ボレー

ハイボレーをいつもふかしてアウトする人は、「テイクバックのときに膝が伸びない」ようにチェック!

テニスの試合で、ミスして落ち込むのがハイボレー。

ダブルスでもシングルスでも、「チャンスを作ってここぞ!」という場面で打つ機会が多いですよね。

でも簡単そうに見えて、このハイボレーこそテニスの実力が一番反映される技術。

一番多いミス、実はネットミスよりもふかしてしまうようなアウトするミス、ではないでしょうか?

色々と抑えるコツはありますが、今回は「膝が伸びてしまう」ことでアウトしてしまう方に向けて書いてみます。

まずは膝を伸びきらないように、注意してみるだけで変わるはずです!

 

ハイボレーをいつもふかしてアウトする人は、「テイクバックのときに膝が伸びない」ようにチェック!

 


 

■テニスでは、頭の高さが変わらないようにするのが一番!

頭の高さ、位置が変わってしまうとテニスのショットは全て安定しない。

ショットに応じて自分の目線の高さが変わるのは、出来るだけ避けたいところ。

その為にはどうすれば良いか・・・の答えは、実は簡単。

軽く膝を曲げて、常に低めの目線を保つようにすれば安定します。

「ん?ハイボレーなのに、低い態勢?」と思った方、この機会に先入観を無くしましょう!

 

■ハイボレーは高い打点の方が良い!というのは、実は間違いです

ハイボレー、少しでも高い打点で打ちたい!と思った方、実は大きな勘違い。

テニスではネットの高さは1メートル弱、つまりは自分の頭の上で打てれば充分な高さなのです。

少しでも高い打点で・・・と思って、膝を伸びた状態で打とうろすると、伸びきった状態になって身体のコントロールが難しい。

大体は振り遅れてラケット面が上を向いて、胸から突っ込むような感じでアウトしてしまうのが落ちでしょう。

そうではなくて、膝を曲げて軽く腰を落とす、腕はしっかり上に上げる。

この状態でハイボレーが打てると、抑えも効いたコントロールの良いボレーが打てるのです。

まずはこれに、しっかり気付いて下さい。

 

■膝が軽く曲がっていれば、目線の高さが変わらないからボレーが安定する

膝を柔らかく使えれば、ボレーは安定します。

なぜなら目線の高さが一定になって、動き自体がシンプルになるからです。

ハイボレーが上手い人、よく観察してみて下さい。

よくボールを引き付けて、しっかり打つコースも隠せていますよね。

ボレーでも打つコースを隠すということは、打点に幅があって貯めがあるということ。

身体の関節が伸びきった状態では、その幅が無いので無理にコースを変えようとするとミスになってしまう。

ポーチボレーなんかは特に、この意識が大事ですね。

アナタのハイボレー、各関節が伸びきってはいませんか?

 

ラケットを準備、テイクバックするときの態勢でボレーの精度は決まります。

テイクバック・・・と書きましたが、実際は身体の前にラケットをセットするだけ。

「バック」と言っても、身体の後ろにセットする訳ではありませんね。

ハイボレーでも同じです。

膝を柔らかく、伸びきらないように意識するだけで、きっとワンランク上のボレーになるはずです。

ぜひ動画を撮影したりして、自分を知ることから始めてみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. ボレー

    大きく踏み込んだボレーを安定させるには、「後ろ足の内側をコートに付ける」を意識したい

    ネットプレーで、しっかり下半身から動かして「足」を出す。言葉で…

  2. ボレー

    ボレーが安定している人は、ラケットと身体の距離がいつも一定に保てている

    ボレーを安定させて、試合で使っていきたい。そう考えている人は、…

  3. ボレー

    自分で誘って決める、前衛のポジションは・・・?

    ダブルスの試合で、リターンを前衛が誘う。昨日のミーティングでも…

  4. テニス ラケット

    ボレー

    テニスでのボレーは「ボールを引き付ける」、だけで見違える

    どうやっても、ボレーが上達しないで悩んでいる人。ストロークには…

  5. テニス 戦術

    ボレー

    硬式テニスのボレーは、「ラケット面をしっかり作る」からコントロールできる!

    ソフトテニス、軟式テニスを経験している方が硬式に移行した際に、難しい技…

  6. テニス 練習

    ボレー

    ダブルスの前衛なら、「連続して2回触るプレー」でポイントを獲りにいこう

    ダブルスの試合で、前衛のポジションにいるとき。私はなるべく、こ…

特集記事

  1. テニス チャンス

    練習メニュー

    「良いフォームは自分で開発出来なきゃなきゃダメ!」テニスの試合で苦しいときに実力…
  2. 練習メニュー

    日々の練習を、大切に出来る人はこういう人
  3. シングルス

    シングルスでのネットフォルト、とことん自分が損するだけ
  4. テニス ストローク

    ボレー

    バックハンドボレーは、スライス?フラット?
  5. テニス サーブ

    リターン

    切れ味鋭いサーブの対策は、チーム内で絶対に必要になる
PAGE TOP