テニス メンタル

ダブルス

ダブルスの試合では、「相手前衛の上にロブを打って、2人で前→ロブ待ち」作戦でいこう!

ダブルスの試合、相手を攻撃していく基本パターン。

相手雁行陣に対して、まず前衛の上から崩していく、

そして2人で前・・・という形を作ると、試合慣れしていないような相手だと・・・もう、お分かりですね。

逃げたくなる相手の心理を、上手く引き出しましょう。

 

ダブルスの試合では、「相手前衛の上にロブを打って、2人で前→ロブ待ち」作戦でいこう!

 


 

■前衛の頭上を越えたら、迷わず前に出よう!

相手雁行陣の前衛の上を抜く、ことが出来たら前に出る。

ボレーが苦手な人でも、積極的に前に出る勇気、ダブルスでは必要です。

相手の後衛が走って、相手の前衛とチェンジする、ときに自分たちはしっかり「前」にいる。

逆の立場だと、これを実践されるとどうですか?

とりあえず逃げのロブ、上げてみたくなりませんか・・・?

ロブを引き出す、ことが出来ればこの作戦は成功です!

 

■ロブを待ち構えるポジションは、サービスライン上くらいで充分

つまり、あまり前に詰め過ぎないこと。

厳しいロブでも、しっかりスマッシュを打てるポジションと心理、で待ちかまえましょう。

特にロブを打ってくる雰囲気が強い相手には、それ相応のポジションで良い。

そこからもし普通のストロークで沈められても、そのときは落ち着いて返球。

スマッシュ8割、ストローク2割くらいの感覚で相手の返球を待ち構える。

それくらい思い切った感じ、で良いでしょう。

 

■ロブが抜けても後ろにいるのは・・・もったいない

せっかく相手を走らせているなら、どんどん追い込んでいかないと。

学生の皆さんのダブルスの試合を観ていると、相手に「逃げ場」を与えているケースが多い。

雁行陣でチェンジ、させているのにそのままストロークラリーを許してしまう。

結果的にストローク力がある相手、が勝つ試合しかダブルスは観ない。

これって、すごくもったいない話。

もっと、勝てる相手、アナタ自身増やせるはずですよ。

 

まずは前に出て、相手にロブを上げさせる。

上げさせたロブ、は怖くありません。

相手も怯えながら打つのでミス、になりやすいですしね。

ベテランの方はもちろん、若い方にもネットに出る良いきっかけになるはずです!

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  3. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  4. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…

関連記事

  1. ダブルス

    ダブルスの試合で、前衛がドロップボレーから攻める方法

    今回は、シンプルな作戦を確認しましょう。相手のバックハンドにサ…

  2. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの試合で「ストレートロブ」を相手前衛に触らせると、上手く陣形を崩せて攻撃できます

    ダブルスの試合にたくさん出ている人は、様々な攻撃パターンをもっていると…

  3. ダブルス

    並行陣の逆陣形、を理解すればダブルスに強くなる

    並行陣で、後衛がどんどん前に詰める形。男子ダブルスでは、これが…

  4. テニス ロブ

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「前衛がサインを出すペア」って、何を確認してるんだろう?

    ダブルスの試合で、前衛の選手がサーブを打つ選手にサインを出す。前衛…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で前衛にいるとき、「次、ストレートに来る!」というタイミングが読めたら・・・?

    ダブルスの試合で、雁行陣のクロスラリーからストレートへの展開。…

  6. ダブルス

    テニスのダブルスの試合で「リターンダッシュが得意」な相手への有効な対策5つ

    ダブルスの試合でサーブ&ボレーをしていると、リターンの上手い相…

特集記事

  1. トレーニング

    テニス知識

    フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. テニス 攻撃

    ボレー

    フワッと浮いたボールを詰めてボレー、足から合わせていけばミスが減る
  3. テニス メンタル

    その他

    「またあいつ、呼ばれてるよ・・・」テニスの試合、大会本部からいつも呼び出される恥…
  4. テニス ボレー

    ボレー

    「バックハンドのハイボレーが、いつもガシャってしまう」人は、腕を伸ばし過ぎていな…
  5. リターン

    「トップスピンストレートロブリターン」をダブルスの試合で打てると、安全かつ確実に…
PAGE TOP