ダブルス

リターンゲームで、ストレートへ打つタイミングは?

私は何度も、「リターンからストレートへの展開」が重要と書いて来ました。

特に、格上相手やダブルス慣れしている相手ほど、重要ですね。

当然、相手の前衛は狙って動いて来ますから。

今回は改めて、リターンゲームでどういうタイミングでストレートへ展開するのが効果的か、を考えてみましょう。

自分の中で、使えそうなネタやアイデアを、みなさんご自身で拾って頂けると嬉しいです!

大事なのは、自分の中での結論

一番の敵は、「迷い」

ここで、リターンをストレートに打つ。

しっかり決めて、自分の中で打てるかどうか。

もちろん、相手が動くのが早くてサーブを見ながら打てるような相手、場面ならそれでも良いでしょう。

でも、強い相手は前衛がギリギリまで動かないで、溜めたような雰囲気がありますよね。

そこで、一番の敵はアナタ自身の「迷い」です。

良いサーブをストレートに展開しようと思ったら、決断力は大事。

自分の中で結論が出ていれば、それだけで技術力もアップ出来ます。

試合の序盤、そしてリードした場面で

私は、ストレートへのリターンを使うようにしています。

試合の序盤、最初のポイント。

相手の前衛に、「私は、リターンをストレートにも打つタイプです」と宣言してしまうような感じですね。

こうすれば、その後の展開がものすごく楽ですから。

それから、ゲームの中でリードした場面。

落としても良い、相手の前衛に意識付けをしたい場面で、リターンをストレートに入れておく。

こういうタイミングを、試合前から考えておくと良いでしょう。

ブレイクポイントの場面では…?

私は、あまり使いません。

もちろん、その時の相手のタイプや性格にもよりますが、こちらのブレイクポイントでは相手の前衛はそこまで動かない。

ただ、そうじゃないタイプの人もいます。

あくまで私の経験上の話ですが、ブレイクポイントではしっかりクロスにアタックしていくリターン、を選択するケースが多い。

ストレートに打つタイミングとしては、ちょっと使い辛いのがブレイクポイント。

こういうのも、現場で思い付くのではなく試合前に考えて、ある程度の結論を出しておけると良いと思います。

相手の陣形を見て、決める

雁行陣は、前衛が動きやすい

ダブルスの雁行陣は、前衛が動きやすい。

後衛がベースラインにいますし、ストローク同士の後衛のラリーは「間」がありますからね。

相手が雁行陣なら、私は早めにストレートに打つタイミングを作ります。

逆に並行陣は、そこまで前衛が動くペアが少ない。

ですからリターンからストレートへの展開は、少し減ります。

減りますけど、ロブも交えて当然使っていきます。

相手の陣形からも、ストレートに打つかどうか、タイミングをどう取るのかを考えておけると良いでしょう。

相手の前衛が、下がっている時

相手のポジションも、よく見ておきましょう。

結構、ここに宝の山が埋まってます。

ボレーに自信が無い人は、何となくネットから離れて立っていることが多い。

ロブが怖い、スマッシュが苦手な方も、そういう傾向にありますね。

だったら、ストレートをどんどん使う。

ボレーされても、怖く無いですから。

相手の前衛がネットから離れている、下がっている時は、チャンスです。

そこに根拠があるかどうか?

これを、意識してみて下さい。

自分なりに、根拠があるのかどうか。

「今、なぜストレートに打ったの?」と聞かれて、「こういう理由です」と言えるかどうか。

良いんです、正解なんて無いですから。

アナタ自身で、決断して作るだけ。

そうすれば、失敗してもまたその反省を活かせるじゃないですか。

何となく打つ、それではリターンの精度も上がらない。

根拠を持って、しっかり打つ。

そういうリターンが、良いサーブを崩していくんです。

相手にボレー、どんどんさせよう

タイミングも大事ですが、この意識も忘れないでください。

私は試合を観ていて、自分が戦っていて、ストレートリターンをキレイにボレーする前衛なんて、あまり見たことがありません。

私が前衛で打たれても、まずは返す…くらいでしょうか。

それくらい、相手にとってはリターンからストレートの展開って嫌なんですよ。

何となく、サーブに対して余裕を持っているような雰囲気になるじゃないですか。

ぜひ、みなさんも試合の中で意識してみて下さい。

そのタイミングに、根拠はありますか?

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. ダブルス

    「この前衛、出て来ないな」と思わせるマル秘テク4つ

    ダブルスの試合での、前衛で使える裏技。と言っても、大したことで…

  2. ダブルス

    相手並行陣をワイドに攻めて、センターで決める方法

    相手の並行陣を崩す、その為に必要なストローク。センターセオリー…

  3. テニス センス

    ダブルス

    自分の担当範囲を知らない前衛は、後衛を困らせてばかり

    ダブルスの試合で、前衛が触れない。こうなると、後衛は苦しいです…

  4. テニス センス

    ダブルス

    ダブルスパートナーが自分より上なら、いかに使うかを考えて試合をすること

    ダブルスの試合で、自分より上手い選手と組む機会がある。こういう…

  5. ダブルス

    ダブルスの試合で、「サービスキープを安定させる」為にペアで意識したい4つのポイント

    プロのテニスの試合を見ていると、特にダブルスは、「1回のブレイク」がセ…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスの試合において、「ダブルスでペアの連携力を高める」ことができるオンコートでの習慣5つ

    ペアの連携力、日々アップさせていきたいですよね。でも具体的に何…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 練習

    スマッシュ

    「ネットからの距離」によって、テニスの試合で求められるスマッシュの種類は違います…
  2. テニス メンタル

    ボレー

    女性でもシニアの方でも試合で楽に打てる、ドロップボレーは先にラケットセット型で!…
  3. テニス 走力

    メンタル

    テクニックを嫌う人は、いつまで経っても勝者の側にはいけない
  4. 戦術

    試合をリードするから自由が生まれる、という発想を
  5. テニス ボレー

    ボレー

    テニスのボレーでは、「ネットより低い打点からのボレー」をしっかり返球できれば、プ…
PAGE TOP