テニス ダブルス

ダブルス

テニスの試合において、「ダブルスでペアの連携力を高める」ことができるオンコートでの習慣5つ

ペアの連携力、日々アップさせていきたいですよね。

でも具体的に何か特別なことをやった方が良いのか・・・いまいちイメージが湧かないという方も、多いはず。

そこで今回は、特別なことではなく日々の練習・習慣の中で、意識しておきたいポイントをまとめてみました。

やはりペアで共に過ごす時間、共有する時間は、ある程度必要です。

 

テニスの試合において、「ダブルスでペアの連携力を高める」ことができるオンコートでの習慣5つ

 

1.普段の練習の中で、2人でのラリー練習を必ず行う

お互いに、ストロークやボレーの球種をしっかり確認しておくことは重要。

それは横目で見ているだけではだめで、実際にラリーしてみて身体で感じる必要があるのです。

「フォアハンドの高い打点は、かなり相手を押し込めるな・・・」といった感覚は、毎日少しの時間でも良いのでラリーを重ねることで、養われていきます。

テニスにおいて、言葉の会話以上にボールを打ち合う「ラリーでの会話」は、とても重要なのです。

 

2.ある人を観察して共通認識を持つ、見つける

試合では、対戦相手の観察が重要なポイント。

一目見て、ある程度同じ認識を同じ選手に対して持てるかどうか。

「あの人のスライスは、良いスライスだね・・・」と、片方の選手が思っていて、もう片方の選手は「大したことないな・・・」と感じていたら、作戦にもブレが生じてしまいます。

狙いを定める為にも、このテニスのレベルを測る物差しのレベルは揃えたい。

だからこそ、普段の練習の中からある人を見て、意見や所感を共有する。

その感覚を揃えておくことが、試合の現場で活きてくでしょう。

 

3.お互いの日常の変化を、敏感に感じる

「今日、なんか体調悪い?」みたいな会話が、自然と出てくるペアは強い。

お互いの微妙な変化を感じて、試合の中でカバーできる修正力が、ペアでの熟練度に如実に反映されます。

サーブの調子が悪ければ、積極的にポーチに動いてカバーしていきたい。

そういう細かいその日のショットの具合、アナタはペアから感じ取れていますか?

もっともっと、ペアの日常や細かい部分に興味と関心を持って、日々コミュニケーションを継続していきましょう。

 

4.馴れ合いの関係にならない

本物の連携力を高めるには、「本音」で話す部分は欠かせません

「実は前から思っていたんだけど・・・」みたいな部分は、出来るだけ溜めないで常に話し合う。

ここで大事なポイントは、「テニスについて熱くなる」ことです。

感情的になって、矛先がペアの人間性や性格に向いてしまうと、喧嘩別れになってしまう可能性もありますよね。

大事なのは、試合に勝つ為にペアでどうしていくのか、ということ。

馴れ合いの関係ではなく、真摯にテニスとペアに向き合う関係を築いていきましょう。

 

5.何と言っても、まずは日々の会話を増やす

他愛もない会話で良い。

とにかく会話が多いペアは、それだけ意思疎通が取れていて試合も強い。

たまにシングルスプレイヤーの即席ペアも結果を出したりしますが、やはり観ていて醍醐味があるダブルスはペアの連携力が強いダブルス。

お互いが強みを出して、弱みをカバーするイメージを、自分たちでもしっかり把握できていれば結果も付いてくるでしょう。

 

「相性が元々良いペア」も確かに存在しますが、ダブルスの黄金ペアは自分たちで作り上げていくもの。

そしてそのペアは、未来永劫続くものではありません。

マンネリ化してきたな・・・と感じたら、思い切って別なペアと組んでみることで、新しい自分も発見できるかも知れません。

どんな選手とダブルスを組むにしても、連携力のベースにあるのはアナタ自身の主体性。

テニスについて真摯に客観的に、意識を高く練習していればおのずと誰とでも、良い連携は築けていくはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  4. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス

    ダブルス

    いつまでも「伸びきったポーチボレー」を打っているから、余裕も無いし決定力も出ない

    ダブルスの試合で、決定力が無いと感じているとなかなか前衛でも動けない。…

  2. テニス メンタル

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で「リターンをストレートに展開する」メリット5つ

    かつてダブルスの名手として活躍した杉山愛選手。彼女がいつも口に…

  3. テニス ストローク

    ダブルス

    右利きのプレイヤー視点で、「ダブルスのリターンサイドのメリット、デメリット」を考えてみると・・・?

    今回は、ダブルスのリターンのサイド、について考えてみたいと思います。…

  4. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、もし「自分の身体が反応」してしまったら、もう動いてしまおう

    ダブルスの試合で、例えば・・・打ち合わせしていないポーチに、つい身体が…

  5. テニス 団体戦

    ダブルス

    ダブルスの試合、ペアで会話するなら対戦相手についてが基本

    ダブルスをどう戦うのか、についてペアと相談する。ポイント間でも…

  6. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの後衛で大きく外に走らされたら、「ストレートアタック風トップスピンロブ」を使ってみよう

    ダブルスの試合を雁行陣で戦っていて、大きく後衛が外に走らされる。…

特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合は、圧倒的に「ボールを打っていない」時間の方が長い
  2. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの試合で「前に出るタイミングが分からない・・・」という人は、バック側に…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「ゲームカウント4-4からこそ、自分が活躍できる時間!」と思える為に、テニスの試…
  4. テニス メモ

    メンタル

    「苦しみながら勝った試合」こそ、テニスノートに記して自分の財産にしていこう
  5. テニス ボレー

    ボレー

    硬式テニスのボレーでは、打球が飛ぶ方向とフォロースルーの方向は、必ずしも一致しな…
PAGE TOP