その他

周りの後輩みんなの態度が悪いなら、チーム全体の仕組みや工夫の部分で何かが足りない

「後輩の態度が悪いので、何とかしたいのですが・・・」

こういったご相談も、たくさんの高校生、大学生の方から頂く機会があります。

私自身、苦い経験もあるのであまり偉そうなことは言えないのですが・・・雰囲気が良いチームや部活を観てきた経験で、今回はお話しさせて頂ければと思います。

 

周りの後輩みんなの態度が悪いなら、チーム全体の仕組みや工夫の部分で何かが足りない

 


 

■責任を個人の能力に押し付けていては、無理

「それって結局、先輩がしっかりしていないからでしょ?」と思う方も、多いでしょう。

確かに後輩にどんな姿を見せるのか、は大事な要素です。

ですがここに縛られると、いつまで経っても個人の問題。

「あの先輩は尊敬できるけど、あの先輩は嫌・・・」みたいな感じでは、結局チームとして成熟していかない。

これを変えていくには、全体で仕組みを作り変えていくことが大事です。

 

■練習も運営も、チーム内で誰でも意見して実践出来る雰囲気を

先輩に対しての礼儀がしっかりしているチームは、個人差が無い。

部活全体に良い文化があるから、そこに入ってくる新入生は皆良い感じに染まってくれる。

例えば練習メニューでも、1年生からアイデアが出てくるしそれを3年生もやってみよう、という雰囲気になる。

コート整備はただ下級生に押し付けるのではなく、一緒に上級生もやったり「もっと楽に早く出来ないか?」という工夫を一緒にする。

そのベースには、「テニスを強くなりたい」という共通意識があるはずです。

 

■全員で同じ方向を向いているか?

実力差があっても良い。

チーム全員で同じ方向を向いているかどうか、が後輩の態度や部活の雰囲気、文化に大きく影響してきます。

「態度がなっていない」のはあくまで表面化している結果論で、その根本の問題を解決しないと同じことの繰り返し。

強くなりたいなら、やるべきことはチームで見えてくる。

チーム全体で取り組んでいれば、工夫も生まれるし成功体験を皆で共有出来る。

受験や練習環境など、難しい部分もあると思いますが、まずは上級生だけで一度しっかり話し合ってみるのも有りでしょう。

自分たちは、どこにどういう意識で向かうのか、について。

 

後輩の態度が悪い、と思って厳しく指導しようと思っても逆効果。

8割は、入部したときの部活の雰囲気を観て決まる、と思って良い。

その第一印象を変えるのは、大変です。

でも、まだ間に合います。

きっと良い部活になっていく、その第一歩はアナタたちの代からでしょう。

難しく考えないで大丈夫。

テニスというスポーツがあれば、皆一つになれるはずです。

ピックアップ記事

  1. + POWER CUP について
  2. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  3. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー

関連記事

  1. テニス 指導

    その他

    空気を読まない、だけど思いやりのある人が強くなる

    テニスでもプライベートでも、私は一緒だと思います。仕事の成果、…

  2. その他

    【満員御礼】「試合に勝てる練習って、何?」をテーマに、T-PRESSセミナー開催します!

    ※本イベントは定員となりましたので、応募を締め切らせて頂きます…

  3. その他

    【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~18時 にて開催しま…

    挑戦企画に続きまして、大阪開催の無料イベントのご案内です。こ…

  4. テニス 練習

    その他

    試合に勝ちたいテニス選手なら、「試合前の準備は2日前に完了」させておこう!

    皆さんは試合前の準備、いつ頃やっていますか?私はいつも、2日前…

  5. その他

    「ラケット選びは新しい自分との出会い」テニスの試合で強くなる自分とラケットの関係

    高校でテニスを始めたキッカケは単に両親、特に父親のラケットが家の中にゴ…

  6. テニス 確率

    その他

    テニスノートを使って、「テニスの試合の勝率を上げていく」シンプルな方法とは?

    毎日練習や試合の後にテニスノートを付けているけど、「これが効果あるのか…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    スマッシュ

    深いロブのスマッシュは、後ろに傾きながら打って良い
  2. テニス リターン

    リターン

    リターンで動かすラケット、出来るだけ小さくコンパクトに!
  3. テニス ストローク

    リターン

    リターンを手首でこねている人は、「40-30のような大事なポイント」で入らなくな…
  4. テニス ボレー

    ボレー

    「ボレーに必要なのは、センス?」では無く、むしろその逆です
  5. メンタル

    例えば「小雨が降る中での練習をダルい」と感じる選手は、同じような環境での試合に絶…
PAGE TOP