自分が納得いくプレーが出来たこと、少ないはずなんです。

これが、アナタ自身の弱さの源。

もっと言えば、ここでのプレーを変えていければ全ては変わる。

意識が変わって、実力がついて、行動が変わる?

そんなに悠長に待っている時間、私たちには無いはずです。

 

2.行動から変えて、メンタルが変わる

まず、ピンチのときの行動から変えてみましょう。

思い切って、積極策を取る。

自分で決断して、選択して、そこに責任を持つ。

行動を大胆に変えてみると、アナタ自身の考え方も変わっていくと思いますよ。

特にリターンの時、から変えてみて下さい。

相手の心理に立ってみれば、絶対にピンチの側が積極策に出る、のが嫌なはずですから。

 

3.積極策=強打、だから勝てない

これは勘違いされがちですが、違います。

ピンチになってムキになり、やけになって強打してミス、これは話にならないでしょう。

積極策とは、配球やポジショニング、でしっかり変えていく。

相手を惑わす作戦、になっていないと意味がないですからね。

強打してしまう癖がある人は、むしろ勝負を捨てているはず。

ペースアップがボールのスピードアップ、だと・・・ピンチなのに自滅、という感じになってしまいますからね。

 

4.アナタ自身のアグレッシブ、は何だろう?

ここで、良い機会ですので考えてみましょう。

アナタにとって、配球やポジショニングでの積極策、アグレッシブな作戦って何があるでしょうか。

これ、実力に関係無く真剣に考えてみないと上達しないですよ。

ピンチで弱気になって押し切られる人は、こういう思考が足りないはずです。

今、自分は何が使えるのか。

何が使えるようになると、ピンチでもアグレッシブに出れるのか。

その答えは、アナタ自身が持っているはずです。

 

ピンチな時こそ、アグレッシブに。

これは、私自身が試合前に必ず自分で確認するキーワード、です。

大変ですよ、実際は。

でも、最悪ポイントを落としたとしても積極策に出た自分、なら後悔はない。

相手にも印象が残る。

良いことずくめ、なんですよね。

ぜひ、試合のスタンスを変えてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  4. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  5. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会で、「身内同士の対戦になった…」ときに意識したい5つのこと

    テニス部で、「困ることあるある」の中でもたくさん頂くのが、この問題。…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で、「綺麗に美しく勝ちたい」と誰もが思いながら、負けていくという事実

    皆さん、今年はどんなテニスで一年を戦いましたか?色々チャレンジ…

  3. テニス フットワーク

    メンタル

    試合に勝てるようになりたい、なら今すぐ試合に出よう

    試合に勝ちたい、勝てるようになりたい。テニスを始めて、少しずつ…

  4. テニス トレーニング

    メンタル

    テニスの試合で「試合巧者」と呼ばれる選手は、相手の心を折るのが上手い選手です

    「あ、この試合はもう終わったな・・・」と、周りから観ていて分か…

  5. テニス 居場所

    メンタル

    「練習だけじゃ完成されない」テニスの技術は試合で使って初めて身に付いていく

    長い夏休み、たくさん練習出来たと思うけど、その分しっかり成長は出来ただ…

  6. メンタル

    テニスの試合の中で、「最期の最期」は、自分の技術と決断力を信じよう

    テニスの試合の中で、いつも決断が求められる。実力が伴っていない…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    メンタル

    ポイント後の感情を、一度リセットすることが試合では大事
  2. テニス ストローク

    ボレー

    シングルの試合で、「ダウンザライン方向への展開から、ネットに出る」と、カバー範囲…
  3. メンタル

    伸び悩みの時期、は必ず終わります
  4. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で求められるネットプレーは、より「相手のミスを誘う」要素が求めら…
  5. テニス ボレー

    スマッシュ

    試合に勝ちたければ、「スマッシュが苦手な相手には、遠慮無くロブ」を上げて打たせて…
PAGE TOP