テニス フットワーク

ボレー

つなぐボレー、を脱却したい方へ

試合でつなぐボレー、を脱却したい。

ストロークで打ち込まれないボレー、磨く為には何が必要でしょうか?

パワー?フットワーク?

今のみなさんの技術で、工夫次第でもっと簡単に出来るはず。

私たちは、もっともっとプレーの幅を広げていかないと戦えないのですから。

 

つなぐボレー、を脱却したい方へ

 


 

1.同じ構えから、打てるボレーを増やそう

みなさん、ストロークには熱心なのに。

ストロークでは、同じフォームから打ち分け、を試合でもやっている、研究している。

でも、ボレーはどうでしょう?

打つ機会が少ないからか、「同じフォームで、打ち分ける」ことを練習出来ていない、ような雰囲気ありませんか?

これは、もったいない。

ボレーの選択肢が無いから、結果的につなぐしか出来なくなっている。

試合では、基本的に足下、低い位置で打たされる機会が増えますからね。

 

2.低い位置、のボレーをどうするのか

これが、試合では死活問題です。

しっかり考えておかないと、ネットより低い位置でのボレーでバリエーションを持っておく。

ただつなぐ、だけになってしまうから、相手にやられてしまう。

もちろん、低い位置のボレー、ローボレーは深くつなぐのが基本ですよ。

でも、それだけでは勝てない、のもみなさん経験して来ているはず。

であれば、身に付けましょう。

低い位置のボレーで、同じフォームから打てるボレーを増やせば良いんです。

 

3.欲しいのは、ドロップボレー、ロブボレー

この2つ、を覚えて使う。

ローボレーで、サッとこの選択が出来る。

それも、同じフォームで打てるようになれば、試合で効果大です

相手は、つないで来るのか、前に落として来るのか、それとも上を使って来るのか分からない・・・ような状況にしたい。

これは、難しくありません。

アナタ自身が、同じフォームから「打ちたい、打たないとダメなんだ」と思えるかどうか。

ラケット面を作ってロブボレー、早くグリップを握ってドロップボレー。

打ち方、入り方を変えないでボレーは打ち分けられる。

大事なのは、アナタ自身の意欲です。

 

4.低く打たれること、を恐れないこと!

試合では、恐れない。

足下、低い位置に打たれるのが当たり前、ですから。

恐れないで、しっかりとつなぐ、前に落とす、上を使う、という選択肢を持っておく。

そうすれば、つなぐだけのボレーも簡単に脱却出来るでしょう。

恐れていては、つなぐだけになります。

自分から、「沈めて来い!」と思うくらいじゃないと。

練習から、しっかり意識してたくさん使えるようにしていきたいですね。

 

ローボレーで、選択肢を持つ。

これが出来る人は、試合巧者でどんどん勝っていける。

つなぐだけになっている人は、ずっとストローク側、から攻撃される。

さぁ、アナタはどっちに行きますか?

選択するのは、アナタ自身です。

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. テニス リターン

    ボレー

    ボレーは「グリップの握り込むタイミング」で伸びが変わる!意識したいポイントは?

    ボレーに苦手意識がある人は、まずグリップの握るタイミングを意識してみる…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    片手バックボレー、左手の形をキープして安定感アップ!

    バックハンドボレー、しっかり打てるとカッコいいですよね。試合で…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    ドライブボレー、「ラケットが加速した状態」で打っていこう

    私が皆さんに、今すぐ身に付けて欲しい技術。それは、「ドライブボ…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    「本気でボレーボレー」をやったことがありますか?プロ選手も実践する素晴らしい練習です

    普段、テニスのウォーミングアップで「ボレーボレー」の練習をする機会が多…

  5. テニス メンタル

    ボレー

    「せっかく作ったチャンスを・・・」テニスのハイボレーをふかしてしまう人へ贈る5つのコツ

    相手の強烈なサーブも何とかリターンで返し、ストロークのラリーで徐々に追…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    右利きのフォアハンドボレー、左半身から反応させて前に

    フォアハンドボレーを、コントロールボレーに。これは、みなさんの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    ボレー

    テニスの前衛のポーチボレーと、「野球の盗塁」はすごく似ていると思う
  2. テニス ラケット

    ボレー

    「アングルボレーは、前に腕を押し出す」ことでテニスの試合でミスが減り、使えるショ…
  3. テニス 大学

    日々の雑記

    挫折を経験出来ることこそ、テニス選手の魅力
  4. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルス上級者の戦術は、「動くこと」が目的じゃない
  5. ボレー

    少し前に出るだけで、前衛は効果大
PAGE TOP