その他

周りの後輩みんなの態度が悪いなら、チーム全体の仕組みや工夫の部分で何かが足りない

「後輩の態度が悪いので、何とかしたいのですが・・・」

こういったご相談も、たくさんの高校生、大学生の方から頂く機会があります。

私自身、苦い経験もあるのであまり偉そうなことは言えないのですが・・・雰囲気が良いチームや部活を観てきた経験で、今回はお話しさせて頂ければと思います。

 

周りの後輩みんなの態度が悪いなら、チーム全体の仕組みや工夫の部分で何かが足りない

 


 

■責任を個人の能力に押し付けていては、無理

「それって結局、先輩がしっかりしていないからでしょ?」と思う方も、多いでしょう。

確かに後輩にどんな姿を見せるのか、は大事な要素です。

ですがここに縛られると、いつまで経っても個人の問題。

「あの先輩は尊敬できるけど、あの先輩は嫌・・・」みたいな感じでは、結局チームとして成熟していかない。

これを変えていくには、全体で仕組みを作り変えていくことが大事です。

 

■練習も運営も、チーム内で誰でも意見して実践出来る雰囲気を

先輩に対しての礼儀がしっかりしているチームは、個人差が無い。

部活全体に良い文化があるから、そこに入ってくる新入生は皆良い感じに染まってくれる。

例えば練習メニューでも、1年生からアイデアが出てくるしそれを3年生もやってみよう、という雰囲気になる。

コート整備はただ下級生に押し付けるのではなく、一緒に上級生もやったり「もっと楽に早く出来ないか?」という工夫を一緒にする。

そのベースには、「テニスを強くなりたい」という共通意識があるはずです。

 

■全員で同じ方向を向いているか?

実力差があっても良い。

チーム全員で同じ方向を向いているかどうか、が後輩の態度や部活の雰囲気、文化に大きく影響してきます。

「態度がなっていない」のはあくまで表面化している結果論で、その根本の問題を解決しないと同じことの繰り返し。

強くなりたいなら、やるべきことはチームで見えてくる。

チーム全体で取り組んでいれば、工夫も生まれるし成功体験を皆で共有出来る。

受験や練習環境など、難しい部分もあると思いますが、まずは上級生だけで一度しっかり話し合ってみるのも有りでしょう。

自分たちは、どこにどういう意識で向かうのか、について。

 

後輩の態度が悪い、と思って厳しく指導しようと思っても逆効果。

8割は、入部したときの部活の雰囲気を観て決まる、と思って良い。

その第一印象を変えるのは、大変です。

でも、まだ間に合います。

きっと良い部活になっていく、その第一歩はアナタたちの代からでしょう。

難しく考えないで大丈夫。

テニスというスポーツがあれば、皆一つになれるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. 【女子ダブルス 土居コーチ&レギュラーメンバー交流会】12/8(木) …
  3. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  4. ラジオ番組、始めました!
  5. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…

関連記事

  1. その他

    学生時代にしっかり練習しないと、試合では勝てない?

    「社会人から始めたので、試合は無理なんですよ」こういう声を、私…

  2. その他

    テニスの練習が嫌いな人、試合が嫌いな人

    正直で良いと、私は思いますよ。どちらかの要素があると…

  3. テニス メンタル

    その他

    「引退」高校テニスを振り返ってみて

    高校3年生の時、引退掛けた最後の大会のことはまったく覚えていない。…

  4. テニス セルフジャッジ

    その他

    「打つコースをしっかりコントロールできるテニス」を身に付ける為に必要な練習意識とは?

    テニスをやる人は誰しも、「思ったところにボールをコントロールしたい」と…

  5. テニス メンタル

    その他

    やるべき準備をしていれば、試合で遊ぶことが出来る

    試合に強い人って、どこか楽しそうに試合をしている。言い方は悪…

特集記事

  1. テニス 感覚

    日々の雑記

    アナタのテニスを、誰かの「主観」という物差しで測ってはいけない
  2. テニス 団体戦

    ダブルス

    ダブルスの試合、ペアで会話するなら対戦相手についてが基本
  3. テニス メンタル

    その他

    「強い選手だけが特別扱い」される部活やサークルは、その選手も弱くなっていく
  4. テニス ダブルス

    ストローク

    ダブルスの試合、「雁行陣で前衛が抜かれてチェンジ」するなら、後衛はできるだけ回り…
  5. テニス ボレー

    ストローク

    相手のネットプレイヤーが「ネットから離れた場所」にいるなら、ボールを足元に沈めて…
PAGE TOP