ボレー

ハイボレーをいつもふかしてアウトする人は、「テイクバックのときに膝が伸びない」ようにチェック!

テニスの試合で、ミスして落ち込むのがハイボレー。

ダブルスでもシングルスでも、「チャンスを作ってここぞ!」という場面で打つ機会が多いですよね。

でも簡単そうに見えて、このハイボレーこそテニスの実力が一番反映される技術。

一番多いミス、実はネットミスよりもふかしてしまうようなアウトするミス、ではないでしょうか?

色々と抑えるコツはありますが、今回は「膝が伸びてしまう」ことでアウトしてしまう方に向けて書いてみます。

まずは膝を伸びきらないように、注意してみるだけで変わるはずです!

 

ハイボレーをいつもふかしてアウトする人は、「テイクバックのときに膝が伸びない」ようにチェック!

 


 

■テニスでは、頭の高さが変わらないようにするのが一番!

頭の高さ、位置が変わってしまうとテニスのショットは全て安定しない。

ショットに応じて自分の目線の高さが変わるのは、出来るだけ避けたいところ。

その為にはどうすれば良いか・・・の答えは、実は簡単。

軽く膝を曲げて、常に低めの目線を保つようにすれば安定します。

「ん?ハイボレーなのに、低い態勢?」と思った方、この機会に先入観を無くしましょう!

 

■ハイボレーは高い打点の方が良い!というのは、実は間違いです

ハイボレー、少しでも高い打点で打ちたい!と思った方、実は大きな勘違い。

テニスではネットの高さは1メートル弱、つまりは自分の頭の上で打てれば充分な高さなのです。

少しでも高い打点で・・・と思って、膝を伸びた状態で打とうろすると、伸びきった状態になって身体のコントロールが難しい。

大体は振り遅れてラケット面が上を向いて、胸から突っ込むような感じでアウトしてしまうのが落ちでしょう。

そうではなくて、膝を曲げて軽く腰を落とす、腕はしっかり上に上げる。

この状態でハイボレーが打てると、抑えも効いたコントロールの良いボレーが打てるのです。

まずはこれに、しっかり気付いて下さい。

 

■膝が軽く曲がっていれば、目線の高さが変わらないからボレーが安定する

膝を柔らかく使えれば、ボレーは安定します。

なぜなら目線の高さが一定になって、動き自体がシンプルになるからです。

ハイボレーが上手い人、よく観察してみて下さい。

よくボールを引き付けて、しっかり打つコースも隠せていますよね。

ボレーでも打つコースを隠すということは、打点に幅があって貯めがあるということ。

身体の関節が伸びきった状態では、その幅が無いので無理にコースを変えようとするとミスになってしまう。

ポーチボレーなんかは特に、この意識が大事ですね。

アナタのハイボレー、各関節が伸びきってはいませんか?

 

ラケットを準備、テイクバックするときの態勢でボレーの精度は決まります。

テイクバック・・・と書きましたが、実際は身体の前にラケットをセットするだけ。

「バック」と言っても、身体の後ろにセットする訳ではありませんね。

ハイボレーでも同じです。

膝を柔らかく、伸びきらないように意識するだけで、きっとワンランク上のボレーになるはずです。

ぜひ動画を撮影したりして、自分を知ることから始めてみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  2. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  3. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  4. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    コンパクトなボレーの打ち方は、「ラケットが収まる場所」を作ることで完成します

    ボレーの安定感は、シンプルさ。多少はラケットを動かしつつも、基…

  2. テニス フットワーク

    ボレー

    つなぐボレー、を脱却したい方へ

    試合でつなぐボレー、を脱却したい。ストロークで打ち込まれないボ…

  3. ボレー

    サーブ&ボレーのときの「ファーストボレーが安定しない」ときに改善したい4つのポイント

    サーブ&ボレーで難しいのは、まずファーストボレー。現代テニスで…

  4. ボレー

    スライスボールをボレーするなら、それ以上のスライスで!

    相手が粘ったスライス、よしチャンスだ!と思ってボレーしようと思…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    サッカー経験者なら、トラップ感覚でドロップボレーは完成する

    「めっちゃドロップボレー上手い!」と思ったこと、皆さんもあるはず。…

  6. テニス 環境

    ボレー

    ゆっくりしたロブのバックボレーカット、練習しておかないと

    簡単そうに見えて、すごく難しいショット。テニスでは、「緩いロブ…

特集記事

  1. ストローク

    「ハードコートでのストローク戦がきつい!」ヘビーなトップスピンストローカーへの対…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    大事な試合の前日に寝れなくなる人は、ただ「整理不足」なだけ
  3. テニス ボレー

    戦術

    アナタに苦手なショットがあるなら、試合では「最低限のプレー」を見せれるよう、手堅…
  4. テニス 技術

    ボレー

    バックハンドボレー、相手に背中を向けて逆クロスに打っていこう
  5. ダブルス

    横軸で見ると、ダブルスの穴は3か所ある
PAGE TOP