テニス サーブ

メンタル

対戦相手が一番欲しいモノを、簡単に差し出してはいけない

テニスの試合、対戦相手が一番欲しいもの。

それって何でしょうか?

勝利・・・はもちろんですが、その前段階で考えてみると面白い。

もしかしたら、アナタは相当試合で損をしているかも知れないのです。

 

対戦相手が一番欲しいモノを、簡単に差し出してはいけない

 

1.対戦相手がアナタに求めるもの、それは「混乱」です

私はいつも、相手に求めています。

色々な作戦を出すことで迷って欲しい、悩んで欲しい、葛藤して欲しい。

「もう試合なんて嫌だ・・・」と思うくらい、落ち込んでもらいたい。

こう書くとすごく嫌な奴みたいですが、もちろんその働きかけはテニスのプレーで行う。

ちょっとしたこと、少しの揺さぶりで、アナタ自身すぐに感情的になったりしていませんか?

今一度、自分の試合を思い出してみて下さい。

 

2.相手の作戦を、意識し過ぎないことも大事

試合の中で、相手の作戦にはまる人・・・は自分からはまっていっている。

何かを意識し過ぎて、その反対が疎かになったり、自信を無くしたり。

まさに相手が求める対戦相手、になっちゃってるんですよね。

こういうことって、気付かないと一生変われない。

私が観る限り、学生の皆さんも相手の安い挑発に乗ってばかり。

感情的になった自分をコントロール出来ない、ままに試合で負けていくのはもう止めにしましょう。

 

3.テニスの試合は、「不快なこと」で満ちている

これが現実です。

気になること、イライラすること、我慢ならないこと・・・が、たくさんあるのがテニスの試合。

勝った試合でも、そんな経験多いはずです。

アナタに求められるのは、何が起きても動じない心、相手から揺さぶられない精神。

テニスの技術がいくらあっても、この根本が無い人はそれを試合で活かせない。

相手が欲しいモノをすぐに差し出す、ことにすら気付いていないのかも知れない。

アナタは・・・どうですか?

 

きっと、若い頃の私はそうでした。

しかもそれが少しカッコイイ、くらいに思っていたので始末が悪い。

試合の中で強い心を持って、相手の揺さぶりに動じない。

練習からの意識、大事ですね。

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  4. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「タラレバ男、タラレバ女」にアナタはなっていませんか?

    「もしもあのサーブが入っていれば・・・」「あのポイントでポーチ…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合で勝てない人には共通点がある」アナタ自身でチェックして欲しい項目5つ

    「テニスの試合で勝つ為に」をテーマに記事を書かせて頂いている中で、身に…

  3. メンタル

    自分の本棚が、違って見える?

    みなさんは、ご自宅に本棚はお持ちですか?私は、あります。…

  4. テニス コントロール

    メンタル

    追い込まれないとスイッチが入らない、人が普通です

    テニスの試合に出ている人なら、誰しもが考えていること。それは、…

  5. テニス リターン

    メンタル

    「決まった!」と思う癖を無くさない限り、いつまで経っても詰めの甘いテニス選手で終わります

    昨日の錦織選手とジョコビッチ選手の試合、長いラリーの応酬・・・が多かっ…

  6. テニス ラケット

    メンタル

    「ピンチの時こそ、アグレッシブに」を、試合の基本方針に

    メンタルを強くしたい、でも何をすれば良いか・・・。という方は、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 陸上

    戦術

    楽して勝つのが許せない、という人は生涯トーナメントを勝ち抜けない
  2. テニス 評価

    戦術

    どうやって勝ったのか、よりも、どうやって負けたかの方が大事
  3. テニス リターン

    リターン

    リターンミスが多い人は、〇〇だけ意識しよう
  4. ボレー

    クロスでのボレー対ストローク、のボレーヤー側の基本スタンスについて
  5. その他

    「中学生なら高校生、高校生なら大学生」と、次のステージのテニスは早めに観て感じて…
PAGE TOP