テニス ダブルス

ボレー

ローボレーをサイドスライスに変えれば、ダブルスでコートを広く使える

もしかしたら、基本から逸脱しているかも。

でも、実際に私は必要だと思って、この技術を試合で使っています。

だからこそ、みなさんにもご紹介したい、のが今回のテーマであるサイドスライス。

もしかしたら、アナタが打つことでコーチから怒られてしまうかもしれません。

でも、やってみる、というアクションは大事だと思いますよ。

 

ローボレーをサイドスライスに変えれば、ダブルスでコートを広く使える

 


 

1.ローボレー・・・難しいですよね

試合で打つ、低い位置でのボレー。

これは本当に難しいですよね。

ネットも怖いし、大きく打ってアウトも怖い。

それに、ダブルスだったら相手前衛からポーチで狙われる機会も多いのがローボレー、でしょう。

この解決策、みなさんどうでしょうか?

しっかり膝を曲げて姿勢を低くして、下から入る・・・のは、もちろん基本。

でも、それが難しいとき、サイドスライスという選択肢があって良いと思うんです。

 

2.ラケットヘッドを落として、ボールの横を触る

やり方自体は、難しくありません。

足元に打たれたら、ラケットの先、ラケットヘッドをコート面に向けて待つ。

そして、ボールの横を打つ感覚で、ローボレーしてみて下さい。

態勢は、低くならなくてもOK、多少ボールを上から見る感じ、でも良いと思います。

狙いとしては、相手コートにバウンドしてから横に滑っていくような回転、をしっかりかけること。

ボレーなんですけど、ラケットヘッドを立てないで寝かせる、のがちょっと怖いんですけどね。

でも、この形で打点を前に確保出来れば、良い感じのサイドスライス、のローボレーが打てるはずです。

 

3.小指から前に出していこう!

フォアハンドでもバックハンドでも、自分のラケットを持つ手の小指、がキーポイントです。

この小指、から前に出していくこと、が大事。

小指から前に出すと、自然にラケットの角度が変わってボールの横に入っていくような動き、になるはずです。

力は要りません、ただしっかり回転をかけることに集中しましょう。

フォロースルーでも小指を前に出していく形で、自然に打ち終わってみて下さい。

どうでしょう、ドロップボレーやアングルボレーにも使えそうなイメージ、ありませんか?

 

4.低く打たれるなら、打たれる前に準備を

実際、低い位置でのボレーは守備が第一。

相手から沈められそうになった段階で、この打ち方の準備もしておきましょう。

低い位置でのボレーは、サイドスライスで前に落とす、なんて発想が持てればローボレーも怖くない。

相手が打ってくることすら、楽しくなりますからね。

まずはクロスでのボレー対ストローク、のようなラリー練習で磨いてみて下さい。

基本を逸脱している技術ですが、意外と使えますよ、コレ。

ストロークの動画なのでちょっと分かり辛いですが、これをボレーでやっていくイメージ、だと思って下さい。


ローボレーから、どう展開していくのか。

深く返球するだけだと、また沈められて終わり、ですからね。

しっかり横回転をかけるボレー、ラケットヘッドを落としてトライしてみて下さい!

ピックアップ記事

  1. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  2. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  5. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    ポーチが苦手な人へ、必要なたった一つのこと

    ダブルスの試合で、ポーチが必要なのも分かった。そして、早めに動…

  2. テニス 環境

    ボレー

    ネットプレーで、「攻撃している時に視野が狭くなる」自分に気付ければ強くなれる

    テニスの試合の中で、攻めているのに決まらない。毎回相手に返球さ…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    フォアハンドボレーでもっとパンチ力が欲しい人は、「ラケットを持たない腕の脇の開け閉め」を有効活用しよ…

    フォアハンドボレーを、しっかり決めることが出来ると試合はやりやすい。…

  4. テニス 大学

    ボレー

    「ソフトテニス経験者の強みを活かす!」為に必要な、硬式テニスでのネットプレーの意識とは?

    中学でソフトテニスを経験して、高校から硬式を始める・・・という方も、多…

  5. テニス

    ボレー

    テニスのネットプレーでは「手首の角度は変えない」のが基本!改めて意識したいポイントとは?

    ボレーが上手くコントロールできない人は、手首をしっかり固められていない…

  6. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーの感覚を養えない人は、めちゃくちゃ緩く握って打ってみよう

    ボレーの感覚が掴めない、タッチプレーが苦手と感じているみなさんへ。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合に勝つ為に必要な、「67%の確率で入るファーストサーブ」に仕上げてい…
  2. テニス 準備

    その他

    テニスの練習中に、「ボールを上から思いっきり踏んでしまった」ときの応急処置につい…
  3. テニス 準備

    サーブ

    「楽チン&安定感抜群サーブの正体とは!?」テニスの試合会場で観るアンダーサーブの…
  4. テニス ダブルス

    ストローク

    ショートラリーからライジングショット、が現代テニスの基本
  5. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスの試合のリターンは、パートナーに「どう返す予定か」は伝えよう
PAGE TOP