テニス 計算

戦術

ここぞという場面、「試合の中でペースアップさせていく」のは、ボールスピードのアップだと危険

試合の中で、ここぞという場面、攻撃的にいきたい。

特に4-4からブレイクして5-4になった、次のサービスゲームをキープすれば勝利・・・みたいな場面。

つい力が入った「ペースアップ」になってはいませんか?

ボールのスピードを速くする、ことが試合のペースアップになっていると危険。

なぜならそこには、調子の波があるからです。

 

ここぞという場面、「試合の中でペースアップさせていく」のは、ボールスピードのアップだと危険

 


 

■ボールのスピードを上げるのはリスクが高い

せっかくリードを奪い、さらに拡げたい・・・という場面。

そこで実力以上に速いボールを打とうとしても、安定感を欠く。

調子が良い・・・と思っていても、それは一時的なものかも知れない。

相手からリードを拡げたい、と思う気持ちは分かりますが、ボールの速さを上げることが一番の選択肢だと危険。

それって、ただの焦りでしかありません。

もっと有効に確実に、相手を攻撃していく手段があるはずです。

 

■ボールのスピード、ではなくタイミングを速くする!

私なら、ボールの速さはそのままにタイミングを速くする。

一歩前、ベースラインより少し前に入るくらいで、ライジングショットを混ぜていきます。

そして相手が少しでも態勢を崩したら、ネットに詰めていく。

この形が、速いボールよりもプレッシャーになることを私は長年の経験で強く感じています。

リードを奪われている相手は、そこまでアグレッシブに来ることが出来ないので、自分から攻撃していくことは忘れずに。

ネットプレー、リードした場面で入れると本当に効果的ですよ。

タイミングを速く、テンポを上げていくことで相手を突き放すテニスが出来ると、アナタの勝利はグッと近づくでしょう!

 

■試合の中で「ペースアップ出来る武器」は絶対に必要

シングルスでもダブルスでも、強い選手は抑揚の付け方が上手い。

少し潜むように粘るゲームがあり、急に勢いを付けて攻撃してくる。

試合慣れしていない相手は、そのペースアップに動揺してしまうので、試合がそこで決してしまうのです。

決してリスクを冒す訳ではなく、相手を追い詰めていく。

きっとそこには、タイミングの速さというキーワードがあるはずです。

 

相手が何かを仕掛けてくる、と慌ててしまう人が多い。

試合が上手い選手は、相手が何かを仕掛けてくる、ことにも慣れている。

だから上手く対応して、その攻撃的な選手に自滅を促すことも出来る。

ボールスピードに頼っていると、そんな試合巧者の相手に手玉に取られてしまう。

自分が仕掛けることも出来るし、仕掛けられても動じない。

そんな強いテニス選手に、皆さんもぜひなっていって下さい!

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  3. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…

関連記事

  1. テニス サーブ

    戦術

    テニスではセンスこそ体系化出来るし、理論化出来るはず

    今日もまた一つ、誤解を解いておきたいと思います。よく、「あの人…

  2. テニス 走力

    戦術

    テニスの試合で初対戦のときは、先に動くに限る

    テニスの試合、みなさんは「初対戦」の割合ってどうでしょうか?試…

  3. 戦術

    テニスの試合では、「相手の主張」を受けて立とう

    テニスの試合、強い相手は必ず何か特徴を持っている。それは、言い…

  4. テニス シングルス

    戦術

    相手に自滅を促す戦い方は、究極の体力温存法

    テニスの試合で、「楽に勝てたな・・・」という試合、皆さんも経験あるはず…

  5. テニス 練習

    戦術

    相手が戻ろうとする逆を突く、のは上級者テクじゃない

    プロ選手の試合を観ていると、よくあるポイントパターンですよね。…

  6. テニス フットワーク

    戦術

    「自分から先に仕掛ける」意識を強く持たない限り、強い選手には勝てない

    テニスの試合、先手必勝。これは、他のスポーツよりもより強く言え…

特集記事

  1. テニス 雪

    メンタル

    メンタルの弱さとは、そのままアナタの意志の弱さである
  2. テニス ストローク

    フットワーク

    前に走ってボールを処理するときは、その後のポジションを考えよう
  3. テニス カープ

    練習メニュー

    プロ野球の広島カープに学ぶ、「徹底的した素振り練習」を貫くことの重要性
  4. テニス チャンス

    スマッシュ

    陽射しが強い日の外での試合は、「早めに太陽に目を慣らしておく」だけで全然違う
  5. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合、「自分がミスして終わりたくない」のは、テニススクール生の性
PAGE TOP