テニス ストローク

ストローク

ストロークのスピン回転の基本は、早めのラケットヘッドダウンから

良いストローク、スピン回転の基本。

改めて、今回は「ラケットダウンのタイミング」について考えてみたいと思います。

意外と、しっかりとこのタイミングを早めに取れている人、少ないんですよね。

特に相手のストロークが強いと、押されてパニックになって中途半端になってしまう。

現代のテニスラケットなら、正しく下からは入ればきっと力は伝わるはず。

女性の方でも、スピン系のしっかりしたストロークは必ず打てます。

 

ストロークのスピン回転の基本は、早めのラケットヘッドダウンから

 

1.下から上へ、はストロークの基本

私も調子が悪いときは、このポイントを見直します。

「下から上、下から上・・・」と、呪文のように唱えながら、しっかり準備する。

下から、とは打点に対して下からラケットを入れて上方向に抜けていくということ。

スピン回転の基本ですね。

でも、試合で緊張したり、相手のボールが強いとつい後ろから前に地面と並行、直線的な振り方になって来る。

これが始まると、ミスはどんどん増えていきます。

 

2.テイクバックで高い位置、そこからラケットダウン

よく、身体の横で円を描くようにラケットを動かす、と習った方も多いと思います。

これは本当に正解。

一旦高い位置にテイクバックして、その後にラケットダウン、その後打点に対して上に振っていくから、良いスウィングになる。

上から降ろす、つまりは円を描くスウィングで、良い力をラケットが持ってくれるんですよね。

加速していく力、で下から上に振っていける。

テイクバックのときから下にセット、している打ち方もありますが、それだと上に振るときに相当な力が要りますからね。

早めにテイクバック、ラケットダウン、という流れを実行していく癖を身に付けること。

これは、スピン系のストロークの基本です。

 

3.脱力すれば、自然とラケットはダウンする

ストロークで力が入りやすい人は、意識して脱力してラケットをダウンさせましょう。

ラケットの先を下に降ろす、その力は重力任せで良い。

自分の腕で動かそうとすると、疲れるしおかしなことになる。

脱力して重力に任せて、その加速した力でそのまま打点に入っていきましょう。

この脱力、思ったよりも「早め」で良いと思いますよ。

振り遅れる人が多いのは、このラケットダウンが遅いのが一番の要因ですからね。

 

4.上に振っていくときに、腰を回してパワーアップ!

ラケットダウンが早く実行出来れば、打点も前に取れる。

そうなると、もう良いストロークはほぼ完成!

後は少しだけ腰を回しながら、そのラケットに更にパワーを加えていきましょう。

下から上にスウィングしてきながら、自分の腰も回していく。

コツは、少しだけ腰を早く回し始めることですかね。

身体が開き過ぎない程度に、ラケットを加速する手助けをしてあげましょう。

 

素振りでも、このあたりチェックすると良いと思います。

打点に対して、一旦ラケットを低い位置に置く。

ただし、ラケットダウンしている瞬間は、一瞬です。

その後に、すぐに上方向に飛んでいくから効率的に力を使える。

女性の方でも、このタイミングと力の使い方、ぜひ意識してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. + POWER CUP について
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

関連記事

  1. ストローク

    片手バックハンドストロークは、「ラケットを持たない手」をどう使うかが一番のポイントです

    学生の皆さんの中には、バックハンドストロークを片手で頑張っている方も多…

  2. テニス ストローク
  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークの基本、「振り切って軌道を高く」の意識は試合でこそ活きる

    試合の中で、ストロークが入らなくなったとき・・・もうどうしようも無いく…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    「高いバウンドで繋ぎは任せろ!」と言えるようになれば、確実に強くなる!

    繋ぎのストロークショットはバウンドが重要。ゆっくりと確実に相手…

  5. ストローク

    テニス選手として自立したいなら、「自分に合ったストローク」は自分で見つけ出していこう

    テニスが上手い人って皆同じストロークの打ち方をしているかって言うと、微…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃的なストロークの基本となる、バックハンド側に高く弾むボールを身に付けるコツとは?

    相手のバックハンドストローク、の高い打点は弱点である可能性が高い。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 居場所

    メンタル

    「褒められても、その気になるな」テニスの試合で本当に必要な実力について考える
  2. テニス プロテイン

    テニス知識

    テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  3. ダブルス

    相手がポーチに出て来てからストレートに打っても、それは後手の策
  4. テニス ポジショニング

    ボレー

    ダブルスの試合の前衛で、「ストレートも守れてポーチにも出れる」魔法のフットワーク…
  5. テニス ストローク

    リターン

    遅いサーブにリターンで身体が泳いでしまう人は、「自分の間で引き付ける」意識を強く…
PAGE TOP