テニス メンタル

その他

「ラケットバッグの汚れ、どう落とす?」数か月に1回くらいはキレイにしましょう!

学生の皆さんは、テニスの試合のときだけでなくもしかしたら通学もラケバと一緒じゃないでしょうか。

私の高校時代もそうでしたが、結構汚れてしまいがちですよね。

とはいえ、どうやって洗ったら良いものか分からず、汚れを放置してしまってはいませんか・・・?

今回は誰でも出来て低予算、テニスのラケットバッグのお掃除方法についてまとめました。

 

「ラケットバッグの汚れ、どう落とす?」数か月に1回くらいはキレイにしましょう!

 


 

1.洗濯機ではなく基本は手洗いで

洗濯機に入れてしまえば簡単かも知れませんが、あまりオススメしません。

ファスナー系が傷んでしまう可能性がありますし、バッグに潜んだ小さい石や砂が洗濯機を痛めてしまう可能性もあるのです。

ですのでここは、お風呂場で手洗いをオススメします。

中身を全部出して、色落ちしそうな箇所は濡れるのを最小限に食い止める工夫をしましょう。

ナイロン系の素材は、そもそも水洗いがNGなバッグもありますが・・・あまり気にしないでも良いと思います。

少し濡れたくらいで痛むバッグは、メーカーが商品化しないと思いますので、ご安心を。

 

2.オススメは「ウタマロ」と「重曹水」、プラス歯ブラシ

さて、ここで準備したいのが石けんの「ウタマロ石けん」と「重層水」、そして使い古した歯ブラシです。

全て揃えても、ドラッグストアで簡単に買えますし合計で500円くらいだと思います。

「ウタマロ」という水色の石けんは、泥系の汚れにめっぽう強いので底の部分を磨くのにオススメ。

重曹水は家具家電、水回りの掃除にも用いられる低刺激な洗剤として、ここでも活躍してくれます。

オススメする理由はその消臭効果。

シューズを入れているスペースなんかは、しっかり臭いも消しておきたいですよね。

この2つを使いながら、細かい部分は歯ブラシを使ってキレイにしていきましょう。

 



 

3.身の周りの用具がキレイだと、テニスも必ず上達します

不思議と、ラケットバッグが美しい人はテニスも強い。

しっかり身なりを整えているという自信は、オンコートでのプレーにも繋がります。

ましてや、用具提供を受けているような実力派の選手は、しかりキレイに保っておくことで周りへの印象も変わってきます。

ラケットバッグが汚いと、いくら洗濯してキレイなウエアを入れていても気持ち悪くないですか?

ぜひ、この週末はラケバの大掃除をやってみることをオススメします!

 

黒いと汚れが目立たない・・・と思っていても、実際はかなり汚れています。

それにこの時期、インフルエンザの感染も怖いですよね。

外でバーンと地面に置いているようなバッグですから、家の中でそのまま置くのもどこか不衛生。

3ヶ月に1回でもキレイにするだけでも、かなり衛生的になります。

面倒がらず10分で終わる作業、ぜひ習慣化してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. メルマガ配信、登録を開始します!
  2. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  3. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  4. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  5. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

関連記事

  1. その他

    第1回 読者ミーティング 無事終了しました!

    昨日にて、第1回 読者ミーティングを開催させて頂き、無事終了することが…

  2. テニス 準備

    その他

    テニスの試合、「見ていて気持ちの良い選手」は、コードボールに対する振る舞いが秀逸

    私は以前、テニスを始める前にはバレーボールをやっていました。今…

  3. テニス ボレー

    その他

    テニス部の練習、「学校で使用するネット」に一工夫すると、すごく効率化します!

    普段、練習で使用しているネット。テニスコートには欠かせないこの…

  4. テニス 居場所

    その他

    「試合に強くなりたければ、大胆に変えること」テニスの上達に必要なのは発想の転換です

    なかなかテニスが上達しない、試合で勝てないと悩んでいる方は多い。…

  5. その他

    今年一年を、振り返ってみて

    まだ12月26日、木曜日。少し早いですが、私自身T-PRES…

  6. テニス ミーティング

特集記事

  1. ストローク

    「フルスウィングでゆっくりね」しっかり振り切ることでテニスの試合で使えるストロー…
  2. テニス フットワーク

    フットワーク

    そもそも、ボールより速く走れる選手はいない
  3. テニス ボレー

    ボレー

    試合の緊張した場面では、「勝負はあくまでネットプレー」で!
  4. テニス ストローク

    フットワーク

    遠くのボールを追う時に、小さい声を出した方が少しだけ腕は伸びる
  5. テニス ストローク

    メンタル

    「これが決まればリズムに乗れる!」という基本ショットは何ですか?
PAGE TOP