テニス ロブ

ボレー

ボレー対ボレーのラリーになったら、バックボレーが主役!

この意識、大事です。

ボレー戦のようなラリーになったときに、自分でバックボレーを主役にもっていく。

この意識があれば、しぶとく粘れるし、角度を付けたボレーも打てる。

とにかく、良いことずくし。

ぜひ、初心者の方も苦手意識克服の意味でも、トライしてみて下さい。

 

ボレー対ボレーのラリーになったら、バックボレーが主役!

 

1.ウォーミングアップのボレーボレーから、バックボレー主役!

みなさん、練習前のウォーミングアップ、しっかりボレーボレーでバックボレー、使えてますか?

ここからフォアハンドボレーだけ、になっている方が本当に多いんですよね。

お互い、続けることが目的になってフォア側にしか打たない。

初心者の方でも、何球かラリーが続いたらバックボレーを入れていきましょう。

打ったら構える、相手のバック側にもしっかり打っていく。

この姿勢が、試合でも活きてきます。

試合の中でバックボレーを使う意識は、練習開始からもうトレーニングしていかないとダメです。

 

2.フォアボレーは、誰でも反応出来る

極論、これです。

フォアボレーは、多少遅れても反応出来るし、打点が後ろでもコントロール出来る。

でもバックボレーは、そうはいかない。

とにかく遅れがちですし、しっかり打てる自信が無いからか反応も遅い。

フォアボレーに意識を置かない、というわけでは無いんですが、速いラリーになったらバックボレー中心で考えて良い。

それくらい、割り切ってバックボレー主役、で良いと思いますよ。

 

3.バックボレーのメリットは、正面に強いこと

まず、これが一番でしょう。

何度も書いて来ましたが、ボレー戦になったときに、急所は身体の正面です。

しかも、ここに打たれるケースは多い。

身体の正面、にバックボレーのラケット面を用意しておけば、合わせるだけで楽に返球出来る。

これは、ボレー戦の基本です。

正面をバックボレーでさばく、と考えると、必然的に主役はバックボレーになります。

ここに気付けるかどうか、ですね。

「なんだ、こっちの方がやりやすいな」と思えたら、アナタはもう立派なネットプレイヤーです。

 

4.ラケット面を作りやすいのも、実はバックボレー

私の感覚では、アングルボレーやロブボレー、もバックボレーの方が打ちやすい。

力が入り辛い分、ラケット面を繊細に作れるんだと思います。

両手の方も、一緒です。

出来るだけ、利き腕で無い方の手でしっかりラケット面を作る、ことを意識してみて下さい。

バックボレー主役で、コース勝負。

これが、ボレー戦のキーワードになると思いますよ。

 

きっと、フォアボレーは反応出来ます。

バックボレーが遅れる、正面が不安定になることが、何より怖い。

ボレー戦になって、いける!と思ったときほど冷静に。

バックボレー主役で待つ、ことを忘れないでおいて下さい。

ピックアップ記事

  1. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  4. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  5. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス ガット

    ボレー

    ストロークからボレー、のグリップチェンジ機会は練習から!

    テニスはどんどん、自分の役割が変わるスポーツ。硬式テニスでは前…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーで攻守の切り替え、しっかり出来る?

    ネットプレー、ボレーがなかなか出来ない。そう考えている方は、テ…

  3. テニス 戦術

    ボレー

    試合で効果的な、「サービスラインより深いボレー」を安定させる5つのコツ

    ボレーを深く、安定させること。もしかしたら、今のアナタにとって…

  4. ボレー

    スライスボレーをネットしてしまう人は、どうすれば良い?

    試合で使うボレー、スライス回転をかけて相手を追い込みたい。でも、ロ…

  5. テニス ストローク

    ボレー

    自分のボレーに、「伸びが無い」と感じている人は、打つ瞬間に前足が上がっているかを確認しよう

    ネットに出てボレーをしても、簡単に相手から返されてしまう。また…

  6. ボレー

    足下のボレーを克服する、5つの秘策

    みなさんも、ネットプレーで足下のボール、苦労しますよね。基本…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ストローク

    シングルス

    「シングルス、難しいっ!!」テニスの試合で苦手意識が浮き彫りになる理由とは?
  2. テニス フットワーク

    ストローク

    ストロークで振り切れない時期は、あのラリーでイメージ回復
  3. テニス 打点

    ボレー

    テニスはいつも、「ラケット面真ん中に当たるのが一番」だと考えている人は、永遠に中…
  4. ストローク

    現代テニスのストロークでは、「テイクバックは身体のターン」で充分完了です
  5. テニス リターン

    メンタル

    出る杭を伸ばすチームと、自分自身の心を
PAGE TOP