テニス フットワーク

ボレー

身体の正面のボレーを、バックボレーで返球する為の必要な意識4つ

身体の正面のボレーは、テニスの技術の中でも難しいモノ。

なぜ難しいか・・・と考えると、やっぱりラケットを動かすのにも窮屈な動きになってしまう、フォアかバックか迷ってしまうという点があると思います。

正面はバックハンドボレーのほうが返球しやすいのは確かですが、出来るだけシンプルにすることで安定感も増します。

今回は4つの項目に分けて、考えてみましょう。

 

身体の正面のボレーを、バックボレーで返球する為の必要な意識4つ

 


 

1.ラケットはあまり動かさない

まずは構えから確認。

ラケットヘッドと立てて、グリップはお腹の前あたり、そしてバックハンドで打つラケット面を相手方向に向けておくことを意識しましょう。

そうすれば、真正面のボールはほとんどラケットを動かさなくても返球できるはずです。

少しだけ上半身をひねれば、逆クロス方向にもコントロールできますね。

両手バックハンドボレーの方も、考え方は同じです。

ラケット面、どちらをバックハンドボレーで使うのかをはっきり意識して構えることが大事。

まずはラケットを「動かし過ぎない」ことを、特に初心者の方は意識してみて下さい。

 

2.慌てて早く触ろうとしない

正面にボールが飛んでくると、ネットプレーに慣れていない人は慌てがち。

この慌ててしまう感じが、より自分でボレーを難しくしてしまう原因になってしまうのです。

焦ってボールに速くラケットを当てたい、と思うと手打ちになって腰が引けてしまいます。

これではコントロールも出来ませんので、しっかりボールをも待って引き付ける意識を持ちましょう。

 

3.返球するボールは山なりに

正面に飛んできているボールを、攻撃していくのは難しい。

まずはしっかり相手に返球して、態勢を整えないといけません。

そうなれば、軌道は自然に山なりになるはず。

少しボールの下を触って、スライスで山なりな軌道で返球できるように意識してみましょう。

しっかり深く返球できれば、相手もなかなか次のボールで攻撃できないはずです。

 

4.上級者は、ぜひドロップボレーのオプションを

3.では攻撃が難しいと書きましたが、上級者の方であればぜひドロップボレーにも切り替えれるようにしておきたい。

相手がベースライン近くにいるときには、正面にきたボールはドロップボレーのチャンス。

テニスでは、常に相手の隙を突く、空いているスペースを意識しておく必要があります。

技術的なコツよりも、「ここで正面に来たら、ドロップだな」と自分で決めておくことが大事。

ぜひ普段のラリーの中から、ドロップボレーのタイミングは探っていけるように準備しましょう。

 

身体の正面に来たボレー、テニスの機会では打つ機会が意外と多い。

ダブルスの前衛では、ストレートに誘ってこの正面のボレーを自分でしっかり打てるようにしておかないと、どんどん狙われてしまいます。

いつもの練習の中で、「ちょっと何球か、正面のボール入れてね」と、練習仲間にお願いしてみませんか?

きっとこんな少しの意識で、良い練習が出来るはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    試合で使えるのは、山なりなボレーという事実

    試合に出ていると、その必要性を再認識すること。ボレーって、なか…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    ドライブボレーの基本は、「ネットの2メートル上を狙って」思い切りアウトする気持ちで

    ドライブボレーは、一昔前まで一部の選手だけが使う武器でした。そ…

  3. テニス スライス

    ボレー

    相手の足下にショットが打てるときには、迷わずポジションを前に上げよう

    これも、何度も書いてきたテーマです。ですが非常に大事なことです…

  4. テニス リターン

    ボレー

    ローボレーが苦手な人は、「ネット上50cmを狙ってスライス回転」をかければ上手くいく!

    ネットより低い位置のボレー。に、苦手意識を持っている人は多いで…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    「バックボレーが全然分からない!」人は、逆クロスから練習すると感覚掴みやすいです

    今回実施させて頂いたアンケートでも、バックボレーに悩んでいる人が多い・…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    どんなに身体に近いボレーでも、1歩で踏み込まずに2歩で打てれば安定感が増す

    身体に近いところの、ボレーは難しい。そう感じること、ありますよ…

特集記事

  1. ボレー

    ネットプレーでのラケットセットの位置は、「ネットから近くでは上、離れれば少し低め…
  2. テニス メンタル

    その他

    なぜテニスプレイヤーのみなさんは、最初から完璧を求めてハードルを上げるんだろう?…
  3. テニス ボレー

    ボレー

    低いボレーを低く狙うよりは、積極的にロブボレーを使おう
  4. テニス サーブ

    サーブ

    スライスサーブでコーナーを突く為に、必要な5つのコツ
  5. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合で前衛は、「ポーチにでなくてもセンターに寄るだけ」で相手は嫌なもの…
PAGE TOP