テニス リターン

フットワーク

テニスの動きで、「頭が前に突っ込んで態勢が崩れる人」は、つま先より前に膝が出ないように意識を!

人間の身体で、一番重たい部位の一つが頭。

それが一番上にある訳ですから、実は人の身体って結構不安定な状態で立っていること、あまり普段は意識しませんよね。

テニスのあらゆる動作では、何も意識しないとこの頭の部分が前に突っ込んで、上体が崩れてしまうケースが多い。

特にボレーなんかは、そういう人たくさんいるような気がします。

まずは下半身のある部分を意識することで、上体の「突っ込み」を防ぐことが出来るかも知れない。

ポイントは膝とつま先の位置関係、です。

 

テニスの動きで、「頭が前に突っ込んで態勢が崩れる人」は、つま先より前に膝が出ないように意識を!

 


 

■スプリットステップから、上体が前に突っ込まないように!

スプリットステップは、相手がどこに打ってきても素早く反応できるように準備する大事なステップ。

ですが実際の試合で、例えばネットプレーに移行するときのスプリットステップは「前のめり」になりがち。

そうなると・・・もしロブが来たときには、反応が遅れてしまう。

そうならない為に、良いバランスを保つ為に必要なことは何か?

ズバリ、膝の位置をつま先より後ろに保つこと、です。

 

■どっしりした「パワーポジション」を意識しよう!

膝の位置を、しっかりつま先の上、少し後ろになるようにしてみる。

最初は「少し後ろ重心かな・・・」と思うかも知れませんが、慣れればしっかりバランスが取れたと感じるはず。

上体から反応しやすい人は、ラケットから先に出して「早くボールに触りたい!」と思ってしまいがち。

その衝動を抑える為にも、まずは下半身から「頭を突っ込ませない」ように、良いブレーキをかけてあげれば大丈夫!

「パワーポジション」の構えは常に意識して、試合でも構えるようにしましょう!

 

■「柔らかく膝を曲げる」ことが出来れば、頭は突っ込まない

膝が伸びている、下半身が硬い人は上半身がコントロールできない。

軽く膝を曲げて、しっかり身体を支えるような意識を持てるよう、トレーニングが必要です。

スプリットステップも、上にジャンプするというよりは沈み込むという感覚がオススメです。

リターンや相手の攻撃に備えるとき、きっと1歩目の反応速度が違うはず。

曲げた膝の先が自分のつま先の上にくる状態、自分で鏡の前で横向きにやってみて下さい。

きっとテニス選手らしい、良い構えになってるんじゃないかと思います!

 

「膝を曲げて構える・・・と、すぐに疲れちゃうんです」という声を聞きます。

確かに最初はそうでしょうが、慣れてくると逆に膝を曲げているほうが疲れないんです。

むしろ前に前に突っ込んでバランスを崩しているほうが、よっぽど疲れやすいし怪我もしやすい。

どっしりと下半身で、自分の上半身を支えて上げる。

その為には、ぜひ学生の皆さんは下半身を鍛えるスクワットのようなトレーニング、習慣化しておいて下さい。

1日5分でも、毎日続けていればきっと良いパワーポジションの構えが出来るようになるはず。

頑張りましょう!

ピックアップ記事

  1. メルマガ配信、登録を開始します!
  2. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  3. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…

関連記事

  1. フットワーク

    相手からクロスに打たれて、下がってストロークは厳しい

    ベースライン同士の打ち合いの中で、相手からクロスに打たれる。こ…

  2. テニス ボレー

    フットワーク

    相手をワイドに走らせたら、身体の向きは相手に合わせよう

    例えば、ショートクロスのようなショットで相手をコートの外に追い出すとき…

  3. テニス フットワーク

    フットワーク

    そもそも、ボールより速く走れる選手はいない

    どんなに足が速い選手でも、ボールより速くは動けない。サッカーや…

  4. テニス ダブルス
  5. テニス メンタル

    フットワーク

    ほんの0.1秒、0.1メートルが、テニスではポイント差になる

    テニスの守備、攻撃。何度か聞いたことのある話だと思いますが、こ…

  6. フットワーク

    「ナイス反応!」にはポイントがある!テニスの試合で必要な反応における大原則

    「反応をよくする方法、教えてもらえますか?」そういう質問をよく…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    戦術

    目に見えるスコアだけで、本当の差は見えてこない
  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合、「緊張する場面でストロークでコントロールが悪い人」は、肘の位置を修…
  3. その他

    【大会告知】12/29 年末インドアコート ダブルス大会 in OTS南町田
  4. テニス ダブルス

    その他

    「テニス部の後輩が、なかなか上達しない・・・」と悩んでいる方は、教え方が悪い訳で…
  5. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「自分のパートナーがミスしたとき」に、アナタの対応はどうですか…
PAGE TOP