ストローク

鋭く足下に沈む攻撃的なストロークは、「軌道の頂点がネット手前」に設定されている

相手が前に出て来ているから、しっかり足下に沈めたい。

自分では良いボールを打っているつもりでも、相手は楽にボレーして来る・・・ときは、軌道を見直すことが一番です。

テニスって、ネットが一番インパクトのある障害物、じゃないですか。

だからこそ、つい超えたいという意識が身に付いて、ネットの位置を軌道の頂点、に設定したくなる。

でもそれだと、本当に攻撃的なストロークは打てないと思いますよ。

 

鋭く足下に沈む攻撃的なストロークは、「軌道の頂点がネット手前」に設定されている

 

1.ネットを越える為に打つ、のは卒業しよう

確かに、ネットは怖いです。

だからこそ、ついネットの上が「一番高い場所」という意識が付いて、ストロークの軌道も作ってしまう。

自然な意識、だと思います。

でも、相手がネットプレーを仕掛けている、前にいると・・・どうでしょう。

詰められると辛いし、足下に沈めるにしても、ちょっと物足りない。

大事なのは、自分でボールの軌道のイメージをしっかり持つこと。

そこに技術が付いて来る、と私は思いますよ。

 

2.攻撃的に沈むボール、は軌道の頂点がネット手前!

言われてみれば・・・かも知れませんね。

自分の側、ネットの手前にボールの軌道の頂点があって、ネットの上を通過するときにはもう沈み始めている。

これくらいの意識で、ネットプレイヤーの足下を狙っていきましょう!

 

テニス ストローク

 

汚いイラストですみません・・・。

青い軌道は、言い方は悪いですがネットを恐れて入れにいった軌道、置きにいったショット。

赤い軌道は、より攻撃的に攻めて、相手の足下をえぐるようなショットですね。

もちろん、リスクは赤い軌道の方が高い。

でも、しっかり振り切って練習すれば、きっと試合でも安定して赤い軌道が打てるようになるはずです。

まずはこの意識をしっかり、イメージとして持ちましょう。

 

3.自分が打つ打点も、高い方が絶対に打ちやすい

上のイラスを見て分かる通り、「自分の打点が高い」と、より攻撃的になれる。

ミスも少なくなる。

自分の打点が低いと、それだけでネットが怖いので青い軌道、になりがち。

この部分も、大事なポイントです。

何気なく、下から持ち上げても沈めることは出来そうに感じますが、それは非常に危険なショット。

やっぱり、赤いような「ネット前に軌道の頂点」が来るショットは、自分の打つ打点が高くないと。

この基本、大事ですよ。

 

4.だからボレーヤーは、スライスボレーが主軸になる

3.で書いたように、ストローク側の相手の打点が高いと厄介。

より自分たちが鋭く沈められる可能性が高くなりますからね。

だから、スライス回転をかけるんです、みんな。

ボレーにスライス回転をかけて、バウンド後に弾まないようにさせている。

ストローク側の打点が低いと、それだけ「青い軌道」を導き出せますからね。

赤い軌道のショット、を打たせないことが優れたボレーヤー、なんです。

 

勇気が要りますが、特にクロス方向へのショットでは強くストローク側の選手が意識したいポイント。

足下を攻撃する、えぐるショットはダブルスでは必須のテクニックです。

「回転量を上げる」ことが出来れば、スライスでもOK。

スピンで強引に沈めるだけでなく、ぜひシニアやベテランの方は「スライスで、赤い軌道」をイメージしてみて下さい。

ダブルスのレベル、一段上がると思いますよ!

ピックアップ記事

  1. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. テニス フットワーク

    ストローク

    サイドスライスで相手を走らせれば、楽にポイントを取れる

    相手を動かして、ミスを誘う。これは、テニスのショットの基本です…

  2. テニス ボレー

    ストローク

    テニスの試合で勝てない人は意識して欲しい、「ストロークの準備が遅い人」が多すぎる問題

    ストロークの準備が遅い人ってけっこう多い。中には、準備の遅さで…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークラリーの中で前に踏み込むタイミング、はどこを意識すれば良いのか?

    ストロークのラリーの中で攻撃のスイッチを入れる。そのポイントは…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃的なストロークの基本は、「バウンドに先回り」すること

    ストロークでガンガン攻撃していくスタイル、やっぱり憧れますよね。こ…

  5. ストローク

    「ショートラリーを試合で活かそう」テニスの試合で必要な技術がそこに詰まっている

    ショートラリーをやってるかい?練習前にやってるかい?俺…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 格上相手

    シングルス

    シングルスの試合で勝てない人は、「ストロークで崩しても前にいない」だけの話かも・…
  2. テニス トレーニング

    テニス知識

    プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  3. テニス

    フットワーク

    他のスポーツを経験してきて「あの癖」が抜けない人は、どうすれば良い?
  4. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合では、「最後は楽しんだもん勝ち」な感覚も大事
  5. ロブ

    ロブ禁止で、ダブルスやってみない?
PAGE TOP