ダブルス

「ダブルスの試合で、相手前衛が気になる!」ときには、しっかりストレートに打って足止めを

ダブルスで前衛が気になる、気にしないようにと思えば思うほど気になって、リターンもストロークも力を発揮できないという人。

ここは思い切って、ストレートに打ってボレーさせてしまいましょう。

試合の序盤でこの展開を実践できるかどうかが、ダブルスで勝てる選手になれるかどうかの境目になると思います。

まずは試しに、実戦でトライしてみて下さい。

きっと前衛はストレートを意識して、ラリーに参加し辛くなってストロークが楽になるはずです!

 

「ダブルスの試合で、相手前衛が気になる!」ときには、しっかりストレートに打って足止めを

 


 

■欲を出してパッシングで抜こうとしない

ついストレートに打つとなると、横を抜いて1発で決めたい!と考えがち。

この発想は、非常に危険です。

しっかりとシングルスコートにボールが入るくらいの弾道で、充分。

よほどボレーが得意、という選手でない限り相手のボレーを恐れる必要は全く無い。

むしろ大してボレーが出来ないのに、プレッシャーだけ感じてしまうのはもったいない話です。

触らせて、次の展開からポイントに繋げていく意識を持ちましょう。

 

■相手前衛のボレーとラリーできるストローク力とは?

前衛を打ち負かすストローク力、ここでは求められていません。

むしろしっかりした「コントロール力」を磨きたい。

ポイントが始まる前に、しっかりパートナーと「次は前衛に触らせるから」と打ち合わせしているはずですので、まずはしっかりストレートに「低い」弾道で飛ばすことが大事。

この「低い」というのが、大きなポイント。

高いボールだとさすがに叩かれてしまいますが、低ければラリー戦に持ち込める。

ラリー戦に持ち込めれば、元々の打ち合わせ通り味方の前衛も加勢しながら、上手く2対1の攻撃の形を作っていけるでしょう。

 

■相手がポーチに出てからストレートに打つ・・・では、遅い!

試合では、常に先手先手を意識したい。

相手の前衛がポーチに出た後に、ストレートへの展開を始めても、ハッキリ言って遅いのです。

それは後手を踏んでいる、ということ。

とにかく試合の序盤で、「自分たちのペアから仕掛けた、ストレートアタック」を繰り出すように意識しましょう。

そうすれば、クロスのストロークも邪魔されず伸び伸び打てるはず。

先手を打って相手前衛を足止めしておくには、シンプルな作戦が一番です。

 

以前にも記事で書きましたが、「レベルが高いダブルスの試合」ほど、ストレート方向への展開が増えていきます。

それだけ、クロスへのプレッシャーがお互いの前衛がすごいということ。

だからこそ、アナタも格上ペアと対戦するときにはこのストレートへの揺さぶりが大事なのです。

しかも、先手を打って、です。

ピックアップ記事

  1. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. メルマガ配信、登録を開始します!
  5. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します

関連記事

  1. ダブルス

    「ダブルス練習」テニスの試合で活かせるように!

    毎日の練習の中で、皆はテニスを練習している。でもテニスってシン…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合を勝ち抜くために、ペアで連動すべきポイントはどこか?

    ダブルスのコンビネーション、何となく分かるような、分からないような・・…

  3. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスのストレートアタックは、そのままボレー戦に持ち込むつもりで前に踏み込もう!

    ダブルスのストレートアタック、皆さん試合で実践出来てますか?「…

  4. ダブルス

    ストライクゾーンで、勝負しよう

    テニスの試合で、特に自滅やミスが多い方に。まず、この大原則で…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    前衛のポーチが簡単なのは、並行陣?雁行陣?

    「前衛は、ポーチに出ないといけない!」と、焦ってしまう。確かに…

  6. ダブルス

    前衛が動ける雁行陣は、やっぱり試合でも強い

    ダブルスの試合で、いつ前衛がポーチに動くのか。そして、動きやす…

特集記事

  1. テニス 打点

    日々の雑記

    素人が挑戦しないスポーツの、未来は暗い
  2. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合、相手から強引な回り込みを誘ってみよう
  3. テニス ストローク

    ストローク

    「片手バックハンド」と「両手バックハンド」のそれぞれの弱点は・・・?
  4. テニス ダブルス

    練習メニュー

    なかなか練習内容を決められない人は、「判断基準を絞る」ことが出来ていない
  5. テニス サーブ

    戦術

    自分のミスが多くなる予兆を知っておけば、試合で大崩れすることは少ない
PAGE TOP