テニス ダブルス

ボレー

ローボレーをサイドスライスに変えれば、ダブルスでコートを広く使える

もしかしたら、基本から逸脱しているかも。

でも、実際に私は必要だと思って、この技術を試合で使っています。

だからこそ、みなさんにもご紹介したい、のが今回のテーマであるサイドスライス。

もしかしたら、アナタが打つことでコーチから怒られてしまうかもしれません。

でも、やってみる、というアクションは大事だと思いますよ。

 

ローボレーをサイドスライスに変えれば、ダブルスでコートを広く使える

 


 

1.ローボレー・・・難しいですよね

試合で打つ、低い位置でのボレー。

これは本当に難しいですよね。

ネットも怖いし、大きく打ってアウトも怖い。

それに、ダブルスだったら相手前衛からポーチで狙われる機会も多いのがローボレー、でしょう。

この解決策、みなさんどうでしょうか?

しっかり膝を曲げて姿勢を低くして、下から入る・・・のは、もちろん基本。

でも、それが難しいとき、サイドスライスという選択肢があって良いと思うんです。

 

2.ラケットヘッドを落として、ボールの横を触る

やり方自体は、難しくありません。

足元に打たれたら、ラケットの先、ラケットヘッドをコート面に向けて待つ。

そして、ボールの横を打つ感覚で、ローボレーしてみて下さい。

態勢は、低くならなくてもOK、多少ボールを上から見る感じ、でも良いと思います。

狙いとしては、相手コートにバウンドしてから横に滑っていくような回転、をしっかりかけること。

ボレーなんですけど、ラケットヘッドを立てないで寝かせる、のがちょっと怖いんですけどね。

でも、この形で打点を前に確保出来れば、良い感じのサイドスライス、のローボレーが打てるはずです。

 

3.小指から前に出していこう!

フォアハンドでもバックハンドでも、自分のラケットを持つ手の小指、がキーポイントです。

この小指、から前に出していくこと、が大事。

小指から前に出すと、自然にラケットの角度が変わってボールの横に入っていくような動き、になるはずです。

力は要りません、ただしっかり回転をかけることに集中しましょう。

フォロースルーでも小指を前に出していく形で、自然に打ち終わってみて下さい。

どうでしょう、ドロップボレーやアングルボレーにも使えそうなイメージ、ありませんか?

 

4.低く打たれるなら、打たれる前に準備を

実際、低い位置でのボレーは守備が第一。

相手から沈められそうになった段階で、この打ち方の準備もしておきましょう。

低い位置でのボレーは、サイドスライスで前に落とす、なんて発想が持てればローボレーも怖くない。

相手が打ってくることすら、楽しくなりますからね。

まずはクロスでのボレー対ストローク、のようなラリー練習で磨いてみて下さい。

基本を逸脱している技術ですが、意外と使えますよ、コレ。

ストロークの動画なのでちょっと分かり辛いですが、これをボレーでやっていくイメージ、だと思って下さい。


ローボレーから、どう展開していくのか。

深く返球するだけだと、また沈められて終わり、ですからね。

しっかり横回転をかけるボレー、ラケットヘッドを落としてトライしてみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  4. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  5. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず

関連記事

  1. ボレー

    フラットボレーは、肘を伸ばして打ち終わろう

    相手コートに押し込むボレー、フラットボレー。しっかりとネットに…

  2. テニス リターン

    ボレー

    ボレーの基本、「ラケットのセットを、打点少し上に早く」が出来れば、試合でも楽に打つコースを隠せます

    ストロークではコースを打ち分けられるのに、ボレーではなかなか狙ったとこ…

  3. ボレー

    「絶滅危惧種を救え!」テニスにおけるネットプレイヤーの未来

    ウィンブルドンとワールドカップ、同じ時期に開催されると面倒くさい。…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    「バックハンドのハイボレーが、いつもガシャってしまう」人は、腕を伸ばし過ぎていないか確認しましょう

    バックハンドのハイボレー、皆さん試合でコントロールできていますか?…

  5. テニス リターン

    ボレー

    実はバックボレーは武器になる、ことを証明します

    どうしても、苦手意識が強くなりがちなバックボレー。でも、私はそ…

  6. ボレー

    ダブルスの試合で、誘うことは出来ても決められる前衛は少ない

    ダブルスの試合で前衛に立っている時、みなさんはどんなプレーが多いですか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 守備

    練習メニュー

    部活の練習で、「しっかりつなぎながら、決めることも出来る」テニスを養う練習方法と…
  2. ストローク

    「深く打ちましょう」テニスの安定したストロークでの基本はバウンドの高さにあり
  3. フットワーク

    滑りやすいコートで使える「スライドフットワーク」は、コレがポイント!
  4. ストローク

    クロス方向へのストローク、相手を追い出せてる?
  5. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブトスが不安定」だとテニスの試合でリズム感が生まれない・・・
PAGE TOP