テニス ロブ

ボレー

ボレー対ボレーのラリーになったら、バックボレーが主役!

この意識、大事です。

ボレー戦のようなラリーになったときに、自分でバックボレーを主役にもっていく。

この意識があれば、しぶとく粘れるし、角度を付けたボレーも打てる。

とにかく、良いことずくし。

ぜひ、初心者の方も苦手意識克服の意味でも、トライしてみて下さい。

 

ボレー対ボレーのラリーになったら、バックボレーが主役!

 

1.ウォーミングアップのボレーボレーから、バックボレー主役!

みなさん、練習前のウォーミングアップ、しっかりボレーボレーでバックボレー、使えてますか?

ここからフォアハンドボレーだけ、になっている方が本当に多いんですよね。

お互い、続けることが目的になってフォア側にしか打たない。

初心者の方でも、何球かラリーが続いたらバックボレーを入れていきましょう。

打ったら構える、相手のバック側にもしっかり打っていく。

この姿勢が、試合でも活きてきます。

試合の中でバックボレーを使う意識は、練習開始からもうトレーニングしていかないとダメです。

 

2.フォアボレーは、誰でも反応出来る

極論、これです。

フォアボレーは、多少遅れても反応出来るし、打点が後ろでもコントロール出来る。

でもバックボレーは、そうはいかない。

とにかく遅れがちですし、しっかり打てる自信が無いからか反応も遅い。

フォアボレーに意識を置かない、というわけでは無いんですが、速いラリーになったらバックボレー中心で考えて良い。

それくらい、割り切ってバックボレー主役、で良いと思いますよ。

 

3.バックボレーのメリットは、正面に強いこと

まず、これが一番でしょう。

何度も書いて来ましたが、ボレー戦になったときに、急所は身体の正面です。

しかも、ここに打たれるケースは多い。

身体の正面、にバックボレーのラケット面を用意しておけば、合わせるだけで楽に返球出来る。

これは、ボレー戦の基本です。

正面をバックボレーでさばく、と考えると、必然的に主役はバックボレーになります。

ここに気付けるかどうか、ですね。

「なんだ、こっちの方がやりやすいな」と思えたら、アナタはもう立派なネットプレイヤーです。

 

4.ラケット面を作りやすいのも、実はバックボレー

私の感覚では、アングルボレーやロブボレー、もバックボレーの方が打ちやすい。

力が入り辛い分、ラケット面を繊細に作れるんだと思います。

両手の方も、一緒です。

出来るだけ、利き腕で無い方の手でしっかりラケット面を作る、ことを意識してみて下さい。

バックボレー主役で、コース勝負。

これが、ボレー戦のキーワードになると思いますよ。

 

きっと、フォアボレーは反応出来ます。

バックボレーが遅れる、正面が不安定になることが、何より怖い。

ボレー戦になって、いける!と思ったときほど冷静に。

バックボレー主役で待つ、ことを忘れないでおいて下さい。

ピックアップ記事

  1. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  2. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    サイドスライスのボレーが打てるから、ネットプレーには安定感が出る

    ボレーの基本、ある程度身に付けてきたらぜひ「逆クロス方向へのショット」…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    脱・ネットプレー中級者、の為には「打った方向へ詰める基本」を再度徹底しましょう!

    ネットプレーはどうも苦手、という方は、ラケットワークに意識がいき過ぎて…

  3. ボレー

    相手が打って来るスライスストロークは、格好のドロップボレーチャンス!

    アナタ自身が前にいて、相手がストローク。この時、スライスでのス…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ポーチに出たけど、「リターンがスライスで遅い」は、試合でのあるある

    良いサーブが入って、「よし!ポーチだ!」と、動く。でも、相手のリタ…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    「骨盤をけっこう意識してます」横向きに必要なテニスの動きは骨盤から!

    テニスの試合ではコースが大事。ショットのパワーも欲しいけど、ち…

  6. テニス ロブ

    ボレー

    ボレーの基本、「手首をコックしてリラックス」の態勢を作ろう

    ボレーの基本、もうみなさん「分かってるよ・・・」と思うことかも知れませ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 戦術

    リターン

    試合でリズムを変えたければ、スライスリターンから
  2. テニス メンタル

    メンタル

    一度の成功体験にしがみ付いている人ほど、面倒臭い人はいない
  3. テニス 環境

    ダブルス

    「ダブルスを極めたい」ならぜひチェックしておきたい、テニスのベストマッチ動画5選…
  4. テニス ダブルス

    ストローク

    両手バックハンド、だけで良いの?
  5. ロブ

    相手のスマッシュをミスに追い込む、シンプルな方法は?
PAGE TOP