ダブルス

ダブルス改革、パートナーと一緒にやる?やらない?

そろそろ、本気でダブルスを改革したい!

と、考えているみなさん。

色々と私も相談頂きますが、オススメ出来るアドバイスは・・・まずコレ、です。

「え?逆じゃないの?」と思う方も、多いでしょう。

でも、私のスタンス、成功体験から言えばこれ、なんです。

 

ダブルス改革、パートナーと一緒にやる?やらない?

 


 

1.改革は、1人でやる

これに尽きます。

ダブルスって、何でもペアで相談して、決めて、変えていく・・・のが普通だと思いますか?

もちろん、気心が知れていてそれが可能なペアもいるでしょう。

でも、私たちのペアのほとんどは、社会人になってから知り合い、または出会って間もないような方が多い。

そこで、何かを相談してお互いの意志を揃えて決める、なんて無理。

結果的に、ダブルスを変えていこう、というのが頓挫するでしょう。

まずは、1人でやってみる。

そして、その姿勢を見せていくことが大事です。

 

2.テニスは1人でボールを打つ競技

ダブルスでも、テニスはこの大原則。

2人での共同作業、なんてありません。

ボールを打つ瞬間は1人、ですから、誰も助けてはくれない。

ここで、しっかりとまず自分のプレーをする、見せる、伝える。

これが大事なんですよね。

「2人で一緒に、コンビプレーを磨こう!」と話していても、大抵はうまくいきません。

それは、なぜか。

お互い、出来ないことを相手のせいにするからです。

サーブが弱い、前衛が動いてくれない、テニスは相手がいるスポーツですから、完璧に実行したとしてもやられることがある。

その時に、「2人一緒に」だと引いてしまうんですよね、気持ちが。

だから、基本は改革は1人で行う。

それでスタート、で良いでしょう。

 

3.並行陣だって、まずはサーブ&ボレーから

これも、誰の助けもいりません。

ダブルスを雁行陣から並行陣、2人で前の状態を作りたいなら、自分が前に出るしかない。

アナタ自身がサーブ&ボレー、をしないことには、何も始まらないんです。

これは、2人で一緒にやるとか、そういうレベルの話ではない。

繰り返しますが、2人一緒にだと「あいつもやってなかったし、俺もセカンドは無理しないで良いか・・・」となるんです。

改革には、意志決定が大事。

2人で一緒に、というスタンスだと細かいところで絶対に割れて来ます。

1人でポジションチェンジ、立派なダブルス改革ですよ。

 

4.意志ある2人、であれば改革出来る

まず、1人でスタートアップしてみる。

お互いにやっていく中で、「ここは揃えて欲しい」という部分は出て来るでしょう。

そうなったら、もう改革は最終段階。

既に出来ていること、を整理して、戦う為の準備に入る時期です。

それまでに、自分1人でしっかりと姿勢を見せて、プレーをお互いで尊重し合えるようになっておくのが理想ですね。

改革って、その熱量を周りが理解しないと無理ですから。

それまでは、しっかり自分の中でやり続ける。

そうすれば、きっとダブルスは強く、変わっていけるでしょう。

 

抽象的な話になってしまいましたが、みなさんもテニス以外でも経験、あると思います。

「一緒にやろう」は、最初は上手くいかない。

特に、何かを作り始めたり、改革する場合はそうでしょう。

まず、自分から。

意志決定も、変更も止めるのも自分から、スピーディーに、が基本です!

ピックアップ記事

  1. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  3. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. ダブルス

    「ダブルスの試合で相手前衛にポーチされまくり・・・」アナタのテニスを助ける技術とは?

    ダブルスの試合で、「相手の前衛がとにかく邪魔!」と感じたことはありませ…

  2. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「追い込まれそうなとき」こそ相手のポジションを確認しよう!

    テニスの試合は、相手に攻撃されて「追い込まれていく」ときに、その人の実…

  3. ダブルス

    センターセオリーは、なぜ試合で使えるのか?

    ダブルスの試合でよく聞く、センターセオリー。これを大事にした…

  4. ダブルス

    前に入ってストレートアタック が有効な理由

    ダブルスのリターンで、前に入ると良いことがあるそれは、相手前衛…

  5. ダブルス

    落ち込んでいるパートナーに、何が出来る?

    ダブルスの試合で、ペアの調子が悪い。自分でも自覚しているから…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    草トー女子ダブルス大会の壁、「デッドゾーンの魔術師」への対抗策とは?

    学生の皆さんは、もしかしたら経験が無いかも知れない。一般の方、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. 戦術

    得意な型を持っている、のが実は弱みにもなるのがテニス
  2. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で一番疲れるのは、セカンドサーブであることを証明する5つの事実
  3. テニス リターン

    戦術

    相手コートにボールがある瞬間、こそアグレッシブに
  4. テニス

    練習メニュー

    半面ラリーで相手を倒す、それがテニスの練習の本質
  5. テニス メンタル

    戦術

    暗くてボールが見えない、ときのテニスの試合の戦い方について
PAGE TOP