テニス ストローク

ストローク

一昔前に流行った、「肘からテイクバックするフォアハンド」は、華やかなようで難しい打ち方です

現代テニスで変わった点の一つに、フォアハンドストロークがあります。

一昔前の男子プロ選手ではサンプラス選手、ロディック選手のように肘からラケットをテイクバックするフォアハンドが多かったイメージですが、今ではラケットヘッド主導でテイクバックしていく。

ラリースピードが上がってくるテニス界の中で、振り遅れを防ぐにはかなり神経質になっているのが分かりますね。

皆さんも一度、このフォアハンドのテイクバックについて見直してみませんか?

一昔前に流行った、「肘からテイクバックするフォアハンド」は、華やかなようで難しい打ち方です

 


 

■肘を痛め、安定性にも欠ける

私自身、以前は肘からテイクバックしていくフォアハンドでした。

そのほうがラケットダウンからのヘッドスピードを上げやすく、威力がある・・・と感じていたからです。

しかし大学時代には肘を痛めてしまい、今でも少し違和感があります。

振り遅れたときに衝撃、打点が遅れたときの負荷は相当なものなんだなと、改めて実感。

安定性にも欠けて、どうしても一発に頼るようなテニスになっていたのも事実。

この打ち方が確実に悪い、という訳ではないのですが、アナタ自身どんなフォアハンドストロークになっているかの確認においてはヒントになるはずです。

 

■スィングスピードを上げるのに躍起になってはダメ

スィングスピードを上げたいと、誰もがストロークでは感じているでしょう。

その求める先が、今回のような肘からテイクバックするという方式になったりもします。

よく考えてみると・・・スィングスピードはなぜ必要なのでしょうか?

厚いグリップで打点を前に取れば、必ずこのスピードは一定量必要になっていきます。

しかしながら、フォームや球種は人それぞれ

フラット系のショットであれば、逆にしっかりゆっくり振ってあげたほうが、より安定した軌道のストロークになったりします。

打点、それからグリップによって、求められるスィングスピードは違います。

アナタ自身、色々と研究してみてください。

 

■フォームではなく、実際にどんなボールを打っているかにもっと関心を!

フォームの改造は大事ですが、そればかりに躍起になっては意味が有りません

試合を動かす、アナタを勝利に導くのはどんなボールの軌道なのかを、再度確認してみましょう。

その軌道から、逆算してどんな打ち方が必要なのかを考えてみる。

プロのショットでも、「この選手の軌道で打ちたい!」という選手の軌道は、何百回と見て目に焼き付けておきましょう。

きっと努力を積み重ねれば、その軌道で試合を優位に進めて勝てる日が来ます!

 

プロ選手のフォームについて、皆さんはどんな意識で観ていますか?

「真似できない・・・」と諦めるのではなく、最近の選手はより「真似しやすい」フォームになってきていると思ったほうが良いです。

ラケットの進化もあり、過去には一部のプロ選手しか打ちえなかったボールを、努力次第で打てるのが現代テニス。

理想は高く、それでも根は深く研究心を持って、頑張りましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークに力強い伸びが欲しい人は、アレを止めてみよう

    自分のストロークに、「力強い伸び」が足りないと感じている人。た…

  2. テニス メンタル

    ストローク

    「ストロークをどこに打つのか?」ラリーの中でコースを決めるタイミングは・・・?

    ストロークのコースの打ち分け、テニスの基本中の基本。それでも上…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    上手いテニス選手は、相手が打つ瞬間に空きコースの確認を終えている

    しっかりチャンスを決める、攻撃をフィニッシュ出来る。それに必要…

  4. テニス ボレー

    ストローク

    打点が身体に近い時は、ラケット動作を止めてブロック返球を

    試合の中で、意外と多いのがボディ近くのボールの処理。ボレーでも…

  5. テニス サーブ

    ストローク

    シンプルにクロスへ深く、振り切るストロークが打てるようになると試合に活かせる

    ストロークの強化を意識する人は、部活の中でどういった練習をしていますか…

  6. テニス リターン

    ストローク

    ストロークでラケットを振り抜くのが怖い人は、ゆったり振り抜くことを覚えよう

    試合になると、怖くてストロークが振れなくなる。これは、誰でも何…

特集記事

  1. テニス 部活

    メンタル

    アナタの周りに、「練習も試合も他人任せ」な雛鳥みたいな人、いませんか?
  2. テニス 環境

    戦術

    試合をこなす、から、「計る」に変えていこう
  3. 戦術

    試合でどこに打てば良いか分からない!人に必要な視点とは?
  4. テニス 指導

    メンタル

    「勝ちたい」ではなく、「勝たないといけない」までもっていこう
  5. テニス メンタル

    ダブルス

    「なぜアナタのダブルスは勝てないのか?」を考えると、試合中にペアに謝ることの無意…
PAGE TOP